クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

木梨憲武 関連記事

  • 木梨憲武「昔は暴れるのが僕らの仕事」 変わらぬ物づくりへの姿勢

    映画

     映画『GANTZ』シリーズの原作者・奥浩哉と佐藤信介監督が再びタッグを組んだ異色のアクション大作『いぬやしき』で、約16年ぶりに映画主演を務めた木梨憲武(56)。奇しくも一時代を築いた人気バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が30年の歴史に幕を下ろした(3月22日最終回放送)翌月公開という絶妙のタイミングに、「不思議な縁を感じる」という木梨が、本作への思いをちりばめながら、時代とともに駆け抜けた自身の芸能活動を振り返った。

  • 木梨憲武が“余命3ヶ月のジジイ”として「おっさんレンタル」に登場

    映画

     木梨憲武を1時間1000円で実際にレンタルできるキャンペーンが始まっている。そのキャンペーンとは、4⽉20日公開の映画『いぬやしき』と「おっさんレンタル」がコラボレーションした『レンタルジジイキャンペーン』で、木梨をレンタルした者は、ランチや雑談などを楽しむことができる。

  • 木梨憲武、「ジジイで良かった」と“ジジイ”を連呼

    映画

     木梨憲武、佐藤健らが29日、TOHOシネマズ日比谷で開催された映画『いぬやしき』の完成披露試写会に登場。自身が演じた役柄に絡めて「ジジイ」を連呼し、会場を沸かせた。

  • 『みなおか』最終回 とんねるず『情けねぇ』熱唱に「泣いた」「ありがとう」

    エンタメ

     とんねるずの冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系/毎週木曜21時)が、22日に最終回を迎えた。特番からレギュラー番組となり、1988年10月に『とんねるずのみなさんのおかげです』として放送がスタート。番組名を変更して30年、計1340回放送した長寿番組の歴史に幕を下ろした。

  • 佐藤健、木梨憲武の存在感ベタ褒め「モーガン・フリーマンかと思った」

    映画

     木梨憲武、佐藤健らが11日、映画『いぬやしき』の新宿プレミアムイベントに登場。佐藤は木梨の存在感を「モーガン・フリーマンかと思った」と絶賛した。

  • 木梨憲武×佐藤健共演『いぬやしき』予告解禁 主題歌で“イヌ科”最強タッグ結成

    映画

     木梨憲武と佐藤健共演の映画『いぬやしき』から、予告編が解禁された。併せて、本作の主題歌を、頭はオオカミ、身体は人間という風貌で人気のロックバンドMAN WITH A MISSIONが担当することが発表された。

  • 木梨憲武×佐藤健共演『いぬやしき』、特報映像解禁

    映画

     木梨憲武と佐藤健共演の映画『いぬやしき』の特報映像が解禁された。映像では木梨扮する犬屋敷の背中がジェットエンジンのような機械に変形し、新宿の空を飛ぶ姿などのアクションシーンが映し出されている。

  • 映画『いぬやしき』、木梨憲武が“おじいちゃんヒーロー”に! 佐藤健が自身初の悪役

    映画

     大ヒットコミック『GANTZ』の原作者・奥浩哉がそのエッセンスを取り込みながら、リアルな日常と現実には有り得ない非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画『いぬやしき』。このたび、実写映画化のキャストが発表され、主演に木梨憲武、そして佐藤健が自身初となる悪役を演じることがわかった。

  • 室井滋&木梨憲武、『ファインディング・ドリー』“声の相性”に自信

    ゲーム・アニメ

     日本中にカクレクマノミブームを巻き起こした前作『ファインディング・ニモ』。続編となる『ファインディング・ドリー』が、6月に本国アメリカで公開され、アニメーション映画史上No.1のオープニング記録を樹立するなど、快進撃を続けている。そしてついに日本でも公開! 前作に続けてドリーとマーリンの声をあてた室井滋と木梨憲武が顔をそろえた。

  • 木梨憲武「ファインディング・マーリンあるかな」、願いむなしく上川隆也からツッコミ

    ゲーム・アニメ

     映画『ファインディング・ドリー』の七夕プレミアイベントが6日、都内にて行われ、日本語吹替版キャストを務めた室井滋(ドリー役)、木梨憲武(マーリン役)、上川隆也(ハンク役)、中村アン(デスティニー役)が浴衣姿で登壇。キャストたちは翌日の七夕にちなみ、願い事をそれぞれしたためた。

  • 室井滋、完全にドリー化?「トイレから戻ってこれない」“忘れんぼう”ぶり告白

    ゲーム・アニメ

     映画『ファインディング・ドリー』の来日記者会見が29日に都内で行われ、アンドリュー・スタントン監督、アンガス・マクレーン共同監督と日本語吹替版キャストを務めるドリー役の室井滋、マーリン役の木梨憲武、タコのハンク役の上川隆也、ジンベエザメのデスティニー役の中村アンが登壇した。この日は、室井らキャスト陣が海の生物を絵に描き、そのキャラクターがスクリーンの中で泳ぐというディズニーらしい幻想的な演出が実施され、会場を沸かせた。

  • 『ファインディング・ドリー』吹替版予告公開! 13年ぶりにおなじみの声が帰ってきた

    ゲーム・アニメ

     興行収入110億円を記録した、ディズニー/ピクサーの傑作『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』の日本語吹替版予告編が解禁となった。予告編には、13年ぶりに演じるニモのお父さん・マーリン役の木梨憲武と、本作の主役となる忘れんぼうのドリー役の室井滋が作品への思いを語ったコメント映像も収録されている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access