夏菜 関連記事

  • 夏菜

    夏菜の“生きづらさ”にファンから共感の嵐『人生が楽しくなる幸せの法則』

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の初回が11日に放送され、ヒロインが抱える“生きづらさ”に、視聴者から「痛いくらいわかる」「全ての言葉が自分に刺さる」「耳が痛いよw」などの共感がSNSに寄せられた。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ)と出会う。神様は彩香、里琴、佳恵の3人に「あなた達は、私に選ばれました。私についてくれば、あなた達は必ず幸せになれます!」と語りかけるが…。  会社の飲み会が終わり、なぜか二次会に誘われず店の前に取り残された彩香と里琴、佳恵の3人。なんとなく一緒に帰路につく3人は歩道橋の上で流れ星を発見。星に願掛けをする3人だったが、流れ星は軌道を変えて、3人の急接近。驚きの事態に顔を歪めて絶叫する3人は、まばゆい光に包まれると宮殿風のある部屋へ。そこには“ちょうどいいブスの神様”を自称する女性の姿が。ネット上には神様を自称する原作者・山崎ケイの登場に対して「え?原作者が出てくるんだ?ww」「ケイちゃんだ!」「この人が原作者なの?笑」などの反響が。  “3人の生きづらそうな姿を見て、いたたまれなくなった”という神様は「今の自分を変えないと!」と一言。自己主張が下手で存在感が薄いものの、内心では同僚への憧れや、さまざまな感情が渦巻いている彩香に対して、神様は「存在感はないのに、中身はフル回転。まるでエアコンの室外機みたいな人ね!」と言い放つ。神様が言い当てたヒロインの“生きづらさ”に、視聴者から「痛いくらいわかる」「全ての言葉が自分に刺さる」「耳が痛いよw」などの共感の声がネット上に寄せられた。

  • 夏菜

    夏菜の“女子高生”ブレザー姿に反響「まだいける!」「違和感ない」

    エンタメ

     女優の夏菜が11日、自身のインスタグラムに女子高校生の制服姿を投稿。ファンからは「超絶かわいい」「似合う」といったコメントが集まっている。@@cutter 10日夜、主演ドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)がスタートした夏菜。同作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。3人の女性会社員が「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。夏菜は、主人公の“自己表現下手くそ女子”中川彩香を演じる。  「人生が楽しくなる幸せの法則 見て頂きありがとうございます どうでしたか? 来週も楽しみにしててくださいね」といったコメントとともに夏菜が投稿しているのは、自身の制服姿。第1話では、彩香の女子高生時代が描かれ、夏菜本人が演じていた。  チェックのスカートにブレザー、紺色のハイソックスというかわいい出で立ちの夏菜だが、ひざには大きな絆創膏が。これについて夏菜はハッシュタグで、「#足の絆創膏は衣装合わせのときにリアルにケガをしてたんだけどそれがあやかっぽいねってなって撮影したときはケガ治ってたけど貼ってみた笑」と撮影秘話も紹介している。  現在29歳の夏菜だが、制服姿にはファンから「まだまだ似合うなあ」「制服全く違和感ないですね~。すんごい」「制服似合い過ぎる」「超絶かわいいです!!!」「まだいける!」といった好意的な声が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第1話場面写真

    夏菜『人生が楽しくなる幸せの法則』今夜スタート “神様”と運命の出逢い!?

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)が今夜スタート。第1話では、夏菜演じる主人公・彩香ら3人の女性が、突然目の前に現れた「ちょうどいいブスの神様」(相席スタート・山崎ケイ)から「あなたたちは私に選ばれました」と告げられる場面が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。3人の女性会社員が「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。主人公の中川彩香を夏菜が演じるほか、原作者の山崎も「神様」役で出演する。  ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ、「ちょうどいいブスの神様」(山崎)と出会う。  神様は、“自己表現下手くそ女子”の彩香、“融通の利かない女子”の里琴、“開き直り女子”の佳恵に、「おめでとう。あなたたちは私に選ばれました。私についてくれば、あなたたちは必ず幸せになれます!」と語りかけるが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第1話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月10日23時59分放送。

  • 夏菜、『人生が楽しくなる幸せの法則』インタビューフォト

    夏菜、20代最後に挑む連ドラ主演は「プレッシャーしかない」

    エンタメ

     女優の夏菜がOLの制服に身を包み、笑いあり涙ありのラブコメディーに挑戦する。10日スタートのプラチナイト 木曜ドラマF『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイのエッセイを原作に、放送開始前から注目を集めている作品だ。高橋メアリージュン、小林きな子ら女子3人の“心”がどう成長し、“生き方”がどう変わっていくのか、主演を務める夏菜に聞いた。@@cutter 開口一番、「プレッシャーしかないです」と笑う。全国ネットでの連ドラ主演は、2012年度後期のNHK連続テレビ小説『純と愛』以来、実に約6年ぶり。  「全国ネット主演の責任を、あの頃以上に感じています。近年は、自分に寄せても大丈夫な役が多かったんです。昨年の『デイジー・ラック』(NHK)もそうでしたが、楽しんでお芝居しちゃえ、という感じで思い切ってやれた。今回は、そういうふうにはできない役だしプレッシャーも大きいです。でも、朝ドラの頃には演技的な意味で十分な表現ができなかったかもしれませんが、今はもうちょっとうまくできるんじゃないかなって」。  控えめながら自信もちらりとのぞかせる。“自己表現下手くそ女子”彩香(夏菜)、“融通の利かない女子”里琴(高橋)、“開き直り女子”佳恵(小林)の3人が、“ちょうどいいブスの神様”(山崎)と出会うことから始まる物語。役柄的には演じたことのない役だという。  「私自身は彩香とは真逆のタイプなので、どう演じるのが良いか毎日悩みながらやっています。少女時代なんかリカちゃん人形には全く触らず、男子とドッジボールして、ほぼ男子みたいな。長女だったので言いたいこと言って、弟たちから『鬼!』って言われてたぐらいなので」。 @@insert1  そんな夏菜だが、女優デビューは2006年1月期のドラマ『ガチバカ!』(TBS)の生徒役。すでに13年のキャリアがある。  「入る前は、芸能界はもっと華やかな世界だと想像していたんです。でも、実際にやってみると、売れている人ほど地道に頑張っているし努力している。真面目な人だらけだって感じました。自分には何ができるだろうと思ったとき、モデルをやりたかったんですがオーディションに受からず、最初は仕方なくドラマの仕事をしたんだと思います。で、怒られながら分からないままやって、でも演技レッスンが楽しくて、お芝居することがいつの間にか生活の一部になっていたんです」。  そこからキャリアを積み重ねて、気がつけば今年の5月で30歳になる。今回が、20代最後の作品となるわけだ。  「ホントだわ。そういう意味でも、幸せってなんだろうって思うことがここ最近多くて。周りには結婚する人がいっぱいいたり、仕事を頑張っている子たちもいたり、その狭間で『どうする?』って考える時期なんだと思います。今回のドラマは、まさに人生の幸せとは、みたいなことに向き合える作品でもあります。これがクリアできたら、気持ちいい30代を送れるんじゃないかなと思いますね」。 @@insert2  その30代、どういうふうにありたいと思っているのだろうか。  「いつの間にか自分よりも若い子たち、後輩たちが増えてきて、最初は席を譲れなかったんですよ。でも、これからは譲れる大人になりたいですね。心を広くというか、次の世代にどんどん担ってもらって、自分自身も時代の変化に合わせられる柔軟な頭を持っていたい。かっこいい大人になりたいなと思います」。  女優としての覚悟も、改めて強く感じているようだ。  「私たちの年代には、生きづらさを感じている人がいっぱいいると思うんです。これからどうしよう、と不安に思っている人もいるし、会社で辛いなとか、あの人苦手だなとか、そういうふうに思っているときって自分にも原因がある事が多かったりするんですよね。このドラマのOL達は、その原因や変わっていく方法をなかなか見つけられない人たちで、同じような悩みを持つ人たちには特に見ていただけるとうれしいですね。皆さんのバイブルになれるようなドラマにしたいです」。  幸せになるヒントが、いっぱい落ちているドラマになりそうだ。(取材・文・写真:志和浩司)  『人生が楽しくなる幸せの法則』は、読売テレビ・日本テレビ系にて1月10日より毎週木曜23時59分放送。

  • ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』出演キャスト

    佐野ひなこ、モテ女子に 『ちょうどいいブスのススメ』新キャスト発表

    エンタメ

     グラビアモデルでタレントの佐野ひなこが、2019年1月スタートのドラマF『ちょうどいいブスのススメ』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)に出演することが分かった。佐野の他、追加キャストとして和田琢磨、忍成修吾、伊藤修子、徳井優、田山涼成の出演も発表された。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの同名エッセイを原作にした新感覚の生き方指南&共感ラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが、山崎演じる“ちょうどいいブスの神様”に導かれ、仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  佐野が演じるのは、夏菜演じる中川彩香が勤める商社「ジャストライト物産」の、営業部商品企画班の鴨志田萌。かわいく、人当たりも良いアイドル系女子というキャラクターだ。萌を演じる佐野は「出来る女、モテる女、そんなイメージの役どころなので、撮影までの間、所作を気を付けてみたりモテ仕草を研究しようかなと思っています」と語ると、続けて「自分も『ブス』ではないかと思うことが多々あります...この作品で一緒に勉強していきたいです」とコメント。  このほかにもヒロインの彩香が思いを寄せる営業部商品企画班の佐久間涼太役に和田、高橋メアリージュン演じる里琴と犬猿の仲の営業部営業班社員・森一哉役に忍成、総務部課長で、ちょうどいいブスの成功例、松澤初美役を伊藤修子が演じる。  さらに総務部部長・吾妻博和役に徳井優、「ジャストライト物産」代表取締役社長・神原重吉に田山涼成がキャスティングされている。  ドラマF『ちょうどいいブスのススメ』は、読売テレビ・日本テレビ系にて2019年1月10日より毎週木曜23時59分放送。

  • (左から)山﨑ケイ(相席スタート)、夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子

    夏菜、高橋メアリージュン ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』メインキャスト

    エンタメ

     女優の夏菜と高橋メアリージュンが2019年1月スタートのドラマF『ちょうどいいブスのススメ』(ytv・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)に出演することが分かった。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山﨑ケイの同名エッセイを原作にした新感覚の生き方指南&共感ラブコメディ。3人のイケてない女性たちが“ちょうどいいブスの神様”に導かれ、仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。ドラマには夏菜、高橋のほか、女優の小林きな子、自身初のドラマレギュラーとなる原作者の山﨑の出演する。  夏菜が演じるのは自己表現がヘタな彩香。ずっと片想いの男性がいながらも、なかなかアプローチできないでいる受け身体質なキャラクターだ。夏菜はそんな自身の役柄について「今まで演じたことのないタイプの役だな」とコメント。「どんな感じにできるのか、私にとっても挑戦しなくてはいけない役ですが私自身も一緒に成長していける役なんじゃないかなと感じました」と役者としてのやりがいを感じていることを語っている。  高橋は、彩香の同僚・木原里琴を演じる。里琴は、仕事はできるが協調性がないキツい性格で、周りから面倒に思われているという役柄。里琴役の高橋は「里琴が言われている『壁がある』は私も実際にずっと言われてきている事で」と明かすと「不器用な里琴と共通点が結構多くて、『だからか…』と気づかされる事があります(笑)」とユーモラスに語っている。  そのほか、小林が自分に恋人がいることを振りかざし、ほかの女性に噛みつく皆本佳恵役を演じるほか、原作者の山﨑はそんな3人の女性を導く“ちょうどいいブスの神様”を演じる。  ドラマF『ちょうどいいブスのススメ』は、ytv・日本テレビ系にて2019年1月10日より毎週木曜23時59分放送。

  • 夏菜

    夏菜、女優魂を感じる“衝撃写真”に「恥ずかしすぎて町を歩けない」

    エンタメ

     女優の夏菜が5日、自身のインスタグラムに衝撃的な写真を投稿。ファンからは「ホント衝撃」「女優魂感じます」といった声が届いている。@@cutter 「Twitterにあげられていた衝撃写真。笑 福田監督、勝手にupするのやめてください 笑」というコメントとともに投稿されているのは、夏菜が映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』で演じた猿飛あやめの姿だ。注目すべきは、そんな夏菜がほっかむりをし、鼻と口に割り箸を渡していることである。今回の投稿は、同作の福田雄一監督が、前日にツイッター上に同じ写真を投稿していたことへの反応とみられる。  夏菜は自身の“衝撃写真”について「恥ずかしすぎて明日は町を歩けない。笑 何回みても衝撃だわこの顔。っていうか静止画にしちゃいけない、この瞬間。笑」とコメントを続けながらも、「映画観てくださった方はわかると思いますが、原作にもあるこのシーンを再現したよ。またやりたいな、福田組」と、意欲をみせている。  ファンからは「ホント衝撃」「電車で見てたら吹きながら一旦閉じるやつ~笑」「最高」「女優魂 感服」といった称賛の声がある一方、「かわいい」「美人」といった声も届いていた。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 夏菜

    夏菜、肩出しのセクシーなドレス姿に「かわいい」「セクシー」の声

    エンタメ

     女優の夏菜が3日、自身のインスタグラムに肩を出したセクシーなドレス姿を投稿。ファンからは「セクシー」「さすが夏女」といった声が届いている。@@cutter 「『2019東宝カレンダー』発売開始されました 今年も夏担当」との言葉とともに夏菜が投稿しているのは、撮影時のオフショットのよう。東宝カレンダーは、東宝の映画、舞台、テレビドラマなどに出演した女優が彩るカレンダーで、65年の歴史を数える。  今年のカレンダーで夏を担当したという夏菜。撮影場所は海上のようで、投稿されている写真では黒いワンショルダーのセクシーなドレスを着ている。1枚目はえくぼがかわいい笑顔のショットで、2枚目はボートの縁に腰掛け、サンダル履きの足を投げ出した全身ショットだ。  ファンからは、「かわいい」「セクシー」「さすが夏女」といったコメントが集まったほか、「NICE な カレンダー」「カレンダー気になります!」「必ず買います!」といったカレンダーに対する注目も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 自身のインスタグラムで少女時代の写真を公開した夏菜

    夏菜、子どもの頃の写真を公開  「美少女」と話題に

    エンタメ

     女優の夏菜が9日、自身のインスタグラムに少女時代の写真を投稿した。ファンからは「美少女」「顔整い過ぎ」といった声が届いている。@@cutter 「三兄弟の写真みつけた。 なぜかケーキが2つある 弟のお誕生日の日」との言葉で夏菜が投稿しているのは、弟の誕生日を祝う様子だ。  夏菜は、弟2人と並んでカメラの方を見つめている。自身で「#地黒女子」などとハッシュタグを付与しているが、半袖姿で小麦色の健康的な肌を出している。長い髪をサイドに分けて額を出しているが、整った目鼻立ちは今も面影が残っているように思われる。  ファンからは、「美少女!!!!」「夏菜お姉ちゃん、可愛い」といった声が殺到。また、今の夏菜と比較して「面影あるね~」「やっぱり小さい頃から可愛くて美人さんなんですね」「既にお顔ができてる」「この頃から 顔整い過ぎでしょー」といった声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 夏菜

    夏菜、“スタイル抜群”な『銀魂2』オフショットでファンをとりこに

    エンタメ

     女優の夏菜が7日、自身のインスタグラムを更新。公開中の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のオフショットを披露し、その姿がセクシーすぎるとファンの間で話題となっている。@@cutter 「『銀魂2 掟は破るためにこそある』もうみてくれましたか?はやくみておくれ」というコメントで投稿されたのは、夏菜扮する”さっちゃん”こと「猿飛あやめ」のセクシーな赤いボンデージ姿だ。  投稿されているのは、紫のウィッグに赤い眼鏡、赤い衣装、赤いブーツで身を固めた夏菜だ。美しい曲線美と妖艶な表情でこちらを見つめるオフショットはまさに悩殺モノ。さっちゃん役として好評を得た夏菜からファンへのうれしいサプライズとなっている。  コメント欄には「スタイル抜群すね!」「お尻のライン綺麗ですね!羨ましいです」など、彼女の2次元から飛び出してきた様なスタイルを称賛する声のほか、「観ました~!!めっちゃハマってました」「観ました!原作通りですごく良かったです!!」「はい!時間作ってすぐ観に行きます!笑」と応えるファン、「2回目を観に行くか悩み中」「続編も希望」と、”さっちゃん”の虜になったと言わんばかりの熱いメッセージも多数見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 夏菜

    夏菜、ミニスカからチラリと見える“美脚”にファン「いい脚」と熱視線

    エンタメ

     女優の夏菜が、韓国を訪れたことをインスタグラムで報告し、その際に投稿した写真に写っている彼女の美脚に注目が集まった。ファンから「セクシー」「いい脚!」「美脚」といったコメントが寄せられている。@@cutter 夏菜は韓国のソウルを訪れていたようで、日本時間の25日に「#ソウル」というハッシュタグを添えて、街頭での自身の姿などを投稿していた。写真の中の夏菜は半袖のTシャツにミニスカート、スニーカーというラフな装いで、街頭に佇んでいる。ハングル文字のほか、英語もちらほら見える国際色豊かなストリートで、現地を楽しんでいるよう。  27日には「帰ってきました」と帰国を報告した。バラをかたどったネオンをバックにした夏菜だが、ミニスカから健康的な美脚がのぞいている。  ファンからは「おかえりなさい!」という声のほか、夏菜の服装に対しての「オシャレ」「ミニスカートがセクシー」「美脚」「ミニ が似合うナァ~~」といった声が殺到していた。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • (左から)長澤まさみ、橋本環奈、夏菜

    橋本環奈&長澤まさみ&夏菜の“浴衣美女3ショット”にファン歓喜

    エンタメ

     女優の橋本環奈、長澤まさみ、夏菜の浴衣姿が、三人が出演する映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)の公式アカウントに投稿された。美女ぞろいの豪華ショットに「かわいい」「素敵」といった感想が集まっている。@@cutter 本作は、空知英秋による人気コミック『銀魂』を実写化した第2弾。今回、実写化されるのは、最もアツい展開が原作ファンに人気の「真選組動乱篇」と、隠れ人気キャラの“将ちゃん”こと、江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する「将軍接待篇」を融合させたエピソード。前作から神楽役の橋本、志村妙役の長澤が続投し、今作からは猿飛あやめ役で夏菜が加わる。  「完成披露試写会、大盛況ありがとうございましたッッッ」とのキャプションで公開されているのは、同作の完成披露試写会に浴衣姿で臨んだキャスト陣のオフショットだ。橋本、長澤、夏菜が並んだ3ショットのほかに、橋本は吉沢亮との2ショットでも登場している。  ファンからは美女三人の浴衣姿に「かわいい」「浴衣 素敵です」「環奈ちゃん色っぺぇ」といった声が集まった。また、公開が1週間後と迫った映画の方にも「めっっさたのしみです!!!」「はよ観にいきたい」といった待ちきれないファンの声が集まった。 引用:https://www.instagram.com/gintamafilm/

  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』完成披露試写会にて

    小栗旬、菅田将暉と「真選組がかっこよすぎる」といじける

    映 画

     俳優の小栗旬が、9日に都内で開催された映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の完成披露試写会に共演の菅田将暉、橋本環奈と共に登壇。イベントでは、小栗が本編を見た際に「真選組がかっこよすぎる」といじけていたことを暴露された。@@cutter 本作は、空知英秋による人気漫画『銀魂』の実写映画化第2弾。原作でも人気の「真選組動乱篇」と、隠れ人気キャラの“将ちゃん”こと江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する「将軍接待篇」を織り交ぜた物語が展開する。イベントには、ほかに柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、夏菜、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、佐藤二朗、福田雄一監督、エリザベスが登場した。  主人公の坂田銀時に扮する小栗は、映画を見た感想を問われると「ちょっと長かったですね」とコメント。これを聞いた福田監督と佐藤からは「こら!」とすかさずツッコミが入った。小栗は「2時間14分。ちょっと長い。あと14分削れば2時間だった」とジョークを飛ばしつつも「その長さを感じない、素晴らしい映画になっていたので、皆さん今日楽しんでいただけると思います」と作品の仕上がりに手ごたえをのぞかせた。  福田監督は、そんな小栗が映画を見た後「真選組がかっこよすぎる」といじけていたことを暴露。これを受けた小栗は、真選組を演じたキャストを指し「だってさあ、すげーいいんすよ。本当にこっちの人たち」と羨望のまなざしを向けた。菅田も「後半に感動しました。僕らがいないところが」と言い、試写で小栗と「終わった瞬間に、(真選組)かっこよかったね」と言い合ったことを明かした。  一方、江戸幕府第14代征夷大将軍・徳川茂茂を演じ、先日に前田敦子との結婚を発表した勝地は、結婚指輪をして登場。福田監督に指輪を見せるよう促されると「幸せです」とニッコリ。また「そのもう一本は誰がしてるの!?」と振られると、独特な発音で「あっちゃん」と答えて一同を笑わせていた。  映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は8月17日公開。

  • 夏菜

    夏菜の涼しげな“浴衣姿”に「浴衣美人」「かわいい」と反響

    エンタメ

     女優の夏菜が7日、自身のインスタグラムで涼しげな浴衣姿を披露した。ファンからは早速、「浴衣美人」「すごくいい」「美しい」といった声が寄せられている。@@cutter 「っあ、そういえば今日『踊る!さんま御殿!!』にでます 忘れてた!w」「みてね」と告知した夏菜。夏菜はこの日、『踊る!さんま御殿!!今夜は話題の美女が浴衣で登場!日頃の不満をブチまけ祭!』(日本テレビ系)に出演。岡田結実、若槻千夏らと浴衣姿で、男への不平不満を大爆発させる。写真の夏菜は若草色の涼しげな浴衣を着て笑顔を見せている。  夏菜の浴衣姿には「相変わらず可愛いです」「夏菜さん浴衣が似合っていますね」「ステキな浴衣!」とのコメントが寄せられ、ファンを喜ばせている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 『船越英一郎殺人事件』場面写真

    本人役で初主演!芸能生活35周年記念『船越英一郎殺人事件』放送

    エンタメ

     「サスペンスの帝王」と称される俳優の船越英一郎が、初めて本人役でドラマ『船越英一郎殺人事件』(フジテレビ系/8月24日19時57分)の主演を果たすことが分かった。@@cutter 本作は、船越の芸能生活35周年を記念して製作されたドラマ。これまで100本以上の2時間サスペンスドラマで主演を務めてきた船越が、劇中で2時間サスペンス『独身貴族探偵・桜小路優』の撮影中、殺人事件に遭遇し、殺人容疑がかけられながらも、長年経験した2時間サスペンスで得た膨大な知識を総動員し難事件に立ち向かう姿を描く。  船越は本作について、「僕が犯人になっていくのか? 真犯人がいるのか? 真犯人がSNSを使って僕をドンドン追い詰めていきます。この2時間ドラマに出てくる船越英一郎も、今まで2時間ドラマで得た知識なり、経験なり、あるいは人生経験、全てを使って事件に挑んでいきます。僕が、この世に生を受けてから今日まで歩ませていただいた全てを総動員して事件を解決していくという話しです」と解説している。  今回、本人役で登場することについては、「最初で最後だと思います。これ以上やると、僕、出血多量になっちゃう」と笑う。台本を読んだ時は、「これ、俺じゃないよ!というところは一つもなかったです。ある意味、彼らの視点には僕はこう映っているのかと。“こんなの俺じゃない!”ではなく“俺ってこういうやつなのね”と脚本から教わりました。ある意味、自分を知る脚本でしたね」と語る。  また「最近は2時間サスペンスの枠が各局減っていますが、日本で誕生した貴重な文化だと思います。この作品が復活への糸口になってもらえればと。関わったスタッフ、監督、プロデューサー、出演者全員がそういった願いを込めた2時間サスペンスへの愛の集大成です」と作品をアピールしている。  共演には夏菜、内山理名、木下ほうか、桐山漣が顔をそろえるほか、山村紅葉、内藤剛志、吉田鋼太郎、萬田久子らが本人役で出演。さらにナビゲーターとして北大路欣也も、本人役で登場する。  金曜プレミアム 芸能生活35周年特別企画『船越英一郎殺人事件』は、フジテレビ系にて8月24日19時57分放送。

  • ショートヘアからさらにカットしたことを報告した夏菜

    夏菜、さらに髪切り「どんどん男のコに」 ファン「どんどん良くなる」

    エンタメ

     女優の夏菜が30日に自身のインスタグラムを更新し、ショートカットの髪をさらにカットした写真を投稿。ファンからは「夏菜ちゃんが一番ショート似合う」「どんどん良くなる」などの声が寄せられている。@@cutter この日、夏菜はCM撮影後に、ヘアメイクのスタッフにそのまま髪を切ってもらったことを報告。「うしろ激短い! 初めての短さだなこれは。どんどん男のコになる 笑」といったコメントとともに、前からのショットと後ろの髪型を写した写真を投稿した。  先月31日には、「ショートカット」というコメントとともに、肩まであった髪をバッサリ切った新しい髪型を披露していた夏菜。今回は襟足をさらにカットし、ボーイッシュさが増している。  コメント欄にはファンから「可愛さが止まらない」「セクシー」などの意見とともに、「ショート似合う子は本当に美人」などの賞賛の声が殺到。一方で、彼女本人も“うしろ激短い!”とコメントするほどのショートヘアに「後ろから見たら男の子かも(笑)」「男前ですね!!」などの声も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 佐々木希

    『デイジー・ラック』佐々木希&夏菜らの“浴衣姿”が「美女ぞろい!」

    エンタメ

     女優の佐々木希が22日、自身のインスタグラム上で、主演したNHKドラマ『デイジー・ラック』で共演した夏菜、中川翔子、徳永えりと共に浴衣姿を披露した。ファンからは「美人揃い!!」といった声が届いたほか、同日の放送で最終回を迎えたドラマについても「まだまだ観たかったー」「デジロスになっちゃうよ~~!」といった声が集まった。@@cutter 同作は『逃げるは恥だが役に立つ』の海野つなみによる同名コミックの実写化。子どものころ、「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみ4人組の30歳女性が、恋や仕事を通じて幸せ探しを展開する姿を描いた。  この日、最終回の告知とともに投稿されたのは、最終回の予告でも一瞬だけ映った四人の浴衣姿だ。2枚目の写真では、浴衣姿の四人が座敷で布団の上で横になり、見るからに気持ちよさそうな表情を見せている。  ファンからは、楽しげな四人の浴衣姿に「美しい」「みんなかわいくて美人」「美女揃い!!」といった声が集まった。また同日に最終回が放送されたドラマについても「まだまだ観たかったー」「最終回早くてデジロスになっちゃうよ~~!」「楽しみが減っちゃいます」などと名残惜しむ声が相次いでいた。   引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official

  • 夏菜

    夏菜、うなじまで見せる大胆ショートヘアに「似合う」の声が殺到

    エンタメ

     女優の夏菜が31日、自身のインスタグラムを更新し、髪型をショートカットにした写真を投稿。ファンからは「似合う!」といった声が殺到している。@@cutter この日、夏菜は「ショートカット」といったコメントとともに新しい髪型を披露した。肩まであった髪はバッサリと切られ、爽やかなショートに。バックショットでは、うなじもはっきりあらわになっていることが分かる。  夏菜といえばショートカットのイメージがあったのか、コメント欄には「ショート似合う」「ショートにしてくれてありがとう」「やっぱり夏菜と言えばショートカットやね」といった称賛の声が集まった。また、「GANTZの頃思い出した」「GANTZのときより短い?」など、彼女の出世作である映画『GANTZ』シリーズを懐かしむ声も多数寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 夏菜、『デイジー・ラック』インタビュー

    夏菜、「アラサーになって前進できた」 異なる作品への挑戦が救いに

    エンタメ

     「『こうしなきゃいけない! ああしなきゃいけない!』という考えがなくなったんです。今はすごく楽しいですね」。NHKの新ドラマ『デイジー・ラック』に出演する女優の夏菜は、自身に訪れた変化を笑顔で明かす。劇中では仕事に邁進するエステティシャンを演じる彼女に、同年代の役柄に対する思いや、NHK連続テレビ小説『純と愛』に出演してからのキャリアについて語ってもらった。@@cutter 海野つなみの同名漫画を実写化した本作は、30歳目前で仕事も恋も失ったことを機に、子供の頃からの夢だったパン職人に転身した楓(佐々木希)、高級エステサロンでの仕事に邁進するも男を見る目がない薫(夏菜)、極貧のカバン職人・ミチル(中川翔子)、新婚のえみ(徳永えり)という、幼馴染のアラサー4人組の姿を描く。  夏菜はアラサー女子の共感を呼ぶエピソードが盛り込まれた物語について、「こういうトレンディ系の作品では、物語には激しい浮き沈みを作らずに、誰もが見やすいドラマを目指すことが多いと思うんですが、そういうドラマは演じる側からすると、力の抜き加減が本当に難しいんです」と解説。「薫は30歳を迎える時期を大変な思いで生きていますが、それをポップに描くことが、私にとっては初めてのお芝居の仕方」としつつ「私はシリアスに行くかコメディに行くかのどちらかしか経験してこなかったのですが、今回はその中間であることがとても印象的です」とも明かす。  自分にとってどんな意味を持つ作品になると思うか聞くと、「この役を通して、本当の幸せって何だろう?ということを探していきたいと思います。ひなぎく会4人の役柄が抱える悩みと自分の悩みには、重なるところもすごくあるんです」としみじみ。全10話のドラマでは原作で描かれた結末の先も描かれるそうで、薫にどんな結末が待っていてほしいか問うと、「薫が一番想像ができないです(笑)」とのこと。「他の3人はきっとハッピーエンドになるんだろうなと感じているのですが、薫はもう一波乱ありそうだなというのが、正直なところです(笑)」。@@separator 夏菜のNHKの連ドラ出演といえば、ヒロインを務めた連続テレビ小説『純と愛』が思い浮かぶ。「あの作品は、私が誇りに思っている作品の中でも、不動のNo.1なんです」と頬を緩める夏菜だが、同作以降は役柄や作品のイメージを払しょくできず葛藤を重ねたそうで「去年の頭くらいまでは、ぶれぶれでした(笑)」と自嘲。それと同時に、異なる作品への挑戦が救いを与えてくれたことも明かす。「全然違う役をやってみたり、バラエティをやったことも良かったのかなと思えています。『本当の私はこうなんです』と見せることができたのも、自分の中ではスカッとした瞬間でした」。  ドラマでは、登場人物それぞれの変化が描かれるが、夏菜自身も最近になって変わったことがある。元々は自分に対する他者の思いを気にし過ぎるタイプだった彼女は、「そういうことがどうでもいいなと思えるようになった」というのだ。その変化は、女優業にも好影響を及ぼすことになった。「お芝居でも自由になりました。表情にも絶対に幅が出ていると思いますし、『こうしなきゃいけない! ああしなきゃいけない!』という考えがなくなったんです。今はすごく楽しいですね」。  そんな夏菜は現在28歳。薫と同じアラサーになったことで前進することができたと感じている。「アラサーくらいになって今回の役ができたこともありますし、ようやくちゃんとした大人になれているのかな?という印象があります。この作品を機に、もっといろんなドラマに出演していきたいと思っています!」。(取材・文:岸豊/写真:高野広美)  ドラマ『デイジー・ラック』は、NHK総合にて毎週金曜22時放送

  • ドラマ『デイジー・ラック』に出演する中川翔子

    『デイジー・ラック』初回、中川翔子の“アニキ”役に「カッコいい!」

    エンタメ

     女優の佐々木希が主演を務めるドラマ『デイジー・ラック』(NHK/毎週金曜22時)の第1話が20日に放送され、中川翔子演じるかばん職人のキャラクターに「かっこいい!」「カワイイ!」などの声が寄せられた。@@cutter ドラマ『デイジー・ラック』は『逃げるは恥だが役に立つ』の海野つなみによる同名コミックを実写化。子供のころ、「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみ4人組の30歳女性が、恋や仕事を通じて幸せ探しを展開する姿を微笑ましいタッチで描いていく。  楓(佐々木)、薫(夏菜)、ミチル(中川)、えみ(徳永えり)は小学校からの幼なじみ。自分たちに「ひなぎく会」と名付けた4人は、えみの結婚式で久しぶりに顔を合わせることに。しかし楓は結婚式当日に、勤務先が倒産した上に恋人にフラれ、30歳を目前に恋も仕事も失うことに。楓は子どもの頃からの憧れだったパン職人の道を目指そうと決意するが…。  アラサー女子が仕事や恋に奮闘する姿を描く本作。えみの結婚式での再会を機にひなぎく会も再始動…と思いきや、仕事や家庭のこともあり、なかなか会えない4人。これには視聴者からも「そうなのよ、30にもなるとそうそう会えなくなるのよね」「やっぱり集まるのは難しいよね〜」「昔のように簡単に集まれないよね、わかるわかる」などの共感の声がSNSに寄せられた。さらにヒロインの楓が仕事と恋を失い失意の中にいる様子には「年齢的に刺さってくるわ、このドラマ」「共感すること多くてグッサグサくる」などの意見も投稿されていた。  ひなぎく会の4人の中で、姉御肌タイプのキャラクターが中川翔子演じるミチル。かばん職人として独立し、貧しいながらもたくましく生活する姿は、これまでの中川のイメージとは一線を画す新境地と言えるだろう。また夏菜演じる薫の弟から“アニキ”と呼ばれ慕われているシーンが登場するとSNS上では「アニキかっこいい!」「アニキしょこたん可愛い!」「翔子ちゃんのことこれからアニキって呼べばいいのかな?(笑)」などの反響が寄せられた。  ドラマ10『デイジー・ラック』は、NHK総合にて毎週金曜22時放送。

  • NHK総合『デイジー・ラック』試写会にて、佐々木希

    佐々木希、アラサーになって体に変化「ハリは保てなくなった」

    エンタメ

     佐々木希、夏菜らが、9日に都内で開催されたNHKドラマ10『デイジー・ラック』の試写会に出席。30歳の佐々木は、役柄と同じアラサーになったことによる変化について「この年齢になると、筋トレなどをしなければ、ハリは保てない」と語った。@@cutter 本作は、『逃げるは恥だが役に立つ』で知られる海野つなみ原作のマンガを基に、アラサーになった幼馴染の山城楓(佐々木)、周防薫(夏菜)、讃岐ミチル(中川翔子)、岩代えみ(徳永えり)の4人が織りなす友情と恋模様を描く。試写会には佐々木、夏菜のほか中川、徳永、制作統括・谷口卓敬、制作統括・芳川茜も出席した。  佐々木は「撮影以外の時もかなり距離が縮まりまして、30代のあるある女子トークをいつもやっているんです。このメンバーでよかったなって、心から思っています」とニッコリ。役柄については「仕事もなくなり、彼氏もいなくなり、どん底からのスタートをするんですが、すごく前向きで、何か応援したくなるような、いい意味でも悪い意味でもまっすぐなキャラクター」と語った。  夏菜は「この4人の中ではアダルト担当しております」とジョークを飛ばしつつ、「本格的に、しっかり話に絡んでいくという役は、すごく久しぶりだなと。NHKさん、ありがとうございます」と喜びのコメント。エンディングで披露するダンスの撮影を振り返り、「ギックリ腰だったんです、あの時。踊らなきゃいけなくって、実はコルセットを巻きながら踊って」と自嘲すると、佐々木に「その表情、見てほしいね」といじられ、「ダメじゃん!(笑) さらっと見てください」と白い歯を見せていた。  アラサーになったことで起こった変化に話が及ぶと、佐々木は「この年齢になると、筋トレなどをしなければ、ハリは保てないなって思いますし、運動をとにかくしなきゃいけないなって感じます」と発言。「ジャンクフードなどはなるべく控えるようにとか、野菜多めとか、食べたものが体になるんだなって、日々思います」としみじみ話していた。  NHKドラマ10『デイジー・ラック』は、4月20日より毎週金曜22時放送。

  • よく見ると左上に… ※「佐々木希」インスタグラム

    佐々木希、夏菜&中川翔子&徳永えりと集合写真合成「卒アルみたい」

    エンタメ

     モデルで女優の佐々木希が4日、ドラマで共演中の夏菜、中川翔子とのスリーショットに、もう1人の共演者・徳永えりを合成した写真を自身のインスタグラムに投稿。「卒アルみたい笑笑」と話題になっている。@@cutter 「八重桜綺麗! 昨日の夜のシーンはえりちゃん不在で寂しかったけどこれで一緒笑」という言葉を添えて投稿されたのは、4月20日から始まるNHKドラマ10『デイジー・ラック』(NHK総合/毎週金曜22時)共演者との1枚。ドラマでは幼なじみで結成した「ひなぎく会」のメンバーを佐々木、夏菜、中川、徳永が演じるが、この日は徳永が欠席。佐々木は自身で徳永の写真を左上に合成して“全員集合”の1枚にしたようだ。  これに対しファンからは「左上……卒アルの写真みたい(笑)でもほんとみんな仲良しだね」「入学式休んじゃった人みたいになってるw」「集合写真お休み仕上げ笑」「これで一緒 ってどんだけ可愛いの」「希ちゃんの優しさ こうゆうところも大好き」といったコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/

  • 夏菜、ギックリ腰で苦痛の表情 ※「夏菜」インスタグラム

    夏菜、ギックリ腰になったことを報告 苦痛の表情に心配の声

    エンタメ

     女優の夏菜が17日、自身のインスタグラムでギックリ腰になったことを報告。苦痛の表情を見せる写真に、ファンからは「夏菜ちゃん無理せずに!」など心配の声が寄せられている。@@cutter 夏菜は「実はこないだぎっくり腰になってしまいまして」と明かし、治療を受けながら苦痛に顔を引きつらせる様子を収めた写真を投稿。「この時は本当に起きれもしなくて。でもどうしても撮影しなくてはならない毎日で」としつつ、整体師に2日間ついてもらった結果「なんとか乗り切ることができました」と振り返っている。  写真を見たファンは、「一枚目のお顔が物語ってるね」「夏菜ちゃん無理せずに!」「その辛さ、よく分かります」「早く治るといいですね」「癖になって繰り返さないように、予防して下さいね」「ギックリの経験あるけど、辛いよね〜〜」など心配のコメントを寄せている。  夏菜は『ダウンタウンなう』をはじめバラエティ番組への出演が増えており、4月新ドラマ『デイジー・ラック』(NHK/毎週金曜22時)にも出演が決定している。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 佐々木希、夏菜、中川翔子、徳永えり、美人ぞろい4ショットに反響 ※「佐々木希」インスタグラム

    佐々木希、夏菜、中川翔子、徳永えり、美人ぞろい4ショットに反響

    エンタメ

     女優の佐々木希が25日に自身のインスタグラムを更新し、4月よりスタートするドラマ『デイジー・ラック』共演者の夏菜、中川翔子、徳永えりとの集合ショットを公開した。ずらりそろった女優陣に「美人揃い!!みんな可愛い」「みんなきれい!」と絶賛の声が寄せられている。@@cutter『デイジー・ラック』は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の原作者・海野つなみの同名コミックをドラマ化。30歳目前で仕事も恋も失った楓(佐々木)が、子供のころからの夢だったパン職人になり、奮闘する姿を描く。子供のころに「ひなぎく会」として集まっていた幼馴染みで、高級エステサロンの仕事にまい進する薫(夏菜)、極貧のカバン職人のミチル(中川)、そして新婚のえみ(徳永)も物語を彩る。  この日は「ひなぎく会」の面々による初ショットを披露。佐々木は顔合わせに対して「毎回作品のたびに緊張する…」と綴るも「素敵なキャストの皆さんで、物凄く楽しい撮影になりそうです!」と撮影に大きな期待を寄せているようだ。  また夏菜も、同写真を自身のインスタグラムで公開しており「佐々木希ちゃん、徳永えりちゃん、中川翔子ちゃんとわたしの、4人の幼なじみのおはなし…今日がみんなでの初対面。みんなで『さん』付けはやめよう!って話になって『ちゃん』で書いてみた。ドキドキ うふふのふ」と、早くも仲良しになった様子を見せている。  この写真には「美人ばかりでいいですね」「いい感じで集まってますね」「みんな可愛い!美しい!オリンピックより感動」と絶賛の声とともに「ドラマ、とっても楽しみ」「楽しみ!頑張って」とドラマに期待する声も多く集まっている。  なお、26日には第2弾キャスト発表が行われており、鈴木伸之、桐山漣、磯村勇斗ら豪華キャストの出演が決まっている。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/       https://www.instagram.com/natsuna_official/

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access