大政絢 関連記事

  • 31歳の誕生日を迎えた佐々木希

    佐々木希、31歳の誕生日を報告 「兎にも角にも楽しみたい」

    エンタメ

     女優の佐々木希が8日、自身のインスタグラムで31歳の誕生日を迎えたことを報告。女優でモデルの大政絢と共に誕生日を祝った佐々木は写真と共に「31歳、自分が信じた道を突き進むぞ!」と投稿し、新たな一年への心境を明かした。@@cutter 31歳の誕生日を迎えた佐々木がインスタグラムに投稿したのは、親交が深く、2月4日が誕生日の大政との誕生日会の模様を収めた写真。佐々木と大政のツーショット写真をモチーフにしたバースデーケーキの写真と共に「31歳、自分が信じた道を突き進むぞ!と、言いながらまた、悩んだりするんだろうけど。笑 兎にも角にも楽しみたいと思います」と投稿。さらに10日には誕生日会に集まった友人との記念写真も投稿している。  一方の大政も10日に自身のインスタグラムで佐々木とのツーショット写真を投稿。「今年も誕生日の近いのんちゃんと合同でいつもの人々にお祝いしてもらいました」というコメントとともに、佐々木と大政がお互いに笑い合うに和やかな写真を投稿している。  佐々木の投稿には多くのファンから「のんちゃん、おめでとう」「いい一年を過ごしてください!」とお祝いのメッセージが多く寄せられるほか、「美人すぎです!絶対20代」「ノゾミールがもう31歳なんて信じられない!」「全く31歳とは思えない…」と年齢に驚く声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/ https://www.instagram.com/aya_omasa_official/

  • 『ミストレス ~女たちの秘密~』に出演する長谷川京子

    長谷川京子、大ヒット海外ドラマリメイク作主演 共演に水野美紀

    エンタメ

     女優の長谷川京子が、4月スタートのドラマ『ミストレス ~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)で主演を務めることが発表された。共演には、女優の水野美紀のほか、玄理、大政絢らがキャスティングされている。@@cutter 本作は、イギリスBBCで放送され、シーズン3まで制作されたドラマ『The Mistresses』をリメイクするヒューマンドラマ。偶然の出会いから親友となった4人の女性たちの、ジェットコースターのような過酷な日々を描いていく。  医師の香織(長谷川京子)は不倫関係にあった恋人・木戸の自殺が心の重荷になっていた。香織は木戸の息子・貴志から、父の自殺に関係していると疑われるが、次第に二人はひかれ合っていく。友美(水野美紀)の夫は消息不明になっていたが、最近その死亡が認められ保険金が支払われた。そして友美は、ある男性と出会いときめきを覚える。会社員の冴子(玄理)は夫が無精子症だと判明。夫婦の心がすれ違うなか一夜の過ちを犯してしまう。樹里(大政絢)は奔放な恋愛をおう歌しているが、結婚を控えたレズビアンの女性と知り合い、人生初の純粋な愛に目覚める…。  香織は貴志との恋愛に溺れる一方、木戸の自殺をほう助した罪を問われ追い詰められることに。友美は亡き夫が残した保険金をめぐる騒動に巻き込まれ、冴子は離婚以上に重大な決断を迫られる。樹里は人生で初めて知った女性相手の愛を貫こうと躍起になるが…。  香織を演じる長谷川は「私事ですが昨年40才になり、最近ふつふつと思う事があります」と語ると、続けて「社会の枠組みの中で生きていく事は大切だけど、自分の気持ちにもっと正直に生きても良いのではないか。この作品はまさにそんな女性四人の物語です」とコメント。  また水野は共演者について「四人集まった時にどんな雰囲気が生まれるか、今からとても楽しみです」とコメント。さらに本作について「四人ともが、自分では抗えない衝動に突き動かされて、運命に翻弄されていきます。その航海は荒波です」と語っている。  またほかの共演キャストとして、篠田麻里子、杉野遥亮、細田善彦、佐藤隆太、麻生祐未らの出演が発表されている。  ドラマ『ミストレス ~女たちの秘密~』は、NHK総合にて4月19日より毎週金曜22時放送。

  • 『昭和元禄落語心中』第3回場面写真

    今夜『昭和元禄落語心中』、伸び悩む菊比古は助六の人気にコンプレックスを抱く

    エンタメ

     俳優の岡田将生が主演を務めるNHKドラマ10『昭和元禄落語心中』の第3回「迷路」が今夜放送される。今回は、若手落語家としての伸び悩みを感じる菊比古(岡田将生)と、対照的に人気を博す助六(山崎育三郎)の姿などが描かれる。@@cutter 本作は、雲田はるこによる同名人気コミックの実写化。昭和初期から戦後を舞台に、後に八代目有楽亭八雲となる主人公・菊比古と、同期入門で後の有楽亭助六となる初太郎の関係を軸に、戦後に生きる落語家たちの姿を映し出す。キャストには、八雲に弟子入りし、時を越えて2人をつなぐ役割を果たす与太郎役で竜星涼も名を連ねている。  今夜放送の第3回では、若手落語家として菊比古が伸び悩む姿が描かれる。その一方で、助六は大人気に。コンプレックスを募らせて思い悩んでしまう菊比古に、芸者・みよ吉(大政絢)は惚れ込んでいく。そんな中、菊比古は芸人として飛躍するきっかけを求めるのだが…。  NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』第3回は、NHK総合にて今夜10月26日22時放送。

  • 『昭和元禄落語心中』第2回場面写真

    今夜『昭和元禄落語心中』、八雲と助六は戦時中も落語に青春を捧げる

    エンタメ

     俳優の岡田将生が主演を務めるドラマ『昭和元禄落語心中』(NHK総合/毎週金曜22時)の第2回が今夜放送。今回は、昭和10年から20年代を舞台に、岡田演じる名人落語家八雲と、同じく親友の落語家助六(山崎育三郎)の若い頃が描かれる。@@cutter 本作は、累計200万部を超える雲田はるこの同名コミックを原作に、昭和から平成を舞台に活躍した落語家たちの絆や生き方を活写するヒューマンドラマ。  昭和10年代、共に落語の世界に入門した少年だった八雲と助六。二人は、同門で修業に明け暮れた少年時代を過ごし、前座として寄席に出るようになる。その頃の日本は、戦争の真っ最中だった。当然、落語の世界にもその影響は及び、世相をおもんぱかっていくつかの演目が「禁演落語」とされたりした。徴兵に怯えるなど、不安と葛藤に満ちた日々が続く中、やがて昭和20年の夏、突然の終戦を迎える。つまりそれは、好きな落語を思いきり演じられる時代の幕開けでもあった。  「こんな時代だからこそ、落語をやらなきゃいけねえんだ」と時代を見据えた助六と、真面目に稽古にはげむ八雲は、二ツ目に昇進。若い二人は、貧乏な共同生活を始める。そこへ、二人の運命を大きく変える孤独な芸者・みよ吉(大政絢)が現れるのだった。  『昭和元禄落語心中』第2回は、NHK総合にて今夜10月19日22時放送。

  • 『昭和元禄落語心中』スタジオ取材会にて、左から竜星涼、岡田将生、山崎育三郎

    岡田将生、29歳の誕生日に“死神”をもらい戸惑う『昭和元禄落語心中』

    エンタメ

     俳優の岡田将生が12日、10月12日スタートの主演ドラマ『昭和元禄落語心中』(NHK総合/毎週金曜22時)のスタジオ取材会に出席。同作で演じる八代目有楽亭八雲の得意演目『死神』にちなんで、先月の誕生日に「『死神』という日本酒を頂いた」と明かした。@@cutter 同作は、雲田はるこ原作の同名人気マンガを原作とするヒューマンドラマ。昭和初期、落語界に入った菊比古(後の八代目有楽亭八雲=岡田)と同期入門の初太郎(後の有楽亭助六=山崎育三郎)を中心に、戦後の落語家たちの激しい生きざまを描く。脚本担当は連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介。  会見には岡田、山崎のほか、八雲の弟子となる与太郎役の竜星涼、八雲と助六の運命を狂わすみよ吉役の大政絢、八雲の付き人・松田役の篠井英介、七代目八雲役の平田満、制作統括の出水有三氏が出席した。  岡田は「落語は本当に難しい。4月から稽古を始めて、(柳家)喬太郎師匠にも『少しずつ上手になってきた』と言われ、その度に落語が好きになってきた。菊比古と共に落語を歩んでいる感じ」とコメント。「実際に一人で高座に立つと、どう見せていくか、話を作っていくのか。自分でストーリー構成もできるし、キャラクター設定もできる。自分自身で監督して、演出もつけて…自分との戦いです」と“孤高”の落語に魅了されながら挑んでいることを明かした。  お気入りの演目は一番最初に習ったという『死神』。「役衣装を着て『死神』をやると、稽古とはまた違ってどんどん自分の『死神』になっていく。菊比古が変わっていく」と特別な感情を語った。先月15日の自身29歳の誕生日には、およそ祝いに似つかわしくない『死神』という名前の日本酒をもらって複雑な心境になったと笑いながら明かし、「撮影が終わったらみんなで飲みたい」と誓った。  竜星は「真剣に向き合わないといけない作品。いい熱を持って、自分が心中したいと思える役」ということで、髪を切って登場。一方、普段の“プリンス”ぶりとは全く違うがさつで女好きで破天荒な男を演じる山崎も「上野の寄席を見に行って本当に感動した。“これを自分でやるんだ”と思うと鳥肌が立つくらい恐怖」と語りつつ目を輝かせ、「素晴らしいものに出会った」と今後も続けていくことをほのめかした。  ドラマ10『昭和元禄落語心中』はNHK総合にて10月12日より毎週金曜22時放送。

  • (左から)『パーフェクトワールド 君といる奇跡』完成プレミアイベント(パーフェクトカーペット)に登場した杉咲花、岩田剛典

    岩田剛典、20代最後の制服姿に照れ笑い「勘弁して」

    映画

     EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が4日都内で、杉咲花とのダブル主演映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』のカーペットイベントおよび舞台挨拶に出席。劇中で20代最後の制服にして、初のブレザー姿を披露したことについて「本当に勘弁していただきたかった」と笑いながら語った。@@cutter 本作は、有賀リエの少女漫画『パーフェクトワールド』を原作とする純愛ラブストーリー。インテリアコーディネーターとして働く川奈つぐみ(杉咲)と、事故で車イス生活になった一級建築士・鮎川樹(岩田)との恋模様を描く。  樹役の岩田は、本作に関して「今回初めて障がいと向き合う役柄だった。題材自体はすごく繊細で、誰しもが共感できる。人の命や人生の大切さを教えてくれる作品。こういう形の恋愛もあるんだなと感じて、この『パーフェクトワールド』の恋愛の到達点は、究極なのかなと思った」と評価。杉咲との共演について「9歳くらい年齢が違うので、親子に見えないか不安だった」と冗談まじりに話した。  『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で演じた日下部樹を持ち出して「奇しくも、キャラクターの名前が一緒。前回は女性に拾ってもらった。今回は(自身の役が)猫を拾ってます」とニコリ。20代最後の制服姿に関しては、20歳の若々しい杉咲と共演したこともあってか「本当に勘弁していただきたかった。ずっと男子校通いで、学ランしか着たことがなかった。人生で初めてブレザーを着れた。でも(気恥ずかしさなどで)ふざけないとやっていけない雰囲気だったので、過去のシーンはとにかく明るくやった」と照れ笑いを浮かべた。  つぐみを演じた杉咲は、岩田や柴山健次監督らと毎回入念にコミュニケーションを取りながら撮影に臨んだことに触れて「これだけ話し合いをしながら撮影したのは初めての経験。濃厚な、贅沢な時間だった」と述懐。「こういうラブストーリーとは縁がないと思っていたので意外だった」と言い、「新しい挑戦をさせてもらえるうれしさが大きかった。ただ恋愛は、人それぞれいろんな形がある。まだ体験したことのない部分を演じる難しさが大きくて不安もあった」と率直な思いを吐露した。  一方で車の運転シーンを回想して「運転免許持っていなくて、初めて運転席に乗った。操作がよく分からなく何回もクラクションを鳴らしてしまった。立ち上がる時とかに鳴らしちゃうんですよ…」と笑っていた。  本イベントには岩田や杉咲の他、須賀健太、芦名星、大政絢、柴山健次監督が出席した。  映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、10月5日より全国ロードショー。

  • 佐々木希

    佐々木希のベビーシャワーに「妊婦さんに見えないほどにかわいい」の声

    エンタメ

     お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建との第1子を今秋出産予定のモデルで女優の佐々木希が2日、自身のインスタグラムで多くの友人たちにベビーシャワーで祝福された写真を公開。ファンから「可愛い妊婦さん」「ママの顔だね」「元気な赤ちゃんが生まれますように」といった応援コメントが殺到した。@@cutter ベビーシャワーとは、妊婦を祝福するアメリカ発の行事。白のドレスコードで統一された仲の良いモデル・女優の大政絢をはじめとする友人やその子どもたち17人に囲まれて、一人ピンクのトップスを身にまとった佐々木は笑顔を見せている。ベビーシャワーの象徴でもあるダイパーケーキ(おむつでケーキを形作ったもの)を受け取る瞬間の写真もあり、佐々木は「愛に溢れた日 こんなにも大好きな人達に囲まれ…感謝です。幸せです」とつづっている。  また、大政も翌3日、自身のインスタグラムに「みんな のんちゃんが大好きです」というキャプションにハートマークを添えて、ベビーシャワーの様子と、王冠を被ってダイパーケーキを抱えた佐々木を正面から捉えた写真をアップ。  これに対し、数多くの祝福と共に「素敵すぎてため息しか出ないよ」「幸せ!!って感じですね♪」といった感想や、「お洋服がピンクだから女の子かな~?」「所々に青が入ってるから…男の子かな?」「(ケーキが)黄色だとまだ性別がわかられてないのかな?なんて想像しちゃいます」と赤子の性別を予想する声が殺到。  「すごく優しくやわらかいママの雰囲気ですね」「聖母のような、慈愛に満ちたママの笑顔ですね」と佐々木の変化に注目するコメントが数多く寄せられる一方で、「ベビーシャワーしちゃうほどもうお腹大きいのー?妊婦さんに全然見えないほどに可愛いー!」と変わらぬ美しさを称えるコメントも数多く見られた。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/    https://www.instagram.com/aya_omasa_official/

  • ドラマ『昭和元禄落語心中』で八雲役を務める岡田将生

    岡田将生が落語の名人に!『昭和元禄落語心中』ドラマ化決定

    エンタメ

     俳優の岡田将生が主演を務めるNHKドラマ10『昭和元禄落語心中』(NHK総合/毎週金曜22時)の制作が発表された。落語の名人に扮する岡田は「今、絶賛落語の稽古中です。知れば知るほど好きになっています。ぜひ楽しみに待っていてください」とコメントを寄せている。@@cutter 累計190万部を突破した雲田はるこの同名漫画を基にする本作は、戦争の時代の落語家たちの生きざま、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリーを描くヒューマン・ドラマ。岡田が主人公の八雲を演じるほか、大政絢が八雲を支える芸者・みよ吉、山崎育三郎が八雲と同期入門の落語の天才でみよ吉とともに謎の死を遂げる助六、成海璃子が助六とみよ吉の遺児・小夏、竜星涼が天衣無縫な八雲の弟子・与太郎を演じることも明らかになった。  主演の岡田は「このドラマのお話を頂いたときは正直迷いました。生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品のために落語を知り、落語を愛さないとできないと思ったからです」と回想。「しかし、僕が演じさせて頂く八雲という人物に、どんどん興味が湧き演じてみたい、やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したいと思いました」と意気込みを明かしている。  本作の脚本は、映画『フラガール』、NHK連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介が担当。演出は映画監督のタナダユキらが手掛け、落語監修は柳家喬太郎が務める。  ドラマ10『昭和元禄落語心中』は、NHK総合テレビにて10月12日から毎週金曜22時放送。

  • 土曜ドラマ『みかづき』に出演する高橋一生

    高橋一生、NHK初主演 森絵都原作の新ドラマで永作博美と共演

    エンタメ

     俳優の高橋一生と女優の永作博美が、2019年1月スタートの新ドラマ『みかづき』(NHK総合/毎週土曜)で共演することが発表された。高橋は、NHKのドラマ初主演となる。@@cutter 本作は、『DIVE!!』などの作品で知られる小説家・森絵都の2017年本屋大賞第2位となった同名小説を実写化するヒューマンドラマ。昭和から平成に至る塾と日本社会の変遷を背景に、ある家族の50年の歴史を描いていく。  小学校の用務員でありながら、いつしか落ちこぼれた生徒たちに勉強を教えるようになった大島吾郎(高橋)。戦中の国民学校の教育に反発し、自由で豊かな教育の可能性を塾に見いだしたシングルマザーの赤坂千明(永作)。それぞれ個性の異なる2人が公私ともにタッグを組んだことで、塾業界に新たな歴史が生み出されていく。その歴史はまた、男と女、そして親と子の葛藤の歴史でもあった…。  高橋、永作の他に、工藤阿須加、大政絢、壇蜜、黒川芽以、風吹ジュンの出演が決定している。  土曜ドラマ『みかづき』は、NHK総合にて2019年1月放送。

  • 『ラブリラン』で町田翔平役を演じる古川雄輝

    古川雄輝の“ありがとう”&ハグの破壊力! ドラマ『ラブリラン』

    エンタメ

     タレントで女優の中村アンが連続ドラマ初主演を務める『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第5回が3日深夜に放送され、古川雄輝演じるエリート営業マンがヒロインに感謝を伝え抱きしめるシーンに「破壊力が半端ない」「私まで幸せな気持ちになれたぁ」などの声が殺到した。@@cutter 本作は30歳で男性経験なしのヒロインが、幼なじみの“ワイルド甘々男子”と、同僚の“ドSツンデレ男子”の間で揺れ動く姿を描くラブコメディ。  南さやか(中村)は、町田翔平(古川)との同居にも慣れ、仕事も順調な日々を送っていた。そんなさやかは、町田から「好きだ」とキスをされたあとの記憶が気になっていた。杏子(大政絢)は、さやかが記憶を取り戻せば町田の家を出ていくということを知り、バレンタインから3日後のさやかと町田のデートを再現しようと持ちかける。さやかと町田、杏子の3人は水族館に出かけるが、町田の元に、さやかがデザインを手がける予定のジュエリー会社から“企画を白紙に戻したい”との一報が入る。  町田は白紙に戻されたさやかのデザインを再び採用してもらうべく、徹夜で資料を作成。無理がたたって倒れてしまうことに。このアクシデントをしのぐため、さやかが機転を利かして彼をフォロー。眠りから覚めた町田にさやかは仕事が無事に運ぶことを報告。町田は穏やかな表情で「ありがとう」と口にし、さやかをギュッと抱きしめた。このシーンには視聴者からSNS上に「ありがとうの破壊力が半端ない」「ありがとうに込められた気持ちに涙」などの投稿が殺到。さらに「ありがとうって言いながら抱きしめる町田くんかっこいい」「町田くんのありがとう&ギュッで私まで幸せな気持ちになれたぁ」などの声も寄せられた。  またさやかは、企画を白紙に戻した張本人であるジュエリー会社の担当者と鉢合わせ。担当者は町田との過去の因縁から私怨を募らせ、町田に無理難題を押し付けていることを知ったさやかは怒りの抗議。ところが担当者は「二度とオタクの会社に頼まない」と開き直る始末。そんな担当者をその場に居合わせた亮介(大谷亮平)が一喝すると、「スッキリしました」「オー!りょうちゃんかっこいい!」「やっぱり助けてくれるりょうちゃん神」などのコメントもSNS上に見られた。

  • “ドSツンデレ男子”を演じる古川雄輝

    古川雄輝のキス&直球告白に「気絶する…」『ラブリラン』第4話

    エンタメ

     タレントで女優の中村アンが連続ドラマ初主演を務める『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第4話が26日深夜に放送され、劇中の最後で古川雄輝が演じるエリート営業マンの町田が見せたキスと告白にSNS上では「気絶する…」「好きって言われたい」「かっこ良すぎて変な声でた」などの大反響が巻き起こった。@@cutter 南さやか(中村)が人気モデルの小笠原杏子(大政絢)から突然ビンタされるシーンから第4話はスタート。だがさやかは、彼女からビンタをされる心当たりがなかった。そんな折、レジーナ化粧品のプレゼン結果が発表され、プレゼンは鷺沢亮介(大谷亮介)が勝ち取ったものの、web展開はさやかの会社が請け負うことに。さやかはクライアントからweb広告のイメージモデルに杏子が決定したと聞かされる。撮影当日、杏子のわがままに振り回され、結局その日の撮影は叶わなかった。杏子の態度に戸惑ったさやかだったが、町田翔平(古川)の同級生・隼人(市川知宏)から杏子が町田の元カノであることを聞かされる。  今回、新たな登場人物として町田の元カノ・杏子が登場。今後、さやかと町田の関係にどんな影響を及ぼすかについてSNS上では「さやかと町田が別れた原因は杏子なのかな?」「杏子さん、キレイだけど嫉妬(笑)」「さやかちゃん負けるな!頑張れ!」などの声が投稿された。  またドラマのクライマックスでは、さやかの失われていた記憶の一部がよみがえり、町田がさやかに告白したシーンが登場。夕日をバックに、バレンタインのプレゼントを渡したさやかに対して町田からのキス。そして「じゃあ直球で…俺、南さんのこと好きです」と告白。このシーンには視聴者から「町田くんから直球告白されたら気絶する…」「好きって言われたい」「かっこ良すぎて変な声でた」などのツイートが殺到していた。  ドラマ『ラブリラン』は読売テレビ・日本テレビ系にて毎週木曜23時59分より放送。

  • 『大政絢オフィシャルカレンダー2018.4‐2019.3』表紙カット

    大政絢、ナチュラルな美貌を凝縮したカレンダー発売 メリハリ美ボディ&美腹筋も披露

    エンタメ

     女優・モデルとして幅広い世代から人気を集める大政絢の4作目となるオフィシャルカレンダー『大政絢オフィシャルカレンダー2018.4‐2019.3』が、3月26日に発売されることが決定し、計5種のビジュアルが解禁となった。@@cutter 本作では“女神級”と称される大政の美貌を最大限に活かし、ぬけ感のあるナチュラルメイクに、飾りすぎないスタイリング、開放感溢れる屋外や明るい自然光が差し込む室内など、自然体の美しさが際立つシチュエーションで撮影を行った。前作では、ファッション性の高いメイクやスタイリングにより洗練された美しさを表現したカットが印象的であったのに対し、今回は大人っぽくもピュアな美しさが目を引く魅力的なカットが収録されている。  思わず見とれてしまう女神級の美貌が、1冊の中にまるごと凝縮された内容となっている本作。大政は、モデル仲間からも感心されるほど自身の体づくりを意識して作り上げた健康的な美ボディ、そしてこだわりのトレーニングやケアで得た美しい腹筋を披露。さらに、明るい癒し系の笑顔や、少しクールな表情、愛犬とほんわか微笑む表情なども見せている。  解禁されたビジュアルは、表紙、収録カット、特典カットの計5点。表紙は涼しげな装いの大政がカメラに印象的な視線を投げかける一枚。収録カットはモデルらしいクールな表情と対照的な満面の笑顔を、特典カットでは花を持って微笑む様子や、2匹の愛犬を抱きながら笑顔を見せる大政の姿を収めている。  『大政絢オフィシャルカレンダー2018.4‐2019.3』は、SDPより3月26日発売。価格は2200円(税別)。

  • 『レオン』完成披露試写会 舞台挨拶にて

    知英、山崎育三郎と入れ替わり希望「誕生日が一緒で兄弟みたいな感じ」

    映画

     歌手で女優の知英が24日、主演映画『レオン』の完成披露試写会に登壇。竹中直人らと笑いを交えてトークを展開し、知英は「誕生日が一緒の1月18日で、兄弟みたいな感じ」の山崎育三郎と入れ替わりたいと希望した。@@cutter 本作は、同名漫画を原作とするコメディムービー。知英演じる地味な派遣OLの小鳥遊玲音(たかなし・れおん)と、竹中演じる年商500億円のワンマン社長・朝比奈玲男(あさひな・れお)の心と身体が入れ替わって起きるドタバタ劇を描く。  完成披露試写会には知英や竹中、山崎のほか、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、塚本連平監督が出席した。  知英は今回、劇中で竹中と入れ替わる設定でオヤジ演技にチャレンジ。「入れ替わり物は今回2回目(前回はテレビ朝日系列の連続ドラマ『民王』)。(入れ替わるキャラが)エロ社長ということが難しかった。皆さんに助けられて、楽しんで撮影できた」と話し、「笑いもたくさんあって、意外な展開で感動することもあるかもしれない。楽しみにしてほしい」と本作をアピールした。  竹中は開口一番、「知英が最高でしたね」と述べて「二人でセリフや入れ替わったときの声のトーンとか合わせたりした。日本語の上手さも感動した」と絶賛。その後、竹中は事あるごとに斉藤ら共演者のコメントに割り込んだり壇上を動き回ったりしてハッスル。会場が笑いに包まれた。  登壇者の誰かと1日だけ入れ替われるならと問われると、知英は「山崎さんと入れ替わりたい。誕生日が一緒の1月18日で、兄弟みたいな感じ」と答え、「男の声でしゃべってみたい」と願望を語った。  竹中は斉藤を指差して「この男になってみたい」と言い、「この顔で街を歩いてみたい。どういう風を感じたり街の匂いを感じたりするのか…」と珍獣扱い。たまらず斉藤が「一生懸命、人間やってるんだぞ!」と竹中に食ってかかっていた。  映画『レオン』は、2月24日より全国公開。

  • 知英&竹中直人、入れ替わりコメディ映画『レオン』メインビジュアル解禁

    知英と竹中直人が入れ替わっちゃう!? 『レオン』メインビジュアル解禁

    映画

     知英が映画初主演を務め、竹中直人と共演するコメディ映画『レオン』の公開が来年2月に決定し、本作の世界観を表現したポップなカラーのメインビジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、“地味でナイスバディな派遣OL”と、“女大好きセクハラオヤジ社長”が入れ替わる、ハチャメチャなスイッチングエンタテインメント。原作はスマホマガジン『Hot-DogPress』(講談社)で連載された同名のオリジナル漫画。  年商500億を超える老舗の食品会社朝比奈フーズに勤める派遣OLの小鳥遊玲音(知英)と、朝比奈フーズを引っぱるやり手のワンマン社長・朝比奈玲男(竹中)。玲音は美人でナイスバディながらネガティブ思考のイケてない存在、玲男は仕事は一流なものの根っからの女好きと何もかも正反対の二人であったが、ある車の事故をきっかけに、心が入れ替わってしまう羽目になる。  主演を務めるのは、一世を風靡した韓国の人気ユニットKARAで活躍後、2014年に活躍の場を日本へ移した知英。完璧な日本語を習得した彼女が、弾けきった見事なエロオヤジっぷりを披露する。社長の朝比奈を演じる竹中直人は、入れ替わった地味でナヨナヨの乙女OLになりきる。二人を取り巻く共演者に、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、山崎育三郎。  公開されたメイン写真では、にぎやかなピンクの背景をバックに、困惑した表情を浮かべる玲音と、今にもあごがはずれそうな驚きの表情を浮かべる玲男が登場。入れ替わった二人のギャップが笑いを誘う一枚で、破天荒な展開を期待させるビジュアルとなっている。  映画『レオン』は、2018年2月24日から全国公開。

  • 佐々木希&大政絢、プールでのツーショットを披露

    佐々木希&大政絢、プールでのツーショットに反響「すっぴんでこの可愛さ!」

    エンタメ

     女優の佐々木希が、4日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、親友の女優・大政絢とのプールでのツーショット写真を公開、仲睦まじい姿に「これは美しい」「ひたすら目の保養」と多くの反響が寄せられている。@@cutter これまでもたびたびインスタグラムで大政とのツーショット写真をアップしている佐々木。この日はプールサイドにて、飲み物を手に笑顔で寄り添う2人の写真を公開した。ほかにもジャグジーや流れるプールを楽しむ姿、ウォータースライダーに興じる動画など、バカンスを満喫した姿が披露されている。  大政も、3日に佐々木に抱き着いて笑顔を見せるツーショットや、佐々木、スタイリストの小松千鶴と旅を楽しむスリーショットを披露し「夜の海も綺麗だった~」「こまちゅとのんちゃんと夏休み~たくさん遊びました~!」と充実した時間を過ごした様子を綴っている。  この写真には「かわいいですー楽しそうでこちらまで楽しくなります」「美女! のんちゃんもあやちゃんも大好き」「なにか姉妹のよう。イイ感じ!」「美人!アンド美人!」「2人ともお肌キレイすぎ! まじ神だ」と2人を絶賛する声が続々と寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/    https://www.instagram.com/aya_omasa_official/

  • 大政絢&佐々木希&本田翼、美人3ショットに反響

    大政絢&佐々木希&本田翼、美女3ショットに「なんだこの天使たちの集いは…」と反響

    エンタメ

     女優・モデルの大政絢が13日、自身のインスタグラムアカウントを更新。モデル仲間で親友でもある佐々木希、本田翼とのスリーショットを2枚披露しており、反響を呼んでいる。@@cutter お互いに大の仲良しとして、それぞれのインスタグラムではツーショットを披露している大政、佐々木、本田だが、お寿司を3人で囲っているこの写真では「この3人でご飯は初めてでした」と綴っており、意外にも初めての食事会だったようだ。  この写真には「この女子会やばー!」「最強の美人軍団」「なんて豪華~キラキラのやーつ」「美女3人組最高」「なんだこの天使たちの集いは…」「やばいやん!最高の三人組やん!」と、絶賛の声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/aya_omasa_official/

  • 佐々木希、多くのお祝いコメントに感激「嬉しいなぁ」

    佐々木希、多くのお祝いコメントに感激「嬉しいなぁ」

    エンタメ

     先日、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建との結婚を発表した女優の佐々木希が11日、自身のインスタグラムに寄せられた多くのお祝いコメントに感謝の言葉をつづった。渡部が報告時に伝えた「明日はお花見に行きます」という言葉を証明するかのように、佐々木は満開の桜の写真をアップしている。@@cutter 佐々木は「皆さまへ」と呼びかけ、「沢山の愛のあるコメントありがとうございます」と感謝の意を表す。そして「皆さんの温かいコメント、全て読ませていただいてます。嬉しいなぁ」と喜びをかみしめるコメントを投稿した。  佐々木のインスタグラムには「おめでとう。幸せな家族を築いてね」、「末永くお幸せに」、「堂々とデートだ」、「幸せそうでほっこり」、「素敵な結婚生活を送ってください」など、多くのコメントが寄せられ、「いいね!」も24万件以上がついた。また、女優の大政絢もインスタグラムに佐々木との2ショット写真を撮影し、お祝いの模様をアップ。「みんな、のんちゃんを愛しすぎています」とキャプションを寄せた。 引用:https://www.instagram.com/nozomisasaki_official/

  • 『PとJK』完成披露パーティーに出席した、土屋太鳳

    亀梨和也「セクシーが常に出てしまいがち」 フェロモン全開発言に土屋太鳳もニッコリ

    映画

     大人気少女コミックを実写映画化した『PとJK』の完成披露パーティーが7日に都内で行われ、主演の亀梨和也、共演の土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、村上淳、大政絢、廣木隆一監督が登壇した。「普段のセクシーでスマートな亀梨さんとは違い」とMCに真面目な警察官という役柄を紹介された亀梨は、「自分のイメージをなるべく漏れ出ないように気をつけました。セクシーが常に出てしまいがちなので、監督の指示のもと、ウンッて押さえました(笑)」と、冗談を交えながらフェロモン全開に答え、土屋らを笑わせていた。@@cutter 別冊フレンドで連載中の三次マキ氏による人気作を映画化した『PとJK』は、警察官の功太(亀梨)と女子高生のカコ(土屋)のカップルが織りなすキュートな恋愛物語。カコが年をごまかして参加した合コンで出会った二人は、互いに惹かれ合うものの、功太の警察官という立場上、女子高生との恋愛は許されない。一緒にいるため結婚という選択肢を取ることになる。  大人の男性に恋をするカコを熱演した土屋は、この日、頭にティアラを乗せ純白のドレスでプリンセスさながらの登場となった。共演した亀梨について、土屋は「すごくクールかと思いきや、すごく面白い部分を持っていて、大人の男の方ですごいんだなって思いました。すごくレディファーストで」と表現すると、亀梨がすかさず「セクシー出ちゃってた?(笑)」と茶化した。戸惑う土屋は、「それはわかんないですけど…」とかわいくモゴモゴ。  さらに、撮影を振り返り土屋は、「功太くんが功太くんじゃなかったら、カコとして生きられなかったと思っていて。本当にひとりの人として存在していました」と亀梨が演じた功太を絶賛。「王子様に出会うって、こういう感じなのかなって。カコちゃんをいつも羨ましいなって思って撮影していました」と愛くるしく土屋が話すと、亀梨は丁寧に頭を下げていた。  映画『PとJK』は3月25日より全国ロードショー。

  • 福原遥&大政絢、天使のような姉妹コーデで2ショット

    福原遥&大政絢、天使のような姉妹コーデで2ショット!「二人とも美しすぎ」と反響

    エンタメ

     女優の福原遥が22日、自身の公式ブログを更新。バラエティ番組で共演した大政絢との2ショットを披露し、ファンからは「二人とも美しすぎ」などの反響が多数寄せられた。@@cutter 二人が共演したのは、林修がMCを務める人気番組「林先生が驚く 初耳学!」(毎日放送・TBS系)でのこと。福原はブログに楽屋前の写真を投稿したほか、「大政絢さんと一緒に写真を撮って頂きました」と言葉を添えて、大政との2ショットを公開。  ともに白の衣装に身を包んだ大政との記念写真では、ピースサインを見せながらにっこり笑顔の福原は、「すごい素敵な方でとってもお綺麗でした 隣に並ぶだけでドキドキ。笑」と対面した喜びと感動の気持ちを綴っている。  写真を見たファンからは、「二人とも美しすぎ」「お互い白で姉妹コーデみたいだね」「真っ白な衣装似合ってる」「天使が2人」といったコメントが寄せられた。 引用:http://ameblo.jp/roomharuka/

  • 志尊淳『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』出演決定

    大政絢&志尊淳、多部未華子主演SPドラマに出演決定

    エンタメ

     今冬放送の多部未華子主演による、クリスマスドラマスペシャル『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』の追加キャストが発表され、大政絢、志尊淳、田中要次が出演することが分かった。@@cutter ドラマ『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』は、現実の恋に臆病な恋愛シミュレーションゲームプランナーの白野莉子(多部)を中心に描かれる恋愛物語。ある日、女心が致命的に理解できない“残念男子”のアプリ会社社長・黒川壮一郎(高橋一生)と出会い、衝突しながらも次第に惹かれていく…。  このたび追加キャストとして発表された大政は、黒川が思いを寄せる部下・桃瀬はるかを演じる。「出演者ながらドキドキして読み進めました」と脚本の感想を語った大政。ドラマの放送時期にちなみ、クリスマスについても「いろんなところでイルミネーションが見られるので、それで満足しています……。毎年することは、小さい頃から食べ続けているケンタッキーのフライドチキンを買うことです(笑)」とコメントを寄せる。  黒川直属の部下であり、ヒロイン・白野に惹かれる緑谷拓役の志尊は、自身の役柄について「穏やかさやコミュニケーション能力の高さで、上司からも女性からも支持を受ける」と話し、「若いながらも役員を任せられる人間性といった細かい部分から役を作っていこうとしました」と役作りについて触れる。また、クリスマスについては、「子供の頃は、サンタさんが来てプレゼントをもらえるんだという一大イベントでしたね」と振り返った。  加えて、田中は黒川行きつけのブックカフェのマスター・灰原源次郎として登場。白野と黒川の恋を陰ながら見守っていく。  クリスマススペシャルドラマ『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』は、カンテレ・フジテレビ系にて12月20日21時より放送。

  • 大政絢、「non‐no」卒業発表! 25歳という節目で決断

    大政絢、「non‐no」卒業発表! 25歳という節目で決断

    エンタメ

     モデル・女優の大政絢が18日、自身のインスタグラムに「non‐noモデルを卒業します」と発表し、自身が表紙を務めたnon‐no12月号(10月20日発売)の画像をアップした。この号で卒業する大政は「先輩モデルが次々卒業する中、自分自身もどうすべきかずっと考えてきました。大好きなのんのを離れるのはとても寂しいですが25歳という自分なりの節目で卒業を決断しました」と心境を明かしている。@@cutter さらに大政は「モデルとしての仕事はこれからも続けるので引き続き応援よろしくお願いします」とコンゴの活動についても明かし、ハッシュタグに「#6年間ありがとう」「#みんな大好きすぎる」とモデル仲間やスタッフへの感謝の言葉を綴っている。  ファンからは「お疲れ様。これからもがんばって」「いざとなるとやっぱり悲しい」「卒業さみしいけど、おめでとうございます」「これからも応援する」など、卒業を残念がる声や応援のコメントが寄せられている。

  • 『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』完成披露試写会に登壇した中谷美紀

    中谷美紀、アラフォー独身女性役に「やっと私の時代が来た!」

    エンタメ

     女優・中谷美紀が11日、都内で行われたTBS系ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』の完成披露試写会に出席。独身の中谷は、脚本のタイトルを見て「やっと私の時代が来た!」と共感するも、中身を読み進めるうちに困惑し、怒りを覚え、最後は大爆笑したことを明かした。この日は、共演者の藤木直人、瀬戸康史、大政絢、徳井義実(チュートリアル)も出席した。@@cutter 本作は、水野敬也の著書『スパルタ婚活塾』(文響社)を実写ドラマ化したラブコメディー。“恋愛弱者”というレッテルを貼られた39歳の主人公・橘みやび(中谷)が、割烹料理店で出会った超毒舌な自称“恋愛スペシャリスト”の店主・十倉誠司(藤木)に指南を受けながら、恋愛成就に奮闘する姿をスタイリッシュに描く。  中谷演じるみやびは、高学歴、高収入、容姿端麗という最強のステイタスを持ち、それが逆に恋愛ベタに導いてしまうアラフォーの独身女性。オファーを受けた際に中谷は、「容姿端麗は、もう40歳なので照明やメイクでごまかしてもらっているところはあるんですが(笑)、結婚できないんじゃなくて“しない”というのは、私が常々、標榜してきたことなので、“やっと私の時代が来た!”と思いました」と述懐。  ところが、企画書を読み進めていくと「結婚しないということが“間違っている”という内容だったので、なんか、凄くバカにされてるような、嫌味を言われているような、プロデューサーはどういうつもりなんだ?って思ったんですが、(最終的には)大爆笑してしまって。今は、ドラマの中で視聴者の皆さんと一緒に(みやびが)成長していけたらと思います」と、笑顔を見せた。  一方、そんな中谷に毒舌を浴びせる“恋愛スペシャリスト”を演じる藤木は、「このドラマで多くの女性を敵に回すかもしれませんが、あくまでもセリフなので」と苦笑い。女性が傷つきそうなセリフがバンバン出て来るが、MCから“これは男の本音では?”とつっこまれると、「いや、全てが本音ではないと思いますが…」とシドロモドロ。空気を読んだ徳井が「あれは本音です」と助け舟を出し、爆笑をさらっていた。  金曜ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』は、TBS系にて4月15日22時より放送スタート。

  • 『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』キャストフォト

    中谷美紀、“最強”スペックのモテない女に! 恋愛スペシャリスト藤木直人と共演

    エンタメ

     女優・中谷美紀が、連続ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』で、TBSに5年ぶり、かつ15年ぶりに主演を務めることがわかった。中谷はは本作で、“39歳・独身・容姿端麗・年収1500万”というスペックの“最強の恋愛弱者(モテない女)”を演じる。@@cutter 本作は、「39歳以上の男女5人に1人が未婚」「39歳以上の女性が5年以内に結婚できる確率は2%」という現代で、恋愛市場から取り残されたアラフォーヒロインと、彼女に恋愛指南のムチを打つ超ドSな毒舌恋愛スペシャリストが、“奇跡の恋愛成就”を目指し奮闘するラブコメディ。中谷ほか、藤木直人、瀬戸康史、大政絢、徳井義実(チュートリアル)、夏木マリが出演する。  自他共に認める才色兼備な美容皮膚科医だが、気が付けば周囲から“最強の恋愛弱者”という扱いが待ち構えていたヒロイン・橘みやび役を中谷。和風割烹料理店の店主であり、“上から目線”なアラフォー女子たちにスパルタ恋愛術という名の鋭いメスを突き立てる恋愛スペシャリスト・十倉誠司役を藤木が熱演。  中谷は本作について「テンポの良さと痛快な台詞、私の人生そのものを言い当てているかのような物語に、瞬く間に引き込まれ、抱腹絶倒しました」とストーリーを絶賛。「まさに私も“結婚できないんじゃなくて、しないんです”と思っていましたが、“本当は私も結婚しないんじゃなくて、できないのだろうか?”と不安になりました」と役柄と同じく(!?)打ちのめされた様子。  共演の藤木に対しては「美しいお顔立ちから矢継ぎ早に放たれる毒舌恋愛論はいちいち腹立たしいのですが、世の女性たちははっきりと物を申す、十倉のような男性を待っていたのかもしれません。藤木さんに罵倒されることがだんだん心地よくなって来ました」と、クセになったようだ。  金曜ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』は、TBSにて2016年4月スタート。

  • 大政絢、佐々木希の初舞台を観劇 “生”の醍醐味を実感

    大政絢、佐々木希の初舞台を観劇 「生ってやっぱりいいですね」醍醐味を実感

    エンタメ

     女優・モデルの大政絢が、自身のブログにて、佐々木希の初舞台『ブロッケンの妖怪』を観劇、楽屋裏での仲睦まじい姿を披露。「生ってやっぱりいいですね」とコメントし、舞台の醍醐味を実感したようだ。@@cutter ブログでは「佐々木さんの初舞台。話も面白くあっという間に時間が過ぎていきました。たくさん笑ったな~~」とコメント、同舞台を堪能したようだ。また、佐々木についても「のんちゃんの役もとても素敵で、ご飯の時に興奮して色々話しました」と報告した。  同ブログには「おそらくは、世界一美しいツーショット。名画を観るような心持ちです」「大政ちゃん可愛い!!のんちゃんも可愛い~!」「あやのん相変わらず仲良しですね」等のコメントが届いている。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access