木野花 関連記事

  • 第92回 キネマ旬報ベスト・テン表彰式に出席した安藤サクラと柄本佑

    安藤サクラ、夫・柄本佑と共に「キネ旬ベスト・テン」W主演賞で号泣

    映画

     第92回キネマ旬報ベスト・テン表彰式が10日、都内にて行われ、主演女優賞の安藤サクラと、主演男優賞の柄本佑夫婦がそろって登壇。司会者から二人でステージ中央に来るように促されると、安藤は緊張の糸が切れたのか号泣。柄本と共に受賞を喜ぶシーンが見られた。@@cutter 先にスピーチをしたのは、映画『万引き家族』で主演女優賞を受賞した安藤。「光栄です。ありがとうございます」と挨拶するも「どうしよう。緊張しちゃってうまく話せない」と苦笑い。続けて、劇中演じた柴田信代という役がいまだにつかめず、是枝裕和監督をはじめ、キャスト、スタッフによって導いてもらえたと思っているため「飛び上がって喜ぶことができなかった」と胸の内を明かす。    一方、『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』の3作品で受賞した柄本は「実感がないんです」と正直な気持ちを述べると「でも関係者の方々から、たくさん『おめでとう』という連絡をいただくと、賞というのは周囲の方が幸せになってくれるんだな、いただいて本当に良かったなと思いました」と笑顔を見せた。    続けて柄本は、昨年10月に他界した実母で女優の角替和枝さんに触れ「直接、この賞の報告はできませんでした。でも上(天国)には報告しましたし、今日の式が行われる場所も知らせたので、きっとこの会場のどこかにいると思います。うちの母の口癖が“なんでもない日、万歳”でした。でもさすがに今日は“なんでもなくない日、万歳”といって喜んでくれていると思います」と思いを語っていた。    柄本のスピーチが終わると、司会のフジテレビ・笠井信輔アナウンサーから「少々じれったい、夫婦でのダブル受賞です。前へどうぞ」と促される安藤と柄本。ためらう柄本だったが、安藤は「もうこんなこと一生ないから」と柄本の腕を引っ張り舞台中央へ。そこで「ご主人が賞をとったと聞いたとき、どんな気持ちでしたか?」と聞かれると、安藤は号泣。すると柄本は「ちょっと待って、夫婦で泣いている写真出るぞ」と制するも「でも、こんなお祭り騒ぎないからいいかなと思って」と感情を爆発させていた。さらに、笠井アナは、柄本にも、夫婦受賞の感想を聞くと安藤は「それはいいんです。男はどしっと構えていれば」と発言し、大歓声を浴びていた。    この日は、安藤、柄本のほか、木野花(助演女優賞)、松坂桃李(助演男優賞)、木竜麻生(新人女優賞)、寛一郎(新人男優賞)、川瀬陽太(日本映画監督賞、瀬々敬久監督代理)、内田也哉子(特別賞受賞、樹木希林代理)らも出席。松坂は、安藤と柄本の微笑ましいスピーチに「夫婦っていいなと思いました」としみじみ語っていた。 「2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン」各受賞者 ▼作品 日本映画ベスト・テン第1位『万引き家族』 外国映画ベスト・テン第1位『スリー・ビルボード』 文化映画ベスト・テン第1位『沖縄スパイ戦史』 読者選出日本映画ベスト・テン第1位『万引き家族』 読者選出外国映画ベスト・テン第1位『スリー・ビルボード』 ▼個人 日本映画監督賞 瀬々敬久『菊とギロチン』『友罪』 日本映画脚本賞 相澤虎之助、瀬々敬久『菊とギロチン』 外国映画監督賞 マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』 主演女優賞 安藤サクラ『万引き家族』 主演男優賞 柄本佑『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』 助演女優賞 木野花『愛しのアイリーン』 助演男優賞 松坂桃李『孤狼の血』 新人女優賞 木竜麻生『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』 新人男優賞 寛一郎『菊とギロチン』 読者選出日本映画監督賞 是枝裕和『万引き家族』 読者選出外国映画監督賞 マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』 キネマ旬報読者賞 立川志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」 特別賞 樹木希林

  • 橋本マナミ、セクシーな囚人服の着こなしで胸元チラリ ※「橋本マナミ」インスタグラム

    橋本マナミ、ドラマ公式から掲載NG!? セクシーな囚人服の着こなしで胸元チラリ

    エンタメ

     4月21日放送スタートの新ドラマ『女囚セブン』に出演するタレント・女優の橋本マナミが30日、自身のインスタグラムを更新。同作の役衣装である囚人服をセクシーに着こなす姿を公開し、ファンからは「めっちゃエロい」などの反響があがっている。@@cutter 剛力彩芽主演の『女囚セブン』は、殺人罪という無実の罪を被り、女子刑務所へ送られた謎多き京都の芸妓・神渡琴音(剛力)が、待ち受けていたアクの強い女囚たちから壮絶なイジメを受け、激しいバトルを繰り広げていく姿を描く。女囚役には、橋本をはじめ、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、木野花、安達祐実も名を連ねている。  劇中で不倫の末に患者を殺した全身整形サイボーグ看護師・矢島千鶴香を演じる橋本は、「囚人服のsexyな着こなし方」と言葉を添え、囚人服の胸元を開けたセクシーな姿で、鉄柱にキスする姿を収めた写真を公開。「#公式には載せられないとNGが出ましたsexy#ドラマ#女囚セブン #囚人服」とハッシュタグで付け加えている。  写真を見たファンからは「きゃーセクシーすぎます!」「セクシーすぎるやろ」「鉄柱になりたい」「めっちゃエロいな」「胸元が気になりま~す」といったコメントが寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/manami84808/

  • 橋口亮輔監督、7年ぶりの長編新作『恋人たち』の新たなキャストが明らかに!

    橋口亮輔監督、7年ぶりの長編新作『恋人たち』光石研ほか新キャスト発表

    映画

     映画『ぐるりのこと。』から7年ぶりとなる鬼才・橋口亮輔監督のオリジナル長編作『恋人たち』(11月よりテアトル新宿ほかで全国公開)への期待が高まる中、すでに発表されている篠原篤、リリー・フランキーに加え、本作に出演する新たなキャストが明らかになった。@@cutter 本作は、通り魔殺人事件によって妻を失った男・アツシ、自分に関心を持たない夫と、そりが合わない義母と暮らす平凡な主婦・瞳子、同性愛者で完璧主義のエリート弁護士、それぞれ異なる3人の“恋人たち”が織りなす人間ドラマ。松竹ブロードキャスティングによる、作家主義、俳優発掘を理念としたオリジナル映画製作プロジェクトのひとつとして、主要キャストをワークショップに参加した新人俳優が演じる。  橋口監督自らが選び抜いたキャストは、アツシを演じる篠原に加え、平凡な主婦・瞳子に橋口監督の中編『ゼンタイ』でスーパーの店員を演じた成嶋瞳子、エリート弁護士には、ビジネスコンサルタントを経て俳優になったという異色の経歴を持つ池田良が選ばれ、彼ら3人がそれぞれ異なる“恋人たち”として物語の軸を担う。  そんな彼らを脇で支えるのは、いずれも日本映画界に欠かせない個性派揃い。刺激のない毎日を送る瞳子の前に現れ、彼女の生活に一筋の光を与える男に光石研。その愛人役に、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』での好演も記憶に新しい安藤玉恵。瞳子の姑役には演出家としても活躍する木野花。さらには黒田大輔、山中崇、山中聡、内田慈ら、名バイプレイヤーが本作に命を吹き込む。

  • 映画『娚の一生』で実際の台風の中で撮影された1シーン

    榮倉奈々、本物の台風のなか撮影していた!『娚の一生』仰天撮影秘話

    映画

     榮倉奈々と豊川悦司のダブル主演映画『娚の一生』(2月14日公開)の中で、本物の台風に遭いながらも撮影されていたことが明らかになった。本作の中でこのシーンは、臨場感たっぷりのカットに仕上がっている。@@cutter 大人のラブストーリーを謳う本作では、台風に遭うシーンが登場する。榮倉奈々演じるつぐみは、あまりの強風と横殴りの雨に、山の近くに住むつぐみの祖母の旧友・佳代(木野花)の身を案じ、救助に向かう。雨風の中、細腕のつぐみは、佳代を背負い山道を下って自宅へ避難しようとするが、途中で転倒。そこに、豊川悦司演じる海江田の姿が現れる…。  このシーンを撮影するため、スタッフは雨降らし機や大型送風機を用意。しかし、撮影当日に台風が上陸するという出来事が起こったという。激しい横殴りの雨と強風に視界を奪われる苦しい環境下において、榮倉、豊川、木野、そして撮影スタッフは体当たりで撮影に挑んだそうだ。  このときのことを榮倉は「台風のシーンは強烈でした。結果的にリアルな臨場感あるシーンとなったと思いますが、現場の皆さんがずぶ濡れで、言葉少なくなっていく姿がサバイバルな映画を撮っている気分になりました」と振り返っている。  本作の原作は、累計発行部数150万部を誇る西炯子の人気コミック。東京で忙しくキャリアを積み、辛い恋愛をしていた堂薗つぐみは仕事を辞めて、田舎の一軒家で暮らし始める。そんな中、半ば強引に住み込む独身の大学教授・海江田醇と奇妙な同居生活がスタート。海江田の求愛に戸惑いを隠せないつぐみだったが、次第に心を開いてゆく。監督は、『きいろいゾウ』(13)、『100回泣くこと』(13)などの廣木隆一が務める。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access