本上まなみ 関連記事

  • 本上まなみ、映画『そらのレストラン』インタビューフォト

    本上まなみ、子育てで実感「子どもは自分とはまったく別個の存在」

    映画

     女優の本上まなみが、地域と人と食を描いてきた大泉洋主演の「北海道映画」第3弾『そらのレストラン』(深川栄洋監督、1月25日全国公開)に出演している。洞爺湖を舞台とした2012年公開『しあわせのパン』、空知が舞台の2014年公開『ぶどうのなみだ』と続く同シリーズだが、今作の舞台は道南の「せたな町」。海が見える牧場でチーズ工房を営む亘理(大泉)が、家族や仲間と共に1日限りのレストラン開店を目指す。本上は亘理の妻・こと絵を演じる。@@cutter せたなで実際に循環農業に取り組む農民ユニット「やまの会」をモデルに、さまざまな食材を一つに包み込む「チーズ」と、その味わいのごとく濃厚な「仲間」の絆が描かれる。  「こんなこと本当にあるの?というファンタジックなストーリーなので、実在の方々がモデルと聞いたときはびっくりしました。撮影も、実際にその人たちがいる場所をお借りしたので、こと絵のモデルになった牧場の奥様もいらっしゃってお話をうかがうこともできました」。 @@insert1  恵まれた環境下での撮影。役作りはスムーズだったようだ。  「その場所に立ったら、『あっ』と感じるものがあって。周りの雰囲気が教えてくれるんです。牛がいて、牧草の広がる向こうに海が見えていて。面白いと思うのは、モデルとなった人たちを見ていると、それ以上のことはいらないというか、佇まいだけで人となりが分かるんです。脚本のストーリーそのまま、何も嘘もなく来たんだなって」。  もう一つ、主演の大泉の存在も撮影中、大きかったと振り返る。  「亘理さんの、自分が好きなものを突き詰めたいという思いと、でもなかなか理想像に近づけず苦悩している様子を間近で見ていたら、本当に支えてあげたいなって心から思えたんです。それも何かをいろいろ言うのではなく、優しいだけで横にいるのでもなく、よく彼のことを見ていて、いま何を言ってあげたら支えになるのかということを考えている。こと絵はそんな女性だな、と分かったんです」。 @@separator 映画ではスケジュールやロケ場所の都合などによりラストシーンを最初に撮ることなども珍しくないが、今作の場合は割と物語の時系列に沿って進行したそうだ。季節は、次第に寒い冬へと向かって行ったという。道南とはいえやはり北海道。寒い場所でのロケならでは、美容面などで気をつけることはあるのだろうか。  「基本的にはあまりないのですが、メイクのスタッフさんがみんなにすごく気配りをしてくださっていました。顔がこわばらないように暖かく保つようにいろいろなもの、たとえば血行を良くする足のマッサージ器ですとか、スチームの出る美顔器だったりを準備してくださったんです。何も不安なく撮影できました」。 @@insert2  亘理と一人娘の潮莉(庄野凛)と、3人で幸せな家庭を築いていること絵。現実の本上も2児の母親だが、日常生活ではどのような家族図を描いているのだろうか。  「子どもを育てて感じるのは、自分とはまったく別個の存在だなって。いくつかは私に似ている部分、いくつかは夫に似ている部分、いくつかは祖母に似ている部分もあって、いろいろな要素が見え隠れはしますが、だからと言ってその通りには絶対しない。思いもしない行動をしたり、考え方を持っていたりして、何かやりたがっていることも、なんとなくは分かるけれど、こちらが思ったようにはならない。本当にお借りしているものを育てているって感覚に近いですね」。  本上自身は今後、女優業とどのような思いで向き合っていくのだろうか。  「スカウトされて入った世界なので、本当に自分がやりたかったことなのかって言われると、たぶん違うかもしれません。ただ、父親にも言われたのが、やっぱり求められて作品に出る、何かを表現するっていう職業は、他にはあまりないと。求められるのはありがたいことなのだから、その機会を与えてもらえたと思ってがんばりなさいって。ただ、身体を壊すようなことをしてまでやる必要はないからって、その言葉だけをもらって、いまも私はここにいるんです。続けて来られたのは本当に良かったし、自分が表現できることは何なのか、これからも考えていきたいなと思っています」。  思慮深く、一つ一つの言葉を大切に発する。品のある女優だ。(取材・文・写真:志和浩司)  映画『そらのレストラン』は1月25日全国公開。

  • 映画『そらのレストラン』本ポスター

    仲間や家族との絆&色とりどりの食材が登場『そらのレストラン』特報公開

    映画

     俳優の大泉洋主演の映画『そらのレストラン』から、主人公たちが1日限りのレストラン開店に向けて奮闘する姿を活写した特報映像と本ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 2012年の『しあわせのパン』、2014年の『ぶどうのなみだ』に続く、“食”と“人”をテーマに描く北海道映画第3弾となる本作は、北海道道南にある“せたな町”が舞台となり、海が見える牧場で作り出されるチーズとさまざまな食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を描く。大泉のほか、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、小日向文世、眞島秀和らが出演。映画『神様のカルテ』の深川栄洋がメガホンを取る。  公開された特報映像は、チーズ工房を営む亘理(大泉)、こと絵(本上)、娘の潮莉の家族3人が食卓を囲み、気持ちのいい声で「いただきます!」とあいさつするシーンから開始。チーズ職人の大谷(小日向)が突然意識を失って倒れ込むという劇的な場面を確認できる一方で、5人の仲間たちがうまく出来た料理に「いいねぇ~」と喜び合う姿や、大豆農家の石村(マキタ)が「亘理はアホですけど、俺たちが付いてますんで!」と叫ぶ姿を通じて、彼らの間の熱い絆も感じ取ることができる。  また、亘理の「そらのレストラン、開店です!」という宣言とともに、1日限りのレストランの食卓に、北海道で育まれた野菜、肉、魚からなる色とりどりの料理がずらっと並ぶ光景も捉えられ、味わい深さのある人間ドラマが垣間見られる内容となった。  本ポスタービジュアルでは、遠くまで広がる青空を背景に、亘理らが笑顔で緑豊かな牧場に立ち、笑顔をのぞかせる姿をピックアップ。「笑顔も 涙も おいしいも ひとつに とけあい 分かち合う」というキーフレーズにある通り、仲間と助け合い分かち合って生きることの大切さをにじませたものとなっている。  また今回、大泉とともに人気バラエティ番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)を盛り上げた「ミスター」こと鈴井貴之の友情出演も発表された。  映画『そらのレストラン』は2019年正月第二弾全国公開。

  • 映画『そらのレストラン』ティザービジュアル

    『そらのレストラン』、マキタスポーツ、眞島秀和ら追加キャスト決定

    映画

    大泉洋主演の映画『そらのレストラン』に、マキタスポーツ、眞島秀和、小日向文世らの出演が発表された。合わせてどこまでも広がる北海道の青空を大きく用いたティザービジュアルも解禁となった。@@cutter 2012年の『しあわせのパン』、2014年の『ぶどうのなみだ』に続く、“食”と“人”をテーマに描く北海道映画第3弾となる本作は、北海道道南にあるせたな町が舞台となり、海が見える牧場で作り出されるチーズと様々な食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を描く。大泉のほか、本上まなみ、岡田将生が出演。監督は『神様のカルテ』『トワイライト ささらさや』の深川栄洋が務める。  北海道せたなで父親から引き継いだ海が見える牧場で亘理(大泉)と妻の潮莉(本上)、東京からやって来た牧羊を営む若者の神戸(岡田)らは牛を育てながらチーズ工房を営んでいた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。   追加キャストとして発表されたのは、亘理と共にレストラン開店に向けて奔走する大豆農家・石村役にマキタのほか、亘理と同級生のトマト農家・富永役をNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演する高橋努、漁師・野添役を、『アズミ・ハルコは行方不明』での好演も記憶に新しいミュージシャンの石崎ひゅーい。   加えて、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で武川政宗役を演じた眞島秀和が、レストラン開店に欠かせない存在のカリスマシェフ・朝田役を務める。大泉と同じ北海道出身の小日向文世が亘理にチーズ作りを教えるチーズ職人・大谷に、風吹ジュンがその妻に扮する。  公開されたティザービジュアルでは、どこまでも広がる北海道の青空の下、亘理らが花咲く美しい牧場に集合し、皆で笑顔を浮かべる姿をフィーチャー。「笑顔と出会うたび、人生はおいしくなる気がする」というコピーも加わったことで、本作で描かれる温かさを感じ取ることができる。  映画『そらのレストラン』は2019年初春全国公開。

  • 大泉洋が映画『そらのレストラン』に出演

    大泉洋主演、北海道舞台の映画『そらのレストラン』公開 共演に本上まなみ、岡田将生

    映画

     大泉洋が主演を務める映画『そらのレストラン』が2019年初春に公開することが決定し、本上まなみと岡田将生が共演していることも発表された。@@cutter 映画『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、“食”と“人”をテーマに描く北海道映画第3弾となる本作。本企画は北海道南西部に位置するせたな町で、一部の有名料理人には知れ渡っている有機農法栽培や飼育をする生産者のグループ<やまの会>とその人たちとの出会いが基盤となっているという。監督は『神様のカルテ』『トワイライト ささらさや』の深川栄洋が務める。  北海道・せたなで暮らす設楽亘理(大泉)と妻・こと絵(本上)、そして東京からやって来た牧羊を営む若者・神戸(岡田)ら。亘理たちはある日、彼らの食材を求めてやってきた札幌の有名ビストロのシェフの手によって、自分たちの食材がさらにおいしくなったことに感動。この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちと一日限りのレストランを開くことを目指す。  主演の大泉は「今作は、『家族』との絆。『仲間』との友情を描いたハートウォーミング・ドラマです。せたな町は、海と山どちらの景色も楽しめる素晴らしい土地です。最高の出演者とスタッフと共に作り上げたこの作品で皆様の日々の疲れを少しでも癒していただければと思います。この映画はめちゃめちゃ癒されます!」とコメント。  一方の本上は「主演の大泉洋さんを筆頭にみな実在の人物を演じているため、現場ではモデルになった方と役を演じる俳優が入り交じり、やっと出会えた喜びに、笑ったり泣いたりハグしたりと大盛り上がり。とびきり豊かで幸せな体験となりました」と回想。岡田は「人々の友情や食の大切さであったりを、現場で間近に感じる事ができました。大泉さんとは凄く久々に共演させていただき、笑いが絶えない現場を深川監督の下、毎日現場に行くのを楽しみながら充実した撮影ができたと思っています」と振り返っている。  映画『そらのレストラン』は2019年初春全国公開。

  • シリーズ最新作『まほろ駅前狂騒曲』は10月18日公開

    新井浩文のツイートで話題になっていた映画『まほろ駅前狂騒曲』特報&全キャスト発表

    映画

     売上累計120万部突破の人気小説『まほろ駅前』シリーズの映画最新作『まほろ駅前狂騒曲』(10月18日公開)の初映像となる特報と第1弾ポスター、そして全キャストが発表となった。@@cutter 曲者たちの厄介な依頼に巻き込まれる便利屋・多田便利軒の多田(瑛太)と行天(松田)が、遂にスクリーンに帰ってくる。公開となった特報は、これまでのイメージを打ち破る超大作のような冒頭から一変、後半は“まほろ”らしい賑やかな作りとなっており、瑛太と松田による脱力系のコンビネーションが垣間見え、ファンのみならず注目の映像だ。  同時に発表された第1弾ポスターは、東京郊外の便利屋とはとても思えない、迷彩服の2人が立っており、ただならぬ雰囲気と共に「俺たちただの便利屋ですから!」というアンバランスなコピーが目を引く。  キャストは主演の瑛太と松田、他にも高良健吾、真木よう子、本上まなみ、麿赤兒、松尾スズキ、大森南朋、岸部一徳ら、シリーズお馴染みのキャストが勢揃い。さらに気になる新キャストは先日発表された永瀬正敏に加え、新井浩文、奈良岡朋子、岩崎未来が抜擢。新旧ともに充実の顔ぶれとなっている。  ちなみにこの情報解禁前の4月22日、新井浩文は自身のツイッターで「映画まほろ駅前狂騒曲に出演します」とフライングで告知。ユーザーから心配されると「今の所、怒られてない」「んなもんで干されたら、それまでの俳優だってこった」と発言し、斬新な宣伝方法がネット上でちょっとした話題を呼んでいた。

  • 北川景子主演『悪夢ちゃん』映画化決定!

    北川景子主演『悪夢ちゃん』映画化決定!佐藤隆太、本上まなみがシリーズ初登場

    映画

     北川景子主演で放送された連続ドラマ『悪夢ちゃん』の映画化が決定した。@@cutter 日本テレビ土曜9時枠にて2012年冬(10月~12月)に放送された本作は、恩田陸の小説『夢違』を原案に、謎に満ちた奥深い夢の世界をテーマにした痛快SF学園ファンタジー。とある小学校の5年生のクラスを舞台に、他人の無意識とつながり、その人に降りかかる未来の災難を予知夢として見てしまう能力を持つ少女“悪夢ちゃん”(木村真那月)と、彼女の見た悪夢を読み解くことのできる担任教師(北川景子)が、次々と巻き起こる事件を解決していく。  今回の映画化について主演の北川は「続編をやりたいという思いはあって、まさか映画になるとは想像していなかったので、うれしかったです! 」と喜びを吐露する。また「主役をやらせていただいた作品の続編ができるのは今回が初めてで、自分にとって転機になった作品でもあり、役柄だと思っています」とも。  “悪夢ちゃん”こと木村は「北川さんや共演者の皆さんと半年ぶりに会えてうれしかったです。北川さんには『身長が伸びたね』と言われました(笑)。私も彩未先生との距離が近くなってビックリしました(笑)」とコメント。成長期らしく半年ほどで身長が伸びたようだ。  本作で白馬に乗った夢王子とミステリアスな夢研究者の二役に扮したGACKTは「志岐貴と彩未の恋の結末はいかに…! こうして悪夢ちゃんチームとあらたな展開を作れる事が、僕自身楽しみです。この作品を通して、自分の意志や行動で未来を変えられる事、夢は叶えられる事を伝えて行きたいと思います。是非、公開を楽しみにしていて下さい」とコメントを寄せている。  また今回、映画版ストーリーの鍵を握る役どころとして、佐藤隆太、本上まなみがシリーズ初登場。さらに、悪夢ちゃんの初恋の相手となる謎の転校生・完司役に旬なゲストが用意されているとのこと。  彩未(北川景子)が担任を務める明恵小学校6年2組に通う結衣子(木村真那月)。彼女は、他人の無意識とつながり、その人を待ち受ける不吉な未来を悪夢として見る能力を持つ。半年前、5年生のときに明恵小学校に転校してきた結衣子は、その力に苦しみ心を閉ざしていた。結衣子の夢を読み解いて未来の危険を回避してくれる彩未との出会いをきっかけに、クラスに溶け込んで学校生活を楽しめるようになったのだった。ある日、6年2組に完司という転校生がやってくる。完司を見た児童たちは、完司を夢で見たことがあると言って騒ぎ出す。そして結衣子も、完司とそっくりな、少年夢王子が出てくる悪夢を見ていた。しかし、結衣子は、彩未や祖父の万之介(小日向文世)にも、完司が出てくる悪夢の内容を隠そうとする。夢の中で、結衣子は少年夢王子にあこがれ、恋をしていた…。  『悪夢ちゃん』は2014年全国東宝系にて公開

  • 初の舞台化が決定した「ザ・ベストハウス123」

    清水アキラ息子も出演!フジテレビ「ザ・ベストハウス123」舞台化決定

    エンタメ

     フジテレビで現在放送中の人気バラエティ番組「ザ・ベストハウス123」が「ザ・ベストハウス123 on Stage!!~おかしなおかしな探偵物語!…は、コレだ!!~」という公演名のもと、舞台化されることが決定した。 @@cutter  「ザ・ベストハウス123」は、映像図鑑をもとに世の中のあらゆる「ベスト3」を紹介するバラエティ番組。出演者にロンドンブーツ1号2号(田村淳、田村亮)、本上まなみといった人気芸人や女優が顔を揃える。  今回の舞台では、番組内でおなじみの“ベストハウス編さん会議”をリアルタイムで体験できるサプライズショー形式となっている。謎をめぐるサスペンスと、抱腹絶倒のコメディ、そして涙・涙のエンディング。テレビでお馴染みのレギュラー出演者に加え、今、最も旬な若手俳優を迎えての豪華ステージに、スペシャルゲストも日替わりで出演するという豪華舞台。  出演者の一人、崎本大海は「探偵役というものは初めてですが、子供の頃からなんとなく憧れのある仕事なので 楽しんで演じたいです!!」と意気込みを語る。また、ものまね芸人・清水アキラの息子であり俳優の清水良太郎は「お客様に笑いと感動を送れるようにキャスト、スタッフ一同全力で良い作品を作って行きたいと思います!!」とコメントを寄せている。また、番組プロデューサーも「番組セットを舞台に持ち込み、テレビではお伝えしきれなかった設定や、この舞台のために書き下ろした新たなストーリーも加え、豪華なステージをお届けします」とのこと。  今にも潰れそうな探偵事務所に現れた、ひとりの美女。依頼の内容は、とある不思議な屋敷を探り、妹を救い出して欲しいという。その屋敷の名は…「ベストハウス」。屋敷に潜入した探偵たちが目にしたのは、何の目的か分からない怪しい会議と、奇妙な住民たち。果たして、この屋敷では、何が行われているのか…?  「ザ・ベストハウス123 on Stage!!~おかしなおかしな探偵物語!…は、コレだ!!~」は、2012年6月19日(火)~23日(土)まで伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田6階)にて公演

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access