吉沢亮 関連記事

  • 大原櫻子

    『なつぞら』大原櫻子登場にネット反響 「いい人そう」「可愛らしい」の声

    エンタメ

     広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第14週「なつよ、十勝さ戻って来い」(第84回)が6日に放送され、女優で歌手の大原櫻子登場すると、SNS上には「いい人そう」「可愛らしい」の一方、「切ない…」などの声も寄せられた。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)@@cutter 妹の千遥に会うことできなかったなつ(広瀬)は、天陽(吉沢亮)を訪ねる。3年ぶりに再会した天陽の隣には、妻・靖枝(大原)の姿があった。天陽の両親・正治(戸次重幸)とタミ(小林綾子)もなつを出迎え、近況報告に花を咲かせる。その後、アトリエで天陽とふたりきりになったなつは、靖枝とのなれそめについて天陽から聞かされる。  冒頭、天陽の畑へ自転車で訪れたなつは遠くから彼を見つけて手を振ろうとする。しかし天陽の後ろから「陽ちゃーん!」と呼ぶ声が聞こえ、農作業着を身につけた女性が見えたため、なつはとっさに手をおろしてしまう。画面に天陽の妻を演じる大原が姿を現すと「大原櫻子キターーーつ」「ついに天陽君の嫁さん登場!!」「陽ちゃん呼びかぁ~昂ぶるっ! でも複雑っ!!」などの声がネット上に寄せられた。  天陽と再会したなつは「結婚おめでとう!」と祝福の言葉を贈る。これに天陽が「ありがとう」と応じると、後ろで作業していた靖枝を「おーい! やっちゃん!」と呼んでなつに紹介する。笑顔で自己紹介をした靖枝は「祝電をいただいてありがとうございました」となつに深々と頭を下げると「陽ちゃん! ウチに上がってもらったらいいべさぁ!」と声をかける。なつを快く受け入れた靖枝の姿にSNSには「とってもいい人そうな奥さん」「お嫁さんいい人そうで良かった」「凄くいい人そう」「可愛らしいお嫁さん」などの反響が上がった。  天陽は、青年団の演劇を手伝った際に靖枝と出会ったことをなつに伝える。天陽が靖枝について「気付いたら好きになってた」と語ると、なつは笑顔を作って「いかったね! いい人が見つかって」と言葉を返す。このシーンにネット上には「切ない…」「なっちゃん辛いな」などのツイートのほか「事実を受け止めきれない」「天陽君ロスは止まらん」「結婚した天陽くん見てたら朝からしんどい」などの声も投稿されていた。

  • 『なつぞら』第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

    『なつぞら』15週、なつが北海道で思いついた企画が採用に いよいよ制作へ

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『なつぞら』第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」では、天陽(吉沢亮)との決定的な別れを痛感したなつ(広瀬すず)の里帰りは終わろうとしていた。そんな中、北海道大学に通う夕見子(福地桃子)が帰省してきて久々の再会、なつはそれをきっかけにアイデアを思いつく。@@cutter 夕見子のハッキリとした物言いに富士子(松嶋菜々子)たちが振り回される姿を見て、なつはどこか懐かしさを感じる。夜、なつと夕見子が久しぶりに枕を並べていると、夕見子はなつの童話集を見て、思いも寄らない感想を口にする。なつはそれを聞いて、あることを思いつき…。  出社後、十勝でヒントを得た企画が正式に採用され、なつが初めて原画を務める漫画映画の制作が動き出す。坂場(中川大志)の自分勝手な進め方に麻子(貫地谷しほり)や下山(川島明)は反発するが、なぜかなつは彼の情熱に心を動かされていく。  一方、兄・咲太郎(岡田将生)はテレビ時代の到来を見越して、洋画にアテレコする声優たちの会社を立ち上げようとしていた。  先週放送の第14週「なつよ、十勝さ戻って来い」では、東洋動画で短編の漫画映画制作が決定し、なつと麻子はその原画担当に抜てきされ、監督志望の坂場と企画を考えることに。  その頃、北海道の柴田牧場に千遥(清原果耶)が訪ねて来た。富士子から電話をもらったなつは、改めて北海道へ電話を掛け直し、千遥と話すことが実現。千遥は、なつや咲太郎といた頃のことははっきり覚えていないというが、声を聞いて2人のことを兄・姉と実感したという。そして千遥は柴田家の人たちに、預けられていた家を出てからのことを語り始めた。家を出てすぐある人に拾われ、東京の置屋に預けられ、女将や周囲の人々に恵まれ幸せに過ごしていたという。  ようやく十勝の柴田家にたどり着いたなつと咲太郎。だが、その前に千遥は柴田家から姿を消してしまったと聞き、戸惑いと落胆で感情的になるなつ。そんな中、千遥からの手紙が届く。  今は女将さん(原日出子)がお義母さんとなって置屋の娘になっていること、結婚してほしいという人が現れたが立派な家柄で自分とは不釣り合いなこと、もし結婚するなら浮浪児であったことを先方に気づかれぬよう昔の家族と縁を切らなければいけないと言われたこと、自分の幸せを願うお義母さんのためにも結婚を決意し最後に北海道に行こうと思ったこと、もしお姉ちゃんが不幸でいたなら助けなければ、もし幸せなら永遠に別れなくてはならないと思ったこと、電話で話したとき幼い頃の記憶が蘇ったこと…などがつづられていた。  そして柴田牧場を訪れなつが幸せだったことを実感し、2人に会ってしまうと別れづらくなると思った、と突如姿を消した真相を明かした。「一生会うことはもうありません」とつづられた手紙になつは涙が止まらなくなった、という内容だった。  NHK連続テレビ小説『なつぞら』は総合テレビにて月曜~土曜8時放送。

  • 新CM『バイト探しサムライ』登場篇に出演する吉沢亮

    吉沢亮、新CMでバイトを探すサムライを熱演!「凄く楽しみながらやりました」

    エンタメ

     俳優の吉沢亮と、モデルのみちょぱ(池田美優)が出演する「マイナビバイト」の新CM『バイト探しサムライ』登場篇が、本日(7月1日)より全国で放映される。吉沢は、CMでバイトを探し求めるサムライを熱演。真剣な表情からコミカルな表情まで、様々な表情を見せている。@@cutter 本CMで吉沢は、バイトを探し求めるサムライに扮し、一方、みちょぱは、スマホを使いこなし、すぐにバイトを見つけた町娘に扮している。  自力でアルバイトを探すも、自分に合った条件のアルバイトを見つけることができず、町をさまようサムライ。その前を「秒で見つけたし、マイナビバイトで!」と人力車に乗った町娘が通り過ぎていく。「マイナビバイト」の存在を知らなかったサムライはビックリした表情で、「マ、マ、マ、マ、マ、マイナビバイト~~!?」と驚くという、ユーモアあふれるCMとなっている。  クールな役柄を演じることの多い吉沢だか、本CMでは、必死にバイトを探すサムライを感情豊かに、そして時にコミカルに演じるている。撮影の感想については、「コメディ調のCMをやることが今まであまりなかったので凄く楽しみながらやりました」とコメント。また、アルバイトの経験については「高校時代同級生に誘われ、学校の近くのファミリーレストランでアルバイトをしました。ただ、家から遠く両立が難しかったため、1ヵ月で辞めてしまいました。バイトは真剣に考えて決めた方が良いと思います」と話し、アルバイトを頑張っている人へ「体調には気をつけてください」とエールを送っている。 @@insert1  また、鮮やかな着物を着て、江戸時代に若者言葉を使うユニークな町娘を演じるているみちょぱは、「初めての時代劇セットだったのでテンションがあがって撮影の合間に写真を撮っていました。撮影では私の意見も取り入れてもらえ楽しく撮影できました」とコメント。やってみたいアルバイトについては、「ショップ店員です。特に SHIBUYA109でやってみたいです」と話し、アルバイトを頑張っている人へ「まずは何でも挑戦をして、そしてやりきることを目標に頑張ってみて下さい」とエールを送っている。  吉沢亮、みちょぱが出演する新CM『バイト探しサムライ』登場篇は、7月1日(月)より全国で放映中。また、新CMの公開を記念し、「吉沢亮オリジナル QUO カード」プレゼントキャンペーンも実施している。

  •  雑誌「CM NOW BOYS VOL.9」に登場の吉沢亮

    吉沢亮、伊藤健太郎のまなざしにドキっ! 話題のイケメン7人が集結

    エンタメ

     俳優の吉沢亮が、7月1日発売の「CM NOW BOYS VOL.9」(玄光社)の表紙を飾る。ピアノを奏でる吉沢がカメラをまっすぐ見つめる表紙となっている。ほかにも、清原翔、岡田健史、伊藤健太郎ら総勢7人のイケメンがそろい踏みした。@@cutter 旬のCM俳優にスポットを当てたグラフィック&インタビューマガジン第9弾となる本号。  NHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)への出演など活躍めざましい吉沢を、表紙に加え巻頭35ページにわたり特集。ピアノを奏でる艶感たっぷりなカットとハワイテイストのグラビアページやインタビュー、全CM紹介や58問58答なども掲載され、吉沢の魅力に迫る。  同じく『なつぞら』での出演で注目を集める清原翔は未公開ショットを大放出。NONIOの最新CMのことや、『なつぞら』についてのコメントを収録し、素顔に迫る35問35答も必読だ。  ドラマ『中学聖日記』(TBS)で話題となった岡田健史は、雨上がりの散歩シーンやおうちでの寝ころびショットなどを掲載。CMやドラマ、プライベートについても語っている。さらに35問35答も。  映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』アンバサダーに就任した伊藤健太郎は、18ページにわたり、ピンクのセットアップでさまざまなポーズを繰り出したカットやライブラリーでたたずむ憂いカットなどを掲載。CM紹介や51問51答も収録される。  そのほか、小関裕太、鈴木仁、バンダリ亜砂也のグラビアやインタビューも掲載される。  雑誌「CM NOW BOYS VOL.9」は玄光社より7月1日発売。926円(税別)。

  • 『なつぞら』第78回より

    『なつぞら』天陽・吉沢亮の“近況”に「ショック…」「切ない」の声殺到

    エンタメ

     広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第13週「なつよ、“雪月”が大ピンチ」(第78回)が29日に放送され、なつ(広瀬)が北海道に暮らす天陽(吉沢亮)の近況を聞かされるシーンに、ネット上では「切ない」「ショック…」などの声があふれた。(以下、ネタバレを含みます。本編をご覧になってからお読みください)@@cutter 昭和33年の春、なつ(広瀬すず)が携わった新作の漫画映画「わんぱく牛若丸」の制作が終了。仲(井浦新)、露木(木下ほうか)、麻子(貫地谷しほり)ら、東洋動画のメンバーで打ち上げが行われる。そこで井戸原(小手伸也)から指名を受けたなつは、かつて農業高校で歌った曲を熱唱する。和やかな雰囲気で打ち上げが行われる中、陽平(犬飼貴丈)と顔をあわせたなつは、十勝にいる天陽(吉沢亮)の近況を聞かされる…。  「そうかぁ…聞いてないのかぁ…」とバツが悪そうな表情でつぶやく陽平。なつが「何をですか?」と応じると、彼は「天陽が今年の冬に結婚するんだ」とポツリ。なつは驚きのあまり無表情に陽平を見つめながら「えっ…」と固まってしまう。陽平の突然の報告にSNS上は「ええ??!!」「なんですってぇぇぇ!?」「天陽君!!!!!????」といった動揺の声が殺到。さらに「誰と結婚するの?」「は〜〜…切ない」「誰と!? ショック…」「朝からしんどい…」といったツイートも多数寄せられた。  打ち上げ会場の喧騒の中、天陽との日々を回想しながら思わずおし黙ってしまうなつ。ふと我に帰った彼女は陽平に「おめでとうございます!そしたら、天陽君にお祝いの手紙、書きますね!」と言葉をかける。なつが必死に取り繕う姿が画面に映し出されると「なっちゃんとくっついて欲しかった…」「なっちゃんわかりやすく動揺しすぎ…」「すずちゃんの憂いを含んだ表情とお祭り騒ぎの周りの対比、ずるい」などの声がSNSに上がっていた。

  • 映画『空の青さを知る人よ』に参加する(左から)大地葉、落合福嗣、種崎敦美

    『空の青さを知る人よ』、落合福嗣×大地葉×種崎敦美ら実力派参戦

    アニメ・コミック

     『あの花』『ここさけ』の長井龍雪監督の4年ぶりの新作で、吉沢亮や吉岡里帆らが声優を務める長編アニメ映画『空の青さを知る人よ』より、追加キャストが解禁。声優の落合福嗣、大地葉、種崎敦美が参加することが発表された。@@cutter 本作は、不思議な四角関係を描くラブストーリーで、長井監督が手掛けた『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』と合わせ、オリジナル長編アニメ三部作となる。脚本家の岡田麿里とキャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結する。  17歳の高校二年生・相生あおい(若山詩音)は、受験勉強もせず音楽漬けの毎日を過ごし、姉・あかね(吉岡)に心配される日々。13年前に事故で両親を失い、あかねは恋人との上京を断念して、地元で就職し、あおいの親代わりを務めてきた。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉(松平健)が決定。そのバックミュージシャンとしてあかねのかつての恋人であり、音信不通になっていた慎之介(吉沢)が町に帰ってくる。  時を同じくして、あおいの前に、突然しんの(吉沢・二役)が現れる。彼はあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の慎之介だった。思わぬ再会をきっかけに、次第に、しんのに恋心を抱いていくあおい。一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。  落合が担当するのは、あかねと慎之介の同級生で、高校時代にはドラマーとして慎之介とバンドを組んでいた中村正道役。第13回声優アワードで新人男優賞を受賞した落合が、あかねに片想いをするも、いま一歩踏み込めないでいる31歳バツイチの通称“みちんこ”を演じる。  大地は、正道の一人息子で、あだ名は“ツグ”の11歳の小学五年生・中村正嗣役を担当。ツグは精神的に大人っぽく聞き上手なため、いつもあおいの与太話につきあっているキャラクターだ。種崎はあおいの同級生で、バンドマンの彼氏を作るのが目標の大滝千佳役を担当し、慎之介に積極的にアプローチして、しんの、慎之介、あかね、あおいの四角関係をかき回す役どころを演じる。  長井監督は今回参加が発表された3人について「正道はあかねのことを想いながらも踏み込めない不器用で一生懸命なキャラクターで、落合さんが演じて下さったことで思わず応援したくなる愛らしさを加えて頂けたと思っています。正嗣は小学生ながら客観的に物事を見て発言するキャラクターで、大地さんの落ち着きと幼さを兼ね備えた声質と演技がぴったりだと思いました。千佳はストレートな物言いが特徴的でマイペースに誰とでも接する女の子です。種崎さんに演じて頂けたことで、快活さと良い意味でのゆるさを表現して頂けました」とコメントを寄せている。  映画『空の青さを知る人よ』は10月11日より全国公開。

  • 俳優デビュー10周年を迎えた吉沢亮

    吉沢亮、俳優デビュー10周年! “国宝級イケメン”だけじゃない魅力

    エンタメ

     21日に俳優生活10周年を迎えた吉沢亮。放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)では第12回に初登場するや、待ってましたとばかりにファンを喜ばせ、朝から“キュン死”する人が続出。そんな“イケメン”ぶりが話題になりがちな吉沢だが、演技面での評価も高い。作品ごとにキャラクターを見事に演じ分ける、吉沢の魅力を味わえる7作品を紹介していこう。@@cutter■ 腹黒いイケメン! 『仮面ライダーフォーゼ』朔田流星(さくた・りゅうせい)/仮面ライダーメテオ(声)役  吉沢を語る上で欠かせないのが、イケメン若手俳優登竜門として知られる“平成仮面ライダー”シリーズ。仮面ライダーシリーズ生誕40周年記念作『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で、2号ライダーの“仮面ライダーメテオ”に変身する。通常時、外面はいいが内面は腹黒く仲間を裏切るというキャラクターを演じきり、注目を集める存在となった。 ■ クールなイケメン! 『GIVER 復讐の贈与者』義波役 @@insert1  そんな吉沢が演技の幅の広さを見せつけたのが、連続テレビドラマ『GIVER 復讐の贈与者』(テレビ東京系)。吉沢が扮するのは、生まれつき感情が欠落している復讐(しゅう)代行業者の主人公・義波だ。  吉沢は本作で、壮絶な過去を抱える義波をアクションたっぷりに熱演。無表情で淡々と復讐を執行していくが、何をやっても画になるのは吉沢亮だからこそ。吉沢のクールビューティー系の美しさを堪能できる作品として一見の価値ありだ。 ■ 熱いイケメン! 『アオハライド』 小湊亜耶(こみなと・あや)  『フォーゼ』がママを熱狂させたのに対して、10代女子を熱狂させたのが、映画『アオハライド』(2014)。同作で吉沢はフランス人とのクォーターで、友情を大切にする小湊亜耶に扮する。明るくてお調子者という設定もあって、イケメンなのに、物語ではムードメーカー的存在。そんな亜耶が真正面から友人とぶつかり合う熱い姿に、グッとくる人も多かったはずだ。  一方、文化祭シーンで披露するメイド服の姿も、ファンへのご褒美となっている。 ■ 正統派イケメン! 『ママレードボーイ』松浦遊 @@insert2  出演決定時、吉沢が「ついにこの顔面をフル活用するときが来た」とユーモアたっぷりのコメントを出したのが、桜井日奈子とのダブル主演作『マーマレードボーイ』(2018)だ。実は吉沢は、正統派イケメンと呼ばれる役は多くなく、イケメンだけどオタク、秀才の常識を覆してしまうほどバカなイケメンなど、どれも一筋縄ではいかないイケメンばかり。  一方同作では、甘いマスク、頭脳明晰、スポーツ万能と、完璧なイケメン三拍子。さらに金髪も加わり、なんだか王子様のよう。キュンとしたいなら正統派イケメンの吉沢をがっつり楽しめる本作がオススメ。@@separator■ 正反対の“2人”のイケメン! 『キングダム』漂&政 @@insert3  現在大ヒット上映中の映画『キングダム』。吉沢は奴隷の少年と、玉座を奪われた若き王という正反対のキャラクター2役に挑戦。「別人かと思った」「演じ分けがうますぎる」などと大絶賛され、改めて彼の演技力に注目が集まっている。とりわけ、主人公を演じる山崎賢人と剣術の稽古をしているシーンは、美しすぎて呆然としてしまうほど。ここのシーンのためだけでも、劇場に足を運ぶ価値はある。 ■ ぶっ飛んだイケメン! 『斉木楠雄のΨ難』海藤瞬  吉沢が「今までの役者人生の中で一番のハマり役」と自画自賛したのが、コメディ映画『斉木楠雄のΨ難』(2017)で演じた“中二病”のキャラクター海藤瞬。福田雄一監督作だけあって、ムロツヨシ、佐藤二朗ら濃い役者陣がひしめき合う中、抜群のコメディセンスを発揮。走り方、たたずまい、言動、表情など、あらゆるところが面白い。いつもとは違う吉沢なら、これしかないだろう。 ■ 甘えるイケメン! 『猫は抱くもの』良男(猫)  昨年公開の映画『猫は抱くもの』では、自分を人間だと思っているロシアンブルーの猫・良男に。とはいえ、猫が擬人化された物語なので、吉沢は人間の姿で登場。人間の甘えとは一味違う“吉沢猫”の甘えっぷりが、究極の癒やし作品ともいえるだろう。疲れている人にこそ教えてあげたい。  今後も吉沢は、ベストセラー作家・西加奈子の同名小説の実写化『さくら』と、広瀬すずと共演するコメディ『一度死んでみた(仮題)』などがともに来年夏公開予定だ。まだまだ新たな吉沢亮が楽しめそうだ。(文:安保有希子)

  • 「吉沢亮 写真展 2019」囲み取材に登場した吉沢亮

    俳優10周年の吉沢亮、“国宝級イケメン”との評価について聞かれ…

    エンタメ

     俳優の吉沢亮が21日、都内で写真集『Departure』の発売記念写真展イベントに出席した。“国宝級イケメン”という評価について茶目っ気手っぷりに答え、報道陣を笑わせる一幕があった。@@cutter 同写真集は、公開中の映画 『キングダム』や連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/毎週月曜から土曜8時ほか)への出演で話題の吉沢の俳優生活10周年を記念したもの。また同写真集の発売を記念し、全国のhmv museumで「吉沢亮 写真展 2019」も実施。『Departure』のアナザーカットやインタビュー集『Interview』、過去の写真集のカット、さらに5年分のカレンダー65点などを展示する。  囲み取材が行われた渋谷の会場には、大勢の報道関係者が詰めかけた。吉沢は会場に登場するや否や、自身を取り囲む大勢の報道陣に目を丸くした。  写真集のタイトルは「10周年ということで、ここからまた出発する、頑張るという意味を込めました」と説明した吉沢。衣装は私服で、ヘアメイクも自身で実施したそう。プライベートで旅行している雰囲気を演出したとのことで「飾っていない自分を撮ってもらっていただけです。そういう感覚で見てもらえたら楽しいのでは」と解説した。  撮影はロンドン、パリ、ブリュッセルなどで計2週間かけて敢行。当初はロンドンとパリだけでの撮影を予定していたものの、「『他のところも行きたいよね』という話になって。どうせなら、ということで(追加で)現地のカメラマンさん2人にもお願いしました」と明かした。  10年の役者生活を振り返って「あっという間だった。もう10年も経ったのかと。逆にちょっと焦る。今までは、現場で年下であることが多かったけど、今は年下にもすごい役者さんがいます。10年分の成長をちゃんとできているのかな、ちゃんと大人にならなきゃ、と焦りを感じます」と話した。  焦る場面を問われて「『この漢字、なんて読むのかな』ということがあります。25歳なんだから、いい加減、そういうミス減らしたいという瞬間はある。読み間違いも言い間違いも多いです」と笑った。  “ほほ笑み王子”という異名については「“ほほ笑み王子”と言われているのは、たぶんうそだと思う。あまり言われたことがない」と否定し、「緊張するとヘラヘラしがち。つい、ヘラヘラしちゃう。その印象じゃないんですかね」と自己分析した。  さらに報道陣からの「なぜカッコイイのか」という直球質問には「遺伝ですかねぇ」と言いつつ、「4人兄弟でちょっとカッコいい人は僕だけ」と笑った。さらに“国宝級イケメン”という評価について「…ですよね」と茶目っ気たっぷりに答え、報道陣を笑わせた。  吉沢亮インタビュー集『Interview』はワニブックスより発売中。価格は2052円(税込み)。写真集『Departure』はアミューズ公式オンラインサイト「A!SMART」で発売中。価格は3900円(税込み)。

  • 『空の青さを知る人よ』より

    吉沢亮、アニメ声優初挑戦 『空の青さを知る人よ』に吉岡里帆、松平健ら出演決定

    アニメ・コミック

     俳優の吉沢亮が、『あの花』『ここさけ』の長井龍雪監督の4年ぶりの新作となる映画『空の青さを知る人よ』で、長編アニメーション映画の声優に初挑戦することが分かった。ほかのキャストも発表され、吉岡里帆、若山詩音、松平健が顔を揃える。@@cutter 本作は、不思議な四角関係を描くラブストーリーで、長井監督が手掛けた『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』と合わせ、オリジナル長編アニメ三部作となる。脚本家の岡田麿里とキャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結する。  17歳の高校二年生・相生あおい(若山)は、受験勉強もせず音楽漬けの毎日を過ごし、姉・あかね(吉岡)に心配される日々。13年前に事故で両親を失い、あかねは恋人との上京を断念して、地元で就職し、あおいの親代わりを務めてきた。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉(松平)が決定。そのバックミュージシャンとしてあかねのかつての恋人であり、音信不通になっていた慎之介(吉沢)が町に帰ってくる。  時を同じくして、あおいの前に、突然しんの(吉沢・二役)が現れる。彼はあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の慎之介だった。思わぬ再会をきっかけに、次第に、しんのに恋心を抱いていくあおい。一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。  吉沢が演じるのは、ミュージシャンとしての成功を夢見て上京するも売れず、地元の友人たちとも音信不通のギタリスト・金室慎之介と、13年前からやって来た18歳の慎之介・通称“しんの”。初の声優挑戦となる吉沢は、「台本の読み方すらもわからないど素人ですが、監督を信じながら今までのお芝居とは全く異なる視点から役を作っていく時間は、とてもチャレンジングであり、幸せな時間でした」と収録を振り返る。また「長井監督の作品は以前から観させて頂いていて、ファンタジーとリアルが絶妙なバランスで混じり合う世界観の中で必死に叫ぶ登場人物たちの姿に、何度も泣かされました」と長井作品への思いを明かしている。  そんな吉沢演じる慎之介のかつての恋人・あかねを演じる吉岡は「長井監督の作品が本当に大好きで。いつか長井監督の作る世界の中で私も一緒に過ごしてみたいと思っていました。なので相生あかね役に決まったとわかった時は、すごく嬉しかったです」と念願の出演の喜びを語った。さらに「姉妹愛、初恋、故郷への想い……。初めから終わりまで、登場人物達の青さに胸がきゅうっと締め付けられます。わし掴みです」と作品への思いをコメントしている。  映画『空の青さを知る人よ』は10月11日より全国公開。

  • (左から)松坂桃李、田中圭

    松坂桃李1位、田中圭が2位「結婚したい男性俳優」トップ10!

    エンタメ

     7日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系/毎週月曜~金曜11時55分)内のコーナー「超限定マーケティング」で、「20~30代女性に聞いた 結婚したい男性俳優 トップ10」が発表された。@@cutter 第1位は現在放送中のドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で主演を務めている松坂桃李。松坂は現在公開中の時代劇映画『居眠り磐音』のほか、さらに6月28日公開の映画『新聞記者』など主演作の公開ラッシュで、まさに絶好調。    第2位は2018年放送のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレイクを果たした田中圭。田中も現在放送中のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で主演を務めるほか、夏には主演を務める『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の公開が待機中。また9月には三谷幸喜が監督・脚本を務めるコメディ映画『記憶にございません!』への出演も決定している。    第3位には連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)やドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)でブレイクした竹内涼真がランクイン。2019年9月には映画『初恋ロスタイム』、2020年には『太陽は動かない』の公開が予定されている。  続く第4位は連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の天陽役で注目を集める吉沢亮。2020年には『一度死んでみた(仮)』、『さくら』の2本の映画への出演がすでに決定。第5位には、ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)での内田聖陽との共演も話題の西島秀俊。現在公開中の映画『空母いぶき』で主演を務めているほか、9月公開予定の『任侠学園』でも主役を務める。  以下第6位は高橋一生、第7位には中村倫也の名前が。第8位〜第10位には菅田将暉、窪田正孝、竹野内豊がランクインしている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access