原沙知絵 関連記事

  • ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』キャスト陣

    『博多弁』ドラマ、ヒロイン・福田愛依のビジュアル解禁 追加キャストも“チーム福岡”

    エンタメ

     俳優・岡田健史が主演を務め、FBS福岡放送にて7月19日に放送されるFBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』より、タレント・女優の福田愛依が演じるヒロイン・博多乃どん子の制服姿のビジュアルが解禁。また追加キャストとして、俳優の光石研、野間口徹、女優の原沙知絵、森口博子の出演が発表された。いずれも福岡出身。@@cutter 本作は、秋田書店のWEBマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化。東京で暮らす男子高校生・東京が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃どん子の博多弁&博多愛に振り回されながらも、遅咲きの初恋をこじらせていく“上京ラブ・コメディー”だ。  解禁されたビジュアルのどん子は制服姿で校舎の前に立ち、腰に手を当て快活そうな笑顔。演じる福田は「撮影が進む中でキャストさんやスタッフさんから『どん子ちゃんだ!』というお声を沢山頂き…演じている私自身、とても嬉しかったです!! ヒロインという大役を頂いて、初めての事だらけで、本当に新しい挑戦でした。ワクワクもあり不安もありましたが、岡田さんや塚本監督、そして多くのスタッフさんに助けられ、少しずつ自信を持てるようになりました」とこれまでの撮影を振り返る。  光石が演じるのは、京たちのクラス担任・内藤先生。博多グッズで教室が埋め尽くされるのを容認する大らかな男だ。光石は「年々望郷の念が増し、福岡のドラマに出れて光栄の極みです。若いキャストの皆さんにパワーを頂き、最高のグルーヴ! 岡田君の真っ直ぐな眼差し、福田さんの明るさ、最高です」と話している。  原は、京の母で明るく元気な博多女・東雛子役。「故郷の言葉を台詞として話せる事がとにかく光栄な役でした。その反面、難しさにも直面しました。福岡っぽさが伝わるといいなという思いで福岡のお母さんを演じましたので暖かい目で見ていただけたら光栄です!」としている。  森口はどん子の母・博多乃もつ美役。「温かくて快活な博多弁で、家族の愛や友情、地元での出来事を思い出しグッときていました。監督に“コテコテ”のキャラクターで、とリクエストがありましたが、主演の岡田健史君をはじめ、キャストのみなさんほとんど福岡出演だったので安心して、さらけ出せました」と笑顔を見せる。  野間口はラーメン店の店主役。「微力ながら、福岡県を盛り上げる手助けになれることを、とても嬉しく感じています。そして福岡発というだけで、テンションが数段上がることを実感しました」と語る。  ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。

  • 『特捜9』囲み会見に登場した井ノ原快彦

    井ノ原快彦、『特捜9』の変化を示唆「全く色を変えていきたい」

    エンタメ

     俳優の井ノ原快彦が18日、都内で『特捜9 season2』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)の囲み会見に出席した。井ノ原は「今年からは全く色を変えていきたい」とした上で、作風に変化があることを明かした。@@cutter 前シーズンでは巡査部長だった浅輪直樹(井ノ原)が警部補に昇進し、特捜班のメンバーと新たな事件の数々に挑んでいく本作。会見には井ノ原のほか、羽田美智子、吹越満、津田寛治、田口浩正、山田裕貴、原沙知絵、中越典子、寺尾聰が出席した。  井ノ原は「去年はなんとなく、僕の中の年表としては、グラデーションというか、9係もなんとなく残しつつの『特捜9』だったような気がするんですね」と回想。そして「去年、終わってからもずっと、プロデューサーの方とお話ししたりとかした中で、今できることは今やろうということで。のちのち、話もありますけど、体が動く内に動いとこうということで、いろいろ動きも出てくると思います」とアクションを取り入れることを紹介した。  また、キャラクターの関係性については「例えば進藤(山田)と僕が一緒にいたりするんですけど、1年1年それぞれ成長していくので、ちょっとした会話の中でも、成長が見て取れたら楽しいなと思う」とのこと。「今まで見てくださった方たちの、変えてほしくないところもきっとあるだろうし。でもここは見たことなかったなっていう面は、できるだけ出していけたら」と、人物描写にも変化があることを示唆していた。  放送開始後に新元号を迎えることに話が及ぶと、班長役の寺尾は「私の若い頃、それこそ“何とか警察”やってた頃からのお客さんがいらっしゃるとすれば『あ、違う警察署に行ったな』と思ってくれる人もいるだろうし『だいぶ年取ったな』と思う人もいるだろうし。アクションがあると聞いたときに、どういう風になるんだろう、この時代になってとか、そういう風に見るお客さんもいるかもしれない」とコメント。  続けて「ようやく1話・2話で、彼(井ノ原)が指揮命令を下すというポジションに行く。これからスタートだなという感じがして、とっても僕自身、それを楽しみにしている」と、新章の幕開けに期待を込めていた。  『特捜9 season2』はテレビ朝日系にて4月10日より毎週水曜21時放送。

  • (左から)寺尾聰、井ノ原快彦

    井ノ原快彦&寺尾聰の誕生日セレモニーのはずが…山田裕貴、感極まり涙

    エンタメ

     ドラマ『特捜9』に出演する井ノ原快彦、寺尾聰のお誕生日セレモニーが17日、都内の撮影所で行われ、共演する羽田美智子、吹越満、津田寛治、田口浩正、山田裕貴、原沙知絵が井ノ原と寺尾を笑顔でお祝いした。チームの温かさに、山田が感極まり涙を流す一幕もあった。@@cutter 12年と長きにわたり愛されてきた本格刑事群像ドラマ『警視庁捜査一課9係』シリーズのリニューアル版となる本作。新班長(寺尾)のもと、9係に所属していたメンバーが、浅輪直樹(井ノ原)を中心に新部署「特別捜査班」として再編、難事件に立ち向かう姿を描く。  5月17日が井ノ原、翌18日が寺尾の誕生日と、偶然にも連日のお祝いごととなり、今回バースデーセレモニーが実施されることに。  二人の姿が形どられたケーキや花束、そして出演者から思い思いのプレゼントが渡されると、井ノ原と寺尾は弾ける笑顔を見せた。寺尾に「おめでとうございます」と告げた井ノ原は、「本当に出会ってくれて、ありがとうございます。(寺尾の姿を見て)これからの目標が見つかった気持ちになり、俳優も歌のほうもやっていこうと決意ができた出会いになりました」と熱い想いを明かした。すると、寺尾も「皆と出会えて、とても刺激をもらいました。12年続いたドラマに、僕が新入生で入ってきてやりにくかっただろうけど、温かく手を差し伸べてくれたので、とても楽しかったです」と挨拶した。  続けて、「スタートするとき、前々回まで渡瀬(恒彦)さんがやっていたものを“井ノ原だ”という立ち位置でやっていってもらいたいと強めに彼に言いました。責任もひっくるめて、主役のものはとても大きいと思う。毎日やっているのを見て安心しています」と寺尾は優しくねぎらった。  その様子を真摯に眺めていたメンバーだったが、中でも寺尾と同じく本作から新メンバー入りした山田は、ウルウルと瞳をうるませ「感謝の気持ちでいっぱいで…思い出すとすげえプレッシャーを感じていましたけど、おふたりが支えてくださって甘えていいんだなって…皆さんが背中に手を添えてくださって」と話しながら、目からは大粒の涙が。すると、井ノ原が肩を抱きティッシュを差し出し、寺尾も手を差し伸べた。山田は「本当は打ち上げで言おうと思ったのに…、本当にありがとうございます!」と頭を下げ、温かいチームワークを見せていた。  ドラマ『特捜9』は、テレビ朝日系にて毎週水曜21時放送。

  • 『特捜9』出演する吹越満

    “9係”再結集と変わらぬチームワークにファン感涙の『特捜9』第1話

    エンタメ

     V6の井ノ原快彦が主演を務めるドラマ『特捜9』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)の第1回が9日に放送され、ファンにはおなじみだった“9係”メンバーが再結集していく姿に「涙がでた」「9係係長の存在が示されていることに感涙」などの反響が巻き起こった。@@cutter ドラマ『特捜9』は、12年にわたり続いた本格刑事群像ドラマ『警視庁捜査一課9係』が、新たなキャストを迎えてリニューアル。“新班長”の元、9係メンバーが新部署「特別捜査班」として再編、難事件に立ち向かう姿を描く。  渋谷中央警察署刑事課主任となっていた浅輪直樹(井ノ原快彦)は、神田川警視総監(里見浩太朗)から、班長の宗方朔太郎(寺尾聡)と「特別捜査班」を立ち上げるように命じられる。宗方からメンバーを集めるように言われた浅輪は、かつて捜査一課9係で苦労を共にした仲間に声をかけ始める。志保(羽田美智子)には断られ、村瀬(津田寛治)は電話にさえ出ず、唯一話を聞いてくれた矢沢(田口浩正)とは、青柳(吹越満)の元へ説得に行くが、気の無い返事。そんな中、かつての9係のメンバーで現在は東中野署に勤務している村瀬から特捜班へ出動要請が入る。  特別捜査班の創設に向けて、かつての9係のメンバーに再結集を呼びかける浅輪。当初は特別捜査班への合流を断られるものの、捜査を通じて、かつてのメンバーが徐々に浅輪の元に集まってくるという『警視庁捜査一課9係』からのファンにとっては感動的な展開に、視聴者からは「浅輪君の呼びかけで再結集するメンバーに涙が出た」「メンバーが特捜班に入るのを決めるたびにハグしちゃう浅輪君可愛い!」「メンバーが揃うとやりとりに和むわぁ」などの反響が殺到。また、劇中で渡瀬恒彦が演じた9係係長・加納倫太郎の存在を示唆するシーンが登場すると「加能倫太郎の存在が上手に示されていることに感涙」「このドラマの世界には、係長がいるんだと思えるのが嬉しい」「キャストやスタッフが渡瀬さんがそこにいるように接してくれているのは嬉しい」などの声もSNS上に投稿された。  また、本作から新キャラクターとして登場する山田裕貴演じる若手刑事・新藤については「大好きなチームに山田君もメンバー入りするなんて最高!」「とにかくフレッシュ」などの意見も寄せられていた。  新ドラマ『特捜9』は、テレビ朝日系にて4月11日より毎週水曜21時放送。

  • テレビ朝日2018年4月クール『特捜9』記者会見に登場した井ノ原快彦

    井ノ原快彦、自身の原点は『西部警察』と寺尾聰 本人を前に告白

    エンタメ

     井ノ原快彦、羽田美智子、吹越満、津田寛治、田口浩正、山田裕貴、原沙知絵、中越典子、寺尾聰が、27日に都内で開催された新ドラマ『特捜9』(テレビ朝日系/4月11日より毎週水曜21時)の記者会見に出席した。井ノ原は寺尾が出演していた『西部警察』が芸能界入りのきっかけだと明かした。@@cutter 『警視庁捜査一課9係』シリーズのリニューアル版となる本作は、浅輪直樹刑事(井ノ原)ら「9係」に所属していたメンバーが、新班長・宗方朔太郎(寺尾)のもと、新部署「特別捜査班」で再結集し、難事件に立ち向かう姿を描く。井ノ原は「12年間やってきたこのチームワークの中に、寺尾さんと山ちゃんが来てくれることで、今までになかった自分というか、直樹とかそれぞれの役が、今まで知らない自分というものが出てくるんじゃないかと思って、それをすごく期待している」とコメント。  芸能界に入ったきっかけは、寺尾が“リキ(松田猛)”を演じていた同局の『西部警察』だったそうで、「リキが死んじゃったときに、絵を描いて仏壇に飾ったという思い出がありまして。その時からずっと流れに流れて、こうやって出会えたっていうのがすごくうれしい」と感慨深げ。同作の影響で子供の頃の夢が警察官だったことも明かし、「父親から『ショットガンとかはぶっ放せない』と聞いて、あ、そうなんだ。てことはどうすればいいのかっていうと、芸能人になればいい。それで途中から芸能人に夢が変わった」と語った。  また、寺尾の音楽活動にも触れ「リキが別の番組で歌っているという(笑)。なんでこの人は刑事なのに歌っているんだろう?っていうこともあって、それがちょっと僕の原点でもあって。歌っててもお芝居してていいんじゃんって今でも思っている」と、寺尾から多大な影響を受けている様子だった。井ノ原の話を嬉しそうに聞いていた寺尾は「『西部警察』で散々荒唐無稽な警察をやっていたものですから、ちゃんとした警察に入るのがすごくドキドキしていて」と心境を明かし、共演者を笑わせていた。  新ドラマ『特捜9』は、テレビ朝日系にて4月11日より毎週水曜21時放送。

  • 新ドラマ『特捜9』 に若手刑事・新藤亮役で出演する山田裕貴

    山田裕貴、井ノ原快彦率いる4月スタート『特捜9』新メンバーに

    エンタメ

     俳優の山田裕貴が、井ノ原快彦が主演する新ドラマ『特捜9』(テレビ朝日系/4月11日より毎週水曜21時)に出演することが発表された。山田は『警視庁捜査一課9係』シリーズがリニューアルする本作について「あの素晴らしいキャストの皆様の中で『絶対に埋もれてはダメだ』と『この春、生き残らなきゃ』と強く思いました(笑)」とコメントを寄せている。@@cutter 『警視庁捜査一課9係』シリーズのリニューアル版となる本作は、浅輪直樹刑事(井ノ原)ら「9係」に所属していたメンバーが、新班長・宗方朔太郎(寺尾聰)のもと、新部署「特別捜査班」で再結集し、難事件に立ち向かう姿を描く。山田が演じる新藤亮は、特捜班に加入する元新宿中央警察署刑事課の若手刑事で、積極的で実直ではあるが、その一方でゆとり世代的な若者気質の持ち主。性格からか、時に軽々しい発言をしてしまい、直樹に怒られたり、特捜班のメンバーと衝突したりすることもあるキャラクター。これまで「9係」で一番の若手だった直樹が、初めて迎える“後輩刑事”をどう扱いながら捜査に向かうのかも注目だ。  山田は「初めてお話を聞いたときはあの絶妙なコンビネーションのチームに入り込んだらどうなるんだろうと少し楽しみでもあり、あの素晴らしいキャストの皆様の中で『絶対に埋もれてはダメだ』と『この春、生き残らなきゃ』と強く思いました(笑)」とコメント。また「情熱と冷静さを忘れず、プレッシャーをうまく原動力にしてしっかり皆様と役に食らいついて、役を生きようと思います。そして、今まであまり山田裕貴を知らなかった皆様にも、新藤亮を通して山田裕貴という俳優を記憶に残してもらえるよう一瞬、一瞬を大切に撮影に臨みます」と意気込みを明かしている。  本作には山田や井ノ原、寺尾のほかに、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、原沙知絵、中越典子も、「9係」シリーズから引き続き出演する。第1話では、縄文土器の発掘現場で発見された美穂(実咲凛音)という大学講師の遺体の謎に直樹らが挑むことになる。直樹らはやがて事件の核心に触れ、さらには、徐々に警察組織の闇へと近づいていく。  新ドラマ『特捜9』は、テレビ朝日系にて4月11日より毎週水曜21時放送。

  • 竹野内豊、『オリンピックの身代金』制作発表記者会見にて

    竹野内豊、究極の選択に苦笑 「黒木メイサと吹石一恵のどちらがお好み?」

    エンタメ

     テレビ朝日系にて11月30日・12月1日の2夜連続で放送するスペシャルドラマ『オリンピックの身代金』の制作発表記者会見が31日に行われ、出演者の竹野内豊、松山ケンイチ、黒木メイサ、泉谷しげる、柄本明、大杉漣、黒川智花、斎藤工、笹野高史、沢村一樹、速水もこみち、原沙知絵が参加した。@@cutter 『オリンピックの身代金』は、直木賞作家・奥田英朗による傑作サスペンス小説が原作。1964年、オリンピックを間近に控えた東京で、警察幹部宅と警察学校で不審火が発生するが、なぜか警備当局は厳重な緘口令を敷く。偶然そのことを知った警視庁捜査一課の刑事・落合昌夫(竹野内)は、本件の極秘捜査チームの一員に加わるが、上層部からの捜査妨害もあり一向に事件の真相が見えてこない。刻一刻とオリンピックの開幕が迫る中、有力容疑者である東大生・島崎国男(松山)の交際相手が、妹の有美(黒木)であることを知る。  主人公の竹野内は、「50年前のオリンピックが舞台なので、当時の時代背景をどのように再現するのか不安がありましたが、スタッフの皆さんと力を合わせて、名古屋、北九州、韓国などでロケをしてきました。非常にスケールの大きなドラマに仕上がっているので、ぜひ楽しんで下さい」とPR。竹野内に追われる役の松山も、「心が震えるような素晴らしい台本でしたが、一番印象的なのはキャストの豪華さで、どのシーンにも主役級の役者さんが出ています。こんな作品は見たことがないですし、自分がその中に入ることが出来たのはとても幸せです。絶対最高の作品になっていると思います」と熱く語った。一方、裏社会の便利屋キンを演じた泉谷しげるは、「こういう役がさ、こういう場所に出て良いのかと思うな。俺はここに来るのは反対したんだよ。何で来なきゃいけないんだよ。何でもかんでも呼ぶんじゃないよ、テレ朝! というわけで、よろしくお願いします」と、相変わらずの怪気炎。  2ヵ月以上に及ぶ撮影でのエピソードを聞かれた松山は、「僕の出ているシーンは刑事役の皆さんとは接する機会がなく、高野さんや黒木さん、いろいろな人と一緒で、ワンシーンごとの出会いが面白かったですが、特に泉谷さんとの出会いは衝撃的でした。初めてご一緒しましたが、笹野さんと泉谷さんの話を聞いているだけでも面白かったです。一番印象的だったのは映画料金の話で…関係なくてスミマセン。批判とか出て来るので」と急遽自主規制。話を引き継いだ泉谷は、「松山は俺らの話が面白すぎて入ってこられないだけなんだよ。映画の料金をもっと安く出来ないかというけれど、俺はこの手間を考えると今でも安すぎると思うんだよ。このドラマを映画にしたら2000円はとりたいな」と、映画談義も飛び出した。  取材陣から、吹石一恵が演じた貞節な大和撫子のような落合の妻・晴美と、黒木メイサが演じる情熱的な有美のどちらが好みか聞かれた竹野内は、「何ですか、この質問。黒木さんと吹石さんなら、どちらでも良いに決まっているじゃないですか? 」と苦笑気味。既婚者の松山は、「どっちもです」と無難なひとことで切り抜けた。  会見中には、最後の映画看板絵師と言われる久保板観による本作の看板が披露され、除幕式を行った竹野内と松山は感動した表情。近づいた笹野は、ポケットから取り出したスマホで撮影を始め、会場の笑いを誘った。  スペシャルドラマ『オリンピックの身代金』は11月30日・12月1日(2夜連続)ともに21時より放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access