森口瑤子 関連記事

  • 映画『万引き家族』に出演する、(上段左から)池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、(下段左から)柄本明、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美

    是枝裕和監督最新作『万引き家族』 池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら実力派俳優陣集結

    映画

     是枝裕和監督の最新作のタイトルが『万引き家族』に決定し、新キャストに池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、柄本明、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美が出演することが分かった。@@cutter 本作は、映画『誰も知らない』以来、様々な家族のかたちを描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る渾身の新作。犯罪で生計を立てる一家をめぐり、新たな家族の物語を描く。  一家の父役をリリー・フランキー、父親と万引きに精を出す息子役を城桧吏、妻役を安藤サクラ、安藤サクラの妹役に松岡茉優が扮する。さらに、祖母役を樹木希林が担当し、父親が家に連れ帰る少女を映画初出演となる佐々木みゆが演じる。  今回新たに、松岡が働くJK見学店の常連客「4番さん」役で池松壮亮、主人公一家の「仕事」を捜査する刑事役に高良健吾と池脇千鶴、一家の子供たちを見守る駄菓子屋の店主役を柄本明が演じることが発表された。その他に、緒形直人、森口瑤子らベテラン俳優陣に加え、若手俳優の山田裕貴、片山萌美といった豪華俳優陣が集結する。  是枝組2度目の参加となる池松は「非常に短い時間で名前もない言葉も発しないという役でしたが、いつまでもこのままいれたらと思ってしまうような豊かな時間をいただきました」と撮影を振り返っている。  是枝組初参加の高良は、「これが是枝組かという演出を経験でき、興奮しました。現場に入ると必ずある緊張感ともいい距離感で接する事ができたのは、是枝組の雰囲気のおかげだと思います」と語り、同じく初参加となる池脇は、「監督は、現場で台詞を追加して、その台詞を他の俳優さんがアドリブで答えるという生の反応を欲しがる方なんだなと思いました。そしてそれをとても楽しんでやられていて、どう転んでも正解ということも分かった上で、すごく絶妙な質問を書かれたり、生きたお芝居を、各々が持っている感性を引き出されるのかなと思いました」と撮影の様子を明かしている。  本作のタイトルについて、是枝監督は「実は、万引きする人たちのお話であると同時に、万引きされた人たちの物語でもあるという二重の意味を込めたタイトルなのですが、そこは出来上がった映画を観て頂くとご理解頂けるのではないか、と思っています」と語っている。  映画『万引き家族』は6月より全国公開。

  • スペシャルドラマ『女優堕ち』で初主演を飾る葵わかな

    葵わかな、ベテラン女優と“宝塚”で意気投合 若手注目株の素顔とは

    エンタメ

     『mineo(マイネオ)』CMのグリーンの魔女姿で印象を残し、ドラマ『マネーの天使~あなたのお金、取り戻します!』ではクールな女子高生役を演じて注目度上昇中の葵わかな。今月放送のスペシャルドラマ『女優堕ち』ではついに初主演を果たす。一人の少女がデビューし人気女優になっていく姿を描く本作。葵自身ともリンクする部分があるようだ。@@cutter 原作は河原れんの同名小説。女優を目指して家を飛び出した少女が、一世を風靡するほどの大女優となっていく姿を、葵と森口瑤子で演じ分ける。初主演ということで、今までの作品と違う感覚はあったのだろうか。「主演となると、場の空気を左右する存在なのかなと思ったんですけど、でも今の私にそれができるわけではないし、いつも通り真摯にお芝居してそれが伝わればいいかなと思っていました」と話す。  葵が演じる三津子は、幼少期から母が運営する劇団で旅役者として育てられるが、家出し芸能事務所に押しかけ「所属させてほしい」と懇願するという、行動力のある少女。「今までおとなしかったり健気な役が多かったんですけど、三津子はどん底から這いあがるような底力がある子。発散するものが大きくて熱くて、演じていて疲れるんですけど、スッキリしました」と笑う。  葵が事務所に入ったきっかけはスカウト。「小学5年生の時に『テレビに出たい』と思って、オーディション用の写真を撮りに原宿へ行ったときに、今の事務所にスカウトしていただきました。グイグイ行く前に決まった感じです」と振り返る。  三津子は所属後オーディションには落ち続けるが、葵の場合はわりと早い段階で初仕事が決まったという。だが約6年の芸能活動の中ではオーディションに落ち続ける時期も経験した。「オーディションって難しい。想像だにしなかった時に受かることもあるし、ほんとに何が正解なのかわからないですね。運だなと思う時も。もちろん努力できるところは努力すべきですが…」。@@separator 今回は森口瑤子とW主演。初対面の第一声が「はじめまして、葵わかなです。森口さんは宝塚がお好きなんですか?」だったそう。二人とも大の宝塚ファンなのだ。「森口さんも『誰が好きなの?』と聞いてくださって、そこから話が弾んでいろんなことを話しました。『あの時のあの公演観に行った?』とか」と満面の笑みを見せる。  共演する『女優堕ち』、タイトルからしてヘビーな雰囲気だが、いきなりミュージカルシーンが始まったり、コミカルな演出も多いという。「ミュージカルは嬉しかったですね。すごくやりたいと思っていたので」と、宝塚好きとしては心から嬉しそう。  今月末にはオフィシャルカレンダーを発売。昭和レトロ感溢れる風景の中、“脱・少女”な表情を見せている。「私はレトロっぽいものや、お茶とか和のテイストが好きなので、そういう感じを出したいなと」と語る。そういった趣味で話が合う友達がいるのか問うと「学校でなかなか話が合う子はいません。宝塚も一人で観に行っています」と苦笑いした。(取材・文・写真:田中裕幸)  『オフィシャルカレンダー 2016.4→2017.3』は3月30日に発売。4月2日(土)にはパルコブックセンター渋谷店で発売記念イベントが行われる。ドラマ『女優堕ち』は3月23日・30日、23時よりBS朝日で放送。  ワンピース/near.nippon(near.)

  • 滝藤賢一と前川泰之、部下と上司の図式が再び!

    滝藤賢一主演ドラマ『俺のダンディズム』追加キャスト発表!前川泰之が再び上司役

    エンタメ

     今話題の俳優・滝藤賢一が連続ドラマ初主演する『俺のダンディズム』の追加キャストが発表された。@@cutter 本作は、思わず明日話したくなるような、腕時計、靴、万年筆といった「男性アイテム」の歴史やうんちく、購入する上での大切な情報を学びつつ、「その気持ちわかる! 」と思えるユーモラスなドラマが楽しめる“ダンディズムドラマ”。  昨年一世を風靡したドラマ『半沢直樹』で主人公の同僚を演じ、鬼気迫る印象を残した滝藤賢一が、今回は「ダンディになりたい男」を演じる。  そして、本作を彩る豪華キャストも決定。遠藤演じる主人公・段田が密かに恋心を抱く部下役に石橋杏奈、 女性人気の高いダンディな上司役に前川泰之、 段田が見ているテレビ番組「ダンディズム講座」の講師役にパンツェッタ・ジローラモ、ダンディアイテムを売る怪しげな店「マダムM」の美人店主を森口瑤子が務める。  ヒロイン役の石橋は、「先輩方の盗めるところは盗んで良い作品を作りたい」と謙虚な姿勢を見せつつも、「あの人にこれをプレゼントしたいなぁなど面白い見方ができるので、女性の方も絶対楽しめると思います」と女性の視点から見どころをアピール。また、『半沢直樹』で滝藤と共演した前川は「滝藤さんのお芝居と姿勢に沢山の刺激を受け、『素敵な役者さんだなあ、また共演したいなあ」と思っていたので本当に嬉しいです」と喜びのコメント。十数年のモデル経験を生かし、ダンディ役に挑みたいと意気込んだ。  ジローラモはドラマに出演したかったそうで、「『ジローラモ』の良さをドラマでも表現できるように頑張ります」と気合十分。ミステリアスな店主役の森口は「私の商品説明の台詞量が膨大なのが気になりますが…」と不安を見せつつも「以前から滝藤さんの泣く寸前のような困った顔が魅力的と思っていました。その滝藤さん演じるおしゃれに自信のない男性をいじめつつ(笑)さらに魅力的な男性にしたいです」と頼もしいコメントを寄せた。  『俺のダンディズム』(毎週水曜23時58分~24時45分)はテレビ東京系にて4月16日放送開始。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access