佐々部清 関連記事

  • (左から)読売テレビ開局60年スペシャルドラマ『約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~』完成披露試写会・トークイベントに登場した百田夏菜子、土屋太鳳

    土屋太鳳、ももクロ・百田夏菜子の存在に感謝「本当に心強かった」

    エンタメ

     女優の土屋太鳳が、ももいろクローバーZの百田夏菜子と共に19日、都内で開催された読売テレビ開局60年スペシャルドラマ『約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~』完成披露試写会に登壇。土屋は撮影中、百田の存在が心強かったといい、「心より感謝しています」と笑顔を見せた。@@cutter 本作は、1970年代に放送されていた読売テレビ制作の歌唱オーディション番組『全日本歌謡選手権』を勝ち抜いて、歌手デビューを目指す少女2人の物語。イベントには、共演した向井理と佐々部清監督も出席した。  土屋は佐々部組で演じることで、今までとは違う役との向き合い方ができたそう。「今までは自分を消し去って役を生きようとしてたけど、今回演じるつばさはつばさの中に私がいて、私自身が生きていいんだよって言われてる気がして。あと何年か後に、あの時が変化だったんだと思うような時間でした」としみじみ。  また、つばさを導いてくれる存在を演じた向井と矢田亜希子については「デートはここがいいよとか、横浜のおすすめの場所を教えてくれて。大人な話ができて、すごく楽しかったです」と撮影を振り返る。  そんな中、百田とはすごく仲が良くなったといい、百田も「私は同世代の女優さんと過ごすことが普段ないのですごく新鮮だし、大切な時間だった」と明かし、「太鳳ちゃんは普段から感謝をストレートに伝えてくれる。一緒に出てないシーンの時も連絡をとっていて、ずっと気持ちが通じ合っていた感じでした」と満面の笑み。  そんな土屋と百田について、向井は「年の離れた妹のように見守っていました」と言及。佐々部監督も「本番って言うまでずっとしゃべってた。何回か“うるせー”という瞬間もあったけど、親密感が画に出ると思ったので、我慢してました」と明かし、会場の笑いを誘っていた。  劇中では、土屋と百田が70年代風の歌と踊りを披露しているが、振りはアイドル活動をする百田を中心に2人で話し合いながら決めたという。土屋は「夏菜子ちゃんは隣にいて、曲が流れただけでスイッチが入る。改めて尊敬しました」と賛辞の言葉を贈っていた。  読売テレビ開局60年スペシャルドラマ『約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~』は、読売テレビ・日本テレビ系にて2月22日21時放送。

  • 映画『この道』クランクアップ報告会見

    大森南朋&AKIRA主演、北原白秋と山田耕筰の秘話を映画化

    映画

     大森南朋とAKIRAが主演する映画『この道』の公開が決定。そのクランクアップ報告会見が、箱根の老舗・富士屋ホテルで行われた。大森とAKIRAは自身が演じる北原白秋と山田耕筰の人生について、共に「波乱万丈」であることに驚きながら役に挑んだと明かした。@@cutter 本作は、九州から文学を志し上京した稀代の詩人・白秋(大森)と、洋行帰りの気鋭の音楽家・耕筰(AKIRA)らが生み出した日本の童謡の誕生100周年を記念しておくる人間ドラマ。児童雑誌「赤い鳥」を創刊した鈴木三重吉(柳沢慎吾)に引き合わされた二人は当初反目し合うが、関東大震災の惨状を機に手を取り合い、子供たちを元気づける曲を次々と世に送り出す。しかし戦争が近づく中で軍歌の作成を命じられ…。  童謡のふるさと・神奈川県小田原を舞台した本作のクランクアップは2月末、白秋と耕筰が愛した創業140年の富士屋ホテル。そのまま行われた会見には、白秋が師と仰ぐ歌人・与謝野鉄幹役の松重豊、その妻で白秋の姉のような存在の女流詩人・与謝野晶子役の羽田美智子、白秋の最初の妻・松下俊子役の松本若菜、白秋の3番目の妻・菊子役の貫地谷しほりら、メガホンを取った佐々部清監督も登壇した。  大森は「北原白秋という人物について、イメージではすごく真面目で難しい人なのかなと思っていたのですが、こんなに波乱万丈の人生で人間味あふれた素敵な人物だったと初めて知りました」とコメント。クランクイン前には白秋の生まれ故郷・福岡県柳川も探訪したそうで、「(故郷を思う)『この道』の歌の世界に凄く引き込まれました」と語った。  AKIRAは「色々と調べて、ものすごく波乱万丈な人生を送られていたというのは分かっていた」としながら、台本を通して「それを超える北原白秋との熱くも可笑しい素敵な青春」を知ったと述懐。耕筰の36歳、52歳、66歳を演じ、さらに指揮、バイオリン、ピアノを披露した本作について「時代が違う中で同じ役を演じるのはとても大変でしたし、ものすごくやり甲斐のある作品でした」と振り返った。  佐々部清監督は「ある意味で日本の偉人伝なのですが、偉人伝はやりたくないなと思っていました」と話し、「人間臭くてちょっと滑稽で悲しくて可笑しい、そんな有名人の話だったらやれそうな気がしまして、そんなことをやろうと最初に大森君とAKIRA君と話しました」と明かし、「2人のコンビネーションがとても上手くいき、夫婦のようで奇妙な友情物語になっていると思います」とアピールした。  映画『この道』は今秋より全国公開。

  • 映画『東京難民』について語ってくれた中村蒼 

    中村蒼、“俳優として”高良健吾から「いろいろ刺激を受けています」

    映画

     ネットカフェ難民、ファーストフード難民など、ここ数年で新たに誕生した言葉たちがある。ヨコ文字が入ると、問題意識が薄れそうだが、これらの言葉はいまの日本に、格差社会が広がっていることを如実に物語っている。『半落ち』『ツレがうつになりまして』の佐々部清監督が手掛けた『東京難民』では、普通の大学生があっという間に転落し、底なし沼でもがく様が、他人事とは思えぬリアルさを伴って描かれる。主人公の修を演じた中村蒼に単独インタビューした。@@cutter どこにでもいる大学生だった修は、父の失踪をきっかけに授業料の未払いから大学を除籍。アパートを追い出され、ネットカフェ難民に。やがて新薬開発のための治験バイトやホストを経験し、果てはホームレスにまで落ちてく。その一連の波が、たった半年の間に起きていく。  「こういった社会問題をテーマにした作品に主演させていただくのは初めてでした。挑戦のしがいがあると、やってみたい気持ちは強かったです」とクランクイン前の気持ちを振り返る中村。ただ最初の頃は修を好きになれなかったとも。  「なんでも人任せだったり、恵まれた環境を当然のように考えていて、ちょっと嫌なヤツだなって思うこともあったんです。でも実際に演じてみたら、普通の青年なんだって思いました。自分も学生の頃は、いろんなことを当たり前に感じていたし」と逆に身近な青年だと感じるようになったとか。  「それに修は落ちていく状況の中で、出会う人たちとちゃんと向き合うようになっていくんです。今までは人のせいにしていたのに、自分の未熟さに気づいて、逆に心は満たされていったんだと思う」。  とはいえ修が半年間で体験する出来事は、過酷のひと言。芝居とはいえ、1本の映画でこれほどの経験をするのは中村も初めてだったはずだが、それも役者冥利と笑顔を見せる。「楽しいですよ。こうやっていろんなことをできるのは、俳優という仕事だからこそですから」。だが、それぞれの仕事に対する大変さを痛感したのも事実だ。「ホストも土木作業員も、治験のバイトも、楽なものなんてひとつもないんだと感じました」。@@separator ほぼ順撮りで行われたという撮影。佐々部監督の現場は常にいい意味での緊張感が持続していた。「まったく隙を作れないというか、油断できない。どうしても毎日同じ人たちと仕事をしていると、多少の慣れというのは出てきてしまいがちですよね。でも、この現場には一切それがなかった。毎回毎回、背筋を伸ばして現場に行かないといけなかった。『東京難民』では、特にそういう姿勢が必要だったと思うので、本当にありがたいと思っています」。  出来上がった本編をまだ客観的には観られないとはにかむ中村。特に、転落していく様子をじっくり見せる前半部分は、ほぼ中村ひとりで物語を引っ張る形となっている。「大丈夫かなって思っちゃいました。お客さん、僕の顔ばかりこんなにずっと見ていて、帰っちゃうんじゃないかって(笑)。でもあれがないと後半が生きないと思うし、孤独にポツンといる姿とか、社会から切り離されたような空間で、パソコンを叩く音だけが響いている感じとかは、すごいなって思いました。僕個人の問題としてはもっとできたんじゃないかとか、どうしても考えてしまいますが、でもそのときの自分は一切手を抜いてはいないので、後悔はしていません」。  もともとジュノン・スーパーボーイ・コンテストで、グランプリに輝き芸能界入りした中村。最初は役者になりたかったわけではなかったという。しかし現場で怒られることが多かった『ひゃくはち』(08 )が完成したときに、純粋に作品自体にとても感動し、その瞬間、「あ、これに出られてよかった」と大変だった出来事がすべてチャラになり、それどころか、「こういう嬉しさを感じられるなら、今後も俳優を続けていきたい」と思えるようになったのだとか。  その『ひゃくはち』でも共演した高良健吾とは今でも親交が厚く、「頻繁に会ったりはできないですけど、いろいろ刺激を受けています」とのことで、会うと話が“俳優として”の方向に行くことも多いと教えてくれた。  最後に本作を待っている人に向けてメッセージをもらった。「今日を生き抜くのが大変な人たちがたくさんいて、そういう中で僕らは普通に帰れる家があって、普通にモノを食べられている。それってとても幸せなこと。これを観る方にも、同じ気持ちを抱いてもらえたり、前や後ろだけじゃなくて、右も左もちゃんと見て、周りにある幸せをしっかり感じてもらえたらなと思います。それと、辛い話ではありますが、きっと最後には希望が感じられるはずです」。(取材・文・写真:望月ふみ)  『東京難民』は2月22日より全国公開。

  • 『東京難民』公開直前トークイベントにて

    長州小力ら“芸人難民”、ソチ五輪銀メダリスト・葛西選手の“追い風”を羨む…

    映画

     2月22日公開の映画『東京難民』公開直前トークイベントが、17日都内で開催され、“芸人難民”のコウメ太夫、ダンディ坂野、長州小力が登壇した。@@cutter 本作は、東京を舞台に格差社会のゆがみの中でもがく若者たちのリアルな姿を真正面から暴いた衝撃作。現代社会を描くことに定評の高い佐々部清監督(『半落ち』)がメガホンをとり、今最も期待される若手俳優の一人、中村蒼がホームレスに転落する大学生を演じる。  登場した3人の芸人は、某お笑い番組で大ブレイクを果たすも、あっけなくブームは去就。今では“芸人難民”として格差の激しい芸能界をさまよう面々だ。  冒頭からヤフーニュースに掲載されようと必死にネタを披露してもがくが、空回り。コウメ太夫に至っては、邦画であるにも関わらず「字幕で観た」と発言し、未鑑賞疑惑が持ち上がり、小力から激しく追及される場面も。一方、真面目に鑑賞したダンディは、「冒頭10分でかなり落ちているのに、残り120分でどこまで落ちていくんだ…。底なしだな」と本作に描かれた恐怖を語った。  そんな映画にちなみ“芸人難民”として呼ばれた3人だが、嫌がるどころか新たに“称号”を手にいれて「逆に有り難い」のだとか。「漂流芸人、遭難芸人としても呼んでください」とアピールするなど、前向きな姿勢を見せた。  また、先日のソチ五輪・ノルディックスキー・ジャンプで銀メダルを獲得した葛西紀明選手についても触れ、「本当に凄い」と称賛。同じアラフォーの小力は、「僕たちも飛んでいる。早く飽きられると思いきや、よく頑張っている」と自身の頑張りを評価。ところがダンディから「ただ、風向きが変わっただけ」とツッコまれ、会場は笑いに包まれた。  ともあれ、芸人として再起をかけて逞しく生きる姿はプレ難民といったところか。落ちたら最後、本当の難民の姿はここにある…。 『東京難民』は2月22日より全国公開。

  • 『東京難民』完成披露舞台挨拶に登場した中村蒼、大塚千弘、青柳翔、佐々部清監督

    中村蒼が格差社会にもがく若者を熱演! 佐々部清監督「安倍首相に観てほしい!」

    映画

     映画『東京難民』のマスコミ向け完成披露試写会・舞台挨拶が5日に行われ、本作に出演する中村蒼、大塚千弘、青柳翔、そして佐々部清監督が登壇した。@@cutter 本作は、“ネットカフェ難民”や“ファーストフード難民”たちの実態、華やかなホストの秘密のビジネス、“日雇い労働”の信じられない条件など、タブーとされる裏社会の素顔に容赦なく迫り、真正面からリアルに描き出すことで、いまだ存在する格差社会に真実を突き付ける問題作。主演は、今最も期待される若手俳優の1人、中村蒼。そのほか、大塚千弘、劇団EXILEの青柳翔、山本美月、中尾明慶、金子ノブアキらが出演している。  社会のどん底まで落ちていく主人公・時枝修を演じた中村は「僕が100%出来ることをカメラの前で表現して、みなさんにメッセージが伝わればと思って演じました」と充実の表情で挨拶。人生を踏み外していく看護士の北条茜を演じた大塚は「この作品は私にとって色々なことを変えてくれた作品。私自身も15歳のときに東京に1人で出てきて夢を追いかけていたので、私の演じた茜にかぶる部分がありました」と話し、修の先輩ホスト・順矢を演じた青柳は「僕としては本当にチャレンジとなる役柄でした。実際にホストの現場を見学させていただいて、ホストの方とお話したら、夢に向かってがむしゃらに生きているところは僕と同じで共感できました。でも、ホストの“コール”だけは大丈夫かなって不安になりましたね。ホストの方が丁寧に教えてくださったので楽しめましたけど(笑)」とホストクラブでの撮影エピソードを披露した。  佐々部監督は「『東京難民』という漢字四文字の映画です。東京五輪なんかやってる場合じゃないぞという気持ちで作りました(笑)」と挨拶すると、主役を中村に決めた理由として「事務所の僕のデスクに1年くらい中村君のプロフィールがあって、気にかかってたんです(笑)。彼は作らずとも“難民感”があり、彼の持っている天然さ、真面目さが主人公・時枝修にきちっとはまる気がしました」と説明。これに対し、主役に大抜擢された中村は「今までやったことのない役でしたし、すごく不安でした。でも有り難いことに、ほぼ順撮りだったので、気持ちの作り方には苦労はなかったです。ただ、精神的に落ちる役柄なので常に現場ではいつもの自分ではなかったですね」と撮影を振り返った。  格差社会のゆがみの中でもがく若者たちのリアルな姿を描いた本作について中村は「ネットカフェ難民とか日雇い労働とか、自分の中ではなんとなくリアリティがなくて、別の世界の人たちだと思っていました。実際に修を演じてみると、自分がこうなってもおかしくないと感じました。誰もがどん底に落ちてしまうかもしれないという意味で、結局はみんな一緒なんだと思います」と語り、佐々部監督も「僕が35年前に東京へ出て来たときもお金がなく大変だったけど、当時は夢が語れていたんです。今の若者は夢が語れないというのがあるので、若い人たちに観てもらって自立するためのことをちゃんと考えてほしい。そして、安倍さん以下政治家にも観てほしい。来週にでも安倍さんにDVDを送ろうと思います(笑)」と若者だけでなく安倍首相に向けて問題提起し、熱弁を振るった。    最後に中村は「僕はこの映画に出演してから、これまでの当たり前の人生を本当に大切に思うようになりました。皆さんにもこの映画を観ていただいて、毎日毎日を大切に過ごしてもらって、明日から頑張ろうという気持ちになってもらえたら」とメッセージを送り、本作をPRした。    映画『東京難民』は2014年2月、全国ロードショー。

  • 『東京難民』のために「旅人」を書き下ろした高橋優

    格差社会でもがく若者を描いた『東京難民』主題歌、高橋優の書き下ろし「旅人」に決定

    映画

     2014年2月に全国公開される中村蒼主演の映画『東京難民』の主題歌が、高橋優の「旅人」に決定した。@@cutter 高橋は、映画『桐島、部活辞めるってよ』の主題歌「陽はまた昇る」で注目を集めたシンガーソングライター。ストレートな言葉で表現した歌詞が、多くの若者の心を掴んでいる。  本楽曲「旅人」は、映画のために書き下ろしたもの。高橋は、「東京に住んで6年になります。6年住んでも未だ、あのスクランブル交差点を行き交う人たちは何処へ向かっているんだろう? と見入ってしまう自分がおります。あの人たちにとって、自分にとって、今居るこの街はどんな場所なのでしょう。『東京難民』を観ながらそんなことを考えさせられました。その疑問と、自分なりの考えをしたためるように『旅人』という曲を書きました」と作品に込める思いを語った。  『東京難民』は、格差社会のゆがみの中でもがく若者たちのリアルな姿を真正面から描いた衝撃作。ネットカフェ難民やファーストフード難民たちの実態、華やかなホストの秘密のビジネス、日雇い労働の信じられない条件といった、タブーとされる裏社会の素顔に容赦なくせまり、格差社会の真実を突きつける。  どこにでもいる大学生だったのに、父親の失踪からホームレスにまで転落する主人公・時枝修を演じるのは、話題作への出演が相次ぎ、今もっとも期待される若手俳優の1人である中村蒼。ホストになった修に入れこみ、人生を踏み外していく看護師の北条茜は大塚千弘。修の先輩ホスト順矢には、劇団EXILEの青柳翔。ホストクラブの常連客、瑠衣には山本美月。その他、中尾明慶、金子ノブアキらも出演している。  監督は、『半落ち』、『ツレがうつになりまして。』など、現代社会を描くことに定評の高い佐々部清。本作では、バイオレンスやエロスにも果敢に挑戦、新境地を開拓した。  ごく身近な若者たちが、なにげない選択で人生を転落していく様を、高橋優の切ないながらも希望を感じさせる歌詞と、心に響く熱い歌声が彩っている。

  • 『東京難民』

    「精神的にも体力的にも大変でした」中村蒼が転落していく『東京難民』公開決定

    映画

     中村蒼が主演する映画『東京難民』の公開が決定した。同作は、大学からの除籍をきっかけに、ネットカフェ難民からホスト、果てはホームレスにまで転落した若者を描いた青春群像劇。@@cutter 東京の三流大学に通う時枝修(中村)は、ある日、学費の未払いを理由に大学を除籍されてしまう。それと同時に、生活費を支払ってくれた父親との連絡も途絶え、家賃を支払えなくなった修は、部屋から閉め出されてしまう。やむなく、修はネットカフェ難民となり、日払いのバイトを探して食いつなぐ毎日。人生の目的を失った修は生きるためにホストとして成功を目指すが…。  主演の中村は、今秋公開の『潔く柔く』、TVドラマ『タンクトップファイター』など注目作が相次ぐ、若手実力派。ホストとなった修に貢ぎ、自らも転落していく看護婦・北条茜を大塚千弘が、体当たりで熱演する。監督は、『半落ち』や『出口のない海』など、数々の社会派映画を手がける佐々部清が務める。  転落していく主人公という難役を見事に演じきった中村は、「修を演じるのは、精神的に大変でしたが、学生、ネットカフェ難民、ホストなど色んなことが出来たのでやりごたえはありました」と振り返った。さらに、「いまの日本には、1日を過ごすのも大変な人たちがいます。僕はこの作品を通してその事実を知りました。この映画を観て、僕がいつそうなってもおかしくないし、他人事には思えませんでした。だから良いことばかりじゃなくこういう人たちもいるんだということを皆さんに知って欲しいです」と呼びかけた。  また、佐々部監督は「二年前、脚本の青島さんから『東京難民』やりましょうって紹介されたが、半分まで読んだところで何にも共感できない主人公に、投げ出しそうになりました。読了した時点でR指定の映画に初挑戦しようと思いました」と製作の経緯を語ると、「撮影中は、自分も東京難民になろうと新宿の1DKで一人生活、ちょっと大変でした。アベノミクスに踊る日本国だけど、現実の日本はこの映画の世界かも知れない。国内はもちろん、海外の人たちに観て欲しいと切に願います」と思いを語った。  映画『東京難民』は2013年全国ロードショー

  • 「ツレがうつになりまして。」で夫婦役を演じた宮崎あおいと堺雅人

    宮崎あおいと堺雅人、「篤姫」コンビが再び夫婦役に。相性はぴったり!

    映画

      細川貂々(ほそかわてんてん)の同名ベストセラーコミックエッセイを、「半落ち」の佐々部清監督が映画化した「ツレがうつになりまして。」で、NHK大河ドラマ「篤姫」で夫婦役を演じた宮崎あおいと堺雅人が、2度目の夫婦役を務めることになった。主演のふたりが出席した記者会見が都内ホテルにて行われた。@@cutter  当日は、“劇中に登場する“結婚同窓会”をイメージしてホテル内のチャペルにてフォトセッション(絵作り)が行われ、ドレッシーなドレス姿の宮崎と堺に多くのフラッシュがたかれた。堺は「こんな特別な場所にこられて、思い出深い旅立ちの日になりました」と感想を述べた。   本作は、突然うつ病と診断された堺演じる夫を、宮崎演じる妻が支えながら、二人で成長していく夫婦の姿を描く。   思い入れのあるシーンを聞かれた宮崎は「教会のシーンで、(原作者の)てんてんさんが参加してくださって、不思議な、心に残る撮影になりました」と振り返った。一方の堺は「家の中が良く出来ていて、たくさんの感情をいただけたので、いろんなシーンが記憶に残っている」とコメントした。原作ではマンションの一室なのだが、監督のアイディアで一軒家の設定になったという。   「篤姫」での共演以来お互いが絶大なる信頼を抱いていることをそれぞれが明かした後、宮崎は堺について「へんな気をつかわなくてよくて、芝居をしていて楽しいんです。素敵な瞬間がいっぱい生まれました」とコメント。宮崎が今回挑戦しているのは、最愛の夫(ツレ)が突然うつ病と診断されてしまっても、決して悲観的にはならない、しんの強さを持った人物・ハル。何があってもめげないヒロインを、ポジティブに、パワフルに演じている。シリアスな題材なのに、宮崎と堺が生み出した温かな夫婦像にほっこりとした気分にさせられてしまう。   堺も「お互いの信頼関係がいい余裕になって、いい味がでました」と感想を述べた。本作でも二人の相性はぴったりのようだ。今後も2人の共演に期待が高まる。   テーマソングは矢沢洋子の「アマノジャク」が選ばれた。大事な相手への思いやりを感じさせる、本作のテーマに合致した楽曲に注目。   映画「ツレがうつになりまして。」は10月8日全国公開

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access