『虐殺器官』山本幸治プロデューサーが思う、スタジオ倒産と現在のアニメ業界

アニメ・コミック

『虐殺器官』山本幸治プロデューサーインタビュー
 クランクイン!

 「大変なことが起こった…」。約1年前の出来事をこう答えたアニメーション映画『虐殺器官』のプロデューサー山本幸治。制作スタジオ・マングローブの倒産により一時は制作中止の危機に陥った同作を、新スタジオ・ジェノスタジオが引き継ぎ、自身はツインエンジンという会社を立ち上げ、公開までこぎつけた。紆余曲折を経て、いよいよ公開を迎える『虐殺器官』について話しを聞いた。

関連記事

あなたにおすすめのビデオ&コミック

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最新ニュース

新作ビデオ

  • 【先行配信】ダウンサイズ
  • 探偵はBARにいる3
  • ジグソウ:ソウ・レガシー
  • 【先行3年レンタル】ブラックパンサー
  • 【先行配信】レッド・スパロー
  • ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
  • ブラインドスポット<セカンド・シーズン>
  • iゾンビ <ファースト・シーズン>
  • DESTINY 鎌倉ものがたり
  • 覆面系ノイズ
  • 勝手にふるえてろ
  • 火花

新作コミック

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access