IMPACTors 佐藤新&少年忍者 織山尚大 『高天』キスシーンのリハでハプニング「ドキドキが先行しすぎちゃって」

インタビュー
2022年9月2日 18:00

■撮影中に感じた、同期だからこその支え

『高良くんと天城くん』書影 (C)hanagenomai2022
ーー撮影中に感じたお互いのすごさを教えてください。

佐藤:織山はめちゃくちゃプロなんですよね。ドラマの撮影って、いきなりクライマックスシーンから入ることもあったり、泣くシーンから入ったりすることもあるんです。ただ織山は、どのタイミングで求められても、めっちゃ泣くので「どうやって、その気持ち持ってきた?」って刺激を受けました。

織山:新は、初日に撮影した振り返るシーンは何テイクか撮影してたけれど、それ以降は監督と阿吽(あうん)の呼吸だったので、『エヴァンゲリオン』なんじゃないかと思ってみていました!

佐藤:シンクロ率ってことね(笑)。

ーー撮影中、お互いがいてよかったなと思う瞬間はありましたか?

佐藤:「大変だったね」「難しかったよね」と共有できるシーンが全部同じだったので、隣にいてくれるだけで心強かったです。もしも僕が単独主演だったとしたら、きっと1人で悩みを抱えていたと思います。近い距離感で同じ悩みや大変さを共有できたのは同期だからこその支えだったなと思います。

織山:僕も何かあったときに相談しやすかったのは助かりました。現場のスタッフさんと同じくらい頻繁に「体調大丈夫?」って気にかけてくれて。同期だからこそ、困ったときに言いやすかったのは助かりました。

佐藤:天城は感情の上下が激しいキャラなんですよ。テンションが上がったかと思えば、すごく落ち込むし。だから、体力を使うという意味でもしんどいんじゃないかなと思ったんです。

ーー最後に、本作の見どころを教えてください。

佐藤:原作の漫画を見て「このシーンをやってくれた!」とか「ちょっと違う」とかを発見しながら、「ちょっと見てみようかな」くらいの軽い気持ちで見てほしいですね。あと、僕が普段言わないようなことを言っているので、ファンの皆さんには注目していただきたいです。例えば予告だと「やめろ、触んな」ですけど、僕だったら「やめてください、触らないでください」ってタイプですからね(笑)。

織山:僕の中ではかなりコメディーな作品だと思っています。ちょっとオーバーなところもありつつ、現実味があるクラスの様子を1つのカメラに収めたような作品なので、そういったところを楽しんでほしいです。そして、天城くんの見どころは、テンションが最高点にいくようなシーン。僕とキャラが真逆で大変だったので、注目してほしいです。

【『高良くんと天城くん』概要】
放送時間:毎週木曜25時29分
放送局:MBS ドラマシャワーほか

2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

佐藤新

織山尚大

IMPACTors

少年忍者

ジャニーズ

ボーイズラブ

国内ドラマ

取材

於ありさ(ライター)

インタビュー

あわせて読みたい

[ADVERTISEMENT]

[ADVERTISEMENT]

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング