BTS、「Butter」以降も人気が衰えない理由とは? グラミー賞でも全力パフォーマンス

特集・レポート
2022年4月5日 17:30
BTS、「Butter」以降も人気が衰えない理由とは? グラミー賞でも全力パフォーマンス
第64回グラミー賞授賞式に登場したBTS  (C)Zeta Image

 4月3日(日本時間4月4日)に、米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された、第64回グラミー賞授賞式。世界を席巻するK‐POPグループの代表格となったBTSは、3年連続でグラミー賞授賞式でパフォーマンスを行いました。今回のパフォーマンスと、ノミネートされた最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞の結果を振り返りながら、彼らの人気の理由を探っていきたいと思います。(文=西門香央里)


■スパイ映画のような演出で魅了

 第64回グラミー賞授賞式開催前に発覚した、メンバーのジョングクの新型コロナ感染のニュース。「ジョングクは参加できるのか?」と心配されていましたが、無事に完治し7人全員での授賞式参加がかないました。

 3年連続となったグラミー賞授賞式でのBTSのパフォーマンスは、日本時間の9時30分頃にスタート。黒いスーツに身を包んだジンが現れ、舞台で何やらボタンを操作すると、ジョングクが空中から、他のメンバーたちが客席から登場。Vが投げたゴールドカードをステージでジョンググが受け取るという演出から全員が舞台に集まると、「Butter」のステージが始まりました。

 スパイ映画『007』のジェームズ・ボンドを彷彿(ほうふつ)させる演出と、BTSらしい全力のパフォーマンスで、BTSのファン“ARMY”たちはもちろん、授賞式に参加している多くのアーティストたちをも魅了しました。

■グラミー賞の行方は?

 パフォーマンス以外でもARMYたちが気になっていたのは、「BTSが初のグラミー賞受賞がかなうのか?」ということではないでしょうか。今年は「Butter」が最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞にノミネートされており、「今回こそ!」という期待を背負っていました。

 結果、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞の受賞者は、「Kiss Me More」でコラボしたドージャ・キャット feat.シザに。残念ながらBTSは受賞を逃す結果となりました。とはいえ、世界の反応を見ると、まだまだ絶大な人気を誇る彼ら。その理由は、一体なんなのでしょうか?

次ページ:「Butter」以降も全世界の人々を魅了する理由は?

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

西門香央里(ライター)

BTS(防弾少年団)

K-POP

音楽

カルチャー

特集・レポート

あわせて読みたい

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング