韓ドラ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の魅力とは? 多くの人から愛された理由を探る

特集・レポート
2022年8月31日 21:00
韓ドラ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の魅力とは? 多くの人から愛された理由を探る
Netflixシリーズ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』独占配信中

 胸がいっぱいになるラストを迎えた韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』(Netflix)。今も余韻から抜け出せずにいる人もいるのではないだろか。自閉スペクトラム症でIQ164の頭脳を持つ新人弁護士ウ・ヨンウ(パク・ウンビン)が法廷や私生活で壁にぶつかりながら成長していく物語は、多くの人を魅了させた。今回は、Netflixのテレビ部門(非英語)グローバルトップ10で、7月の第5週から8月の第4週まで5週連続1位を獲得するほどヒットしている本作が愛されている理由を探る。(文=ヨシン) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください


■大ヒットした理由は?

 本作が大ヒットした理由は、俳優と役柄との相性の良さや、メッセージ性のある脚本、細やかな演出はもちろんのこと、障がい者や性に対する差別、相続問題、大規模道路工事による訴訟、学歴社会などの身近な問題が取り扱われた点も大きい。ほとんどの人が社会で生きる窮屈さを感じた経験があるだろう。それ以上に、その先に温かい社会があってほしいと願う人もいるはずだ。エピソードごとに奮闘するヨンウは、時にはその気持ちを背負ってくれて、時には想像したことがなかった痛みを伝えてくれた。

Netflixシリーズ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』独占配信中
 また、ドラマの中に登場する、ヨンウの親友トン・グラミ(チュ・ヒョニョン)とヨンウがお互いの名前を呼びながらポーズを決めるキャッチーなあいさつも話題に。BTSをはじめ多くの芸能人がマネをした映像がSNSに流れ、さらなる人気を呼ぶ現象も起きた。

 その上、広大な海や窓の外でクジラやイルカたちが泳ぐ映像演出は、ヨンウの世界観にどっぷりと引き込む。ヨンウが突破口を見つける瞬間に決まって流れるBGMは神秘的なのに爽快感があり、この効果音まで韓国のアカペラグループMayTreeが担当した。そして、ヨンウが見ている世界が楽しめるイントロから淡いタッチで彩られた優しさがあふれるエンディングまで、スキップボタンを押さずに作品の隅々まで堪能したくなる演出が施されている。

次ページ:ウ・ヨンウ役のパク・ウンビンの魅力も光る

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌

ヨシン(ライター)

韓国ドラマ

韓国

カルチャー

特集・レポート

あわせて読みたい

[ADVERTISEMENT]

[ADVERTISEMENT]

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング