話題の「性いっぱい展」は感動を覚える出来栄え! 水族館が“性”に熱い想いを込める

特集・レポート
2019年9月26日 16:30

■水族館の使命を背負った「性いっぱい展」

 タブーとされている角度から生態を知る本展覧会。それでは、公的な場で、性を扱うことが好ましくないとされている今、なぜ踏み切ったのでしょうか?

ピンクなフォトスポットも
 「へんないきもの展」や「もうどく展」などユニークな特別展を成功させてきたサンシャイン水族館は、“関心を持ってもらえる伝え方”の重要さを、これまでで痛感したと言います。

 先程のトークショーにあったような“人間に例える”という手法は、本来、動物園や水族館では行われてきませんでした。擬人化して伝えた場合、一般の人は体感しやすいですが、生き物の情報が、正確に伝わらないという懸念点もあるからです。

サンシャイン水族館・丸山館長
 サンシャイン水族館の丸山館長は、こう語ります。「水族館は、生き物を預かり、皆さんに生態をお伝えする使命を持っています。しかし、硬い内容だけでは、関心を持ってもらえず、多くの人に情報が伝わらないという課題もあります」。

個人的に戦慄した「コモリガエル」の産卵 ググっちゃいけない…
 つまり、今回突き抜けた表現方法を用いて、重要なテーマを切り取った理由は、たくさんの人に生態を知ってもらうという、使命を背負った水族館の大きな覚悟からでした。生き物以上に、本水族館の方々の精一杯さが伝わります。

 どれだけタブー視しても、“性”は生きるため不可欠です。蓋をするのではなく、正しい距離感で接すれば、こうして新たな感動と学びを得られることもあります。日常に刺激と癒やしが足りない人は、ぜひ夜の池袋へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【「性いっぱい展」概要】
日程:9月27日(金)〜11月4日(月・振休)※10月17日(木)は休業
時間:18時30分 〜 22時00分
場所:サンシャイン水族館 本館

3ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

行きたい

サンシャイン水族館

水族館

池袋

ライフ

あわせて読みたい

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング