クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『犬鳴村』が14億円超ヒット! 『事故物件 恐い間取り』にも注目 Jホラーの現在地とは

映画

 『リング』『呪怨』が生んだJホラー一大ブームから早20年。Jホラー冬の時代と呼ばれ、両作に並ぶヒット作がなかなか生まれない中、今年2月に公開された清水崇監督の最新作『犬鳴村』が、興行収入14億円超え・動員110万人の快進撃を飛ばした。今、一体どんなホラーが観客を惹きつけるのか。古参のJホラーファンに加え、若いファン層の動員も狙い、製作陣は日夜試行錯誤を繰り広げている。時代が変わればヒットの生まれ方も変わる。Jホラーの現在地を探ってみたい。

実在の心霊スポットを映画化した『犬鳴村』が興収14億円超えのヒット

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access