クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

柿澤勇人、『鎌倉殿の13人』『真犯人フラグ』話題作出演続く 三谷幸喜との出会いが転機に

エンタメ

  • twitter
  • facebook
柿澤勇人
柿澤勇人 クランクイン! 写真:高野広美

 全世界興収450億円超の大ヒットを記録した映画『ラ・ラ・ランド』。その世界公開の際に、映画の舞台でもあるロサンゼルスのハリウッドで、たった一度だけ開催されたスペシャルなイベントが日本に初上陸する。そんな公演のオフィシャルPRアンバサダーに、『真犯人フラグ』、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』と話題作への出演が続き、ミュージカルでも数多く主演を務める俳優の柿澤勇人が就任。大ファンだという『ラ・ラ・ランド』の魅力やスペシャルな公演の見どころを聞いた。

【写真】柿澤勇人、爽やかな笑顔がかっこいい! ■未体験の夢のステージは“映画とミュージカルのいいところがミックス”

 アカデミー賞史上最多14部門にノミネートされ、6部門で受賞を果たした映画『ラ・ラ・ランド』は、現代のロサンゼルスを舞台に、女優になることを夢見るミア(エマ・ストーン)と、ジャズ・ミュージシャン志望のセバスチャン(ライアン・ゴズリング)が、互いに傷つき、困難に立ち向かいながらも、夢追い人が集まる街ロサンゼルスで必死に生きていく姿を描いたミュージカル映画。今回の『LA LA LAND Live in Concert : A Celebration of Hollywood ハリウッド版 ラ・ラ・ランド ザ・ステージ 初来日公演』では、スクリーンでの映画本編の上映に加え、総勢170名超のダンサー、フルオーケストラ、合唱団のライブパフォーマンス、花火などさまざまな特殊効果で彩る究極のステージエンターテインメントとなる。


――今回の来日公演のお話を初めて聞かれた時の印象はいかがでしたか?

柿澤:もともと映画の大ファンだったのですが、コンサートのイメージが正直なく、どんな舞台になるのだろうという興味が湧きました。単純に曲を演奏するだけなのかと思ったら、映画もスクリーンで上映して、フルオーケストラで、コーラスの方も入れたアンサンブルや、ダンサーのパフォーマンスもあるとのことで、ポジティブな意味で“どうなっちゃうんだろう?”と楽しみになりました。

映画も映画館でいい音響の中でご覧になった方も多いと思うんですけど、今回は、スピーカーを通してじゃなく、生の音とパフォーマンスのエネルギーや熱を感じられるというのは、舞台ならではだと思うので、より立体的に体で感じられる公演になるんじゃないかなと。映画とミュージカルのいいところがミックスされて上演されるんだと思います。全ての感覚をフル稼働して全身で感じられる舞台ってなかなか見ることができないと思いますし、ぜひその貴重な体験を一緒に楽しんでいただきたいと思います。


――映画『ラ・ラ・ランド』はどんな魅力がある作品でしょうか?

柿澤:オープニングから素晴らしい音楽の群舞で始まって、そこから心が鷲掴みにされました。全てがショーアップされてエンターテイメント色が出過ぎているというわけでもなく、2人の恋模様や人間味のある芝居が軸としてあるので芝居としても楽しめましたし、2人の心情が、すてきな音楽と共に繊細に描かれているので、ミュージカルとしても楽しかったです。

僕はライアン・ゴズリングのファンなんです。『ラ・ラ・ランド』を観るまでは、セクシーでかっこよくて、スクリーンからいい匂いがするというか、香ってくるものがあってカッコイイなと思っていました。『ラースと、その彼女』ではうってかわってチャーミングなところもあったり、いろんな面を持っている方なんですよね。『ラ・ラ・ランド』では、それに加えて、ピアノを完璧に弾きこなしたり、踊りもタップもなんでもできて、自分も同じ俳優なんだと思ったら焦ってしまうくらい、パーフェクトな方だなと、また新たな魅力も発見しましたね。


――そんな思い入れのある作品に関わる公演で、オフィシャルPRアンバサダーに就任され、19日13時公演では、スペシャルオープニングMCを務められます。

柿澤:なかなかMCの機会もないので、どうなっちゃうんだろうって感じです(笑)。僕もリラックスして楽しみつつ、日本のお客様は舞台やミュージカルに対して緊張されているのか、静かに観られる傾向があると思うので、雰囲気を和らげることができたらいいですね。

本編の音楽を作曲された、ジャスティン・ハーウィッツさんが指揮者として来日されるそうなのですが、僕は同世代なので、どうやったらあんな素晴らしい音楽が自分の中で流れるのか、作曲方法などを聞いてみたいです!

――舞台のアフタートークの経験も多いですし、こうした素の柿澤さんのままでお客様の前に出られることは平気なタイプですか?

柿澤:アフタートークは芝居が終わってからのトークで、特に緊張もせず、なんでも話しますっていうスタンスなのですが、今回はオープニングなのでどうなっちゃうんだろう(笑)。素の僕はおしゃべりなほうではないので、テンションは高めに設定して出ようかなと思います。カチカチになるのか、変なテンションになっちゃうのか、新しい自分が見られるんじゃないかと思っています(笑)。

次ページ

■デビュー15年 三谷幸喜との出会いがターニングポイントに

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv