クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

草なぎ剛、代表作を生み出し続けている現在地に「プレッシャーはない」

映画

草なぎ剛
草なぎ剛 クランクイン! 写真:高野広美

 作品ごとにあらゆる表情を見せ、その都度観客の心を鷲掴みにする草なぎ剛。白石和彌監督と初タッグを組んだ映画『碁盤斬り』では、復讐に燃える武士の生き様を体現。また新たな境地を拓いている。ますます役者として勢いに乗っている彼だが、「『碁盤斬り』は僕の代表作であり、ターニングポイントとなった作品」と胸を張りつつ、「でも僕にとって、出演作のすべてが代表作なんです。役者っていつでも、その時の演技が集大成になるもの」とニッコリ。本作で得た宝物や、「真面目さの中に適当さと遊び心を」という今後10年のテーマ。いつも刺激をくれる、稲垣吾郎と香取慎吾の魅力について語った。

【写真】お茶目な笑顔から美しい横顔まで! 草なぎ剛、撮り下ろしショット

◆『碁盤斬り』は脚本を読まずに、オファー即決

 『新しい地図』として共に活動している香取慎吾が、2019年の映画『凪待ち』で白石監督のもと主演を務めていたことから、「白石監督とお会いした時も、初めてのような気がしなかった」という草なぎ。「『凪待ち』では、慎吾ちゃんがそれまでとはまったく違う顔を見せていて。その時点で『白石監督ってどんな方なんだろう』と興味が湧いていました。慎吾ちゃんが『凪待ち』の撮影をしていた頃は、まだ『新しい地図』を広げたばかりで、慎吾ちゃんもSNSをやり始めたばかりだったんです。割かしシャイなタイプである慎吾ちゃんが、白石監督とは一緒に写真を撮ったり、それをSNSに上げたりもしていて(笑)。そういったことからも、白石監督は役者さんに安心感を与える方なのかなと思っていたんです」と香取を通してすでに信頼を抱いていたと話す。

 だからこそ『碁盤斬り』のオファーが舞い込んだ際も、「脚本も読まずに、白石監督とご一緒できるならどんな作品でもいいと思っていた」と即決。「白石監督と僕は同い年で。同世代として見てきたり、感じてきたことが近いせいか、すぐに仲良くなれました。そして白石監督は撮りたいものが見えているので、言うこと、やることに一切の無駄がない。ものすごくやりやすかったです」と充実感を覚えている。

映画『碁盤斬り』場面写真 (C)2024「碁盤斬り」製作委員会
 本作は、ある冤罪事件によって娘と引き裂かれた男・格之進(草なぎ)が、自分の大切なものと武士としての誇りを賭けて復讐に向かう姿を描く時代劇。娘のお絹(清原果耶)と静かに、慎ましく暮らす格之進から滲み出る気品。冤罪事件の真相を知り、瞳にも沸々とした怒りを宿していく様子。剣を振るって、対決に臨む鬼気迫る表情。格之進の心の旅路を見事に表現した草なぎの演技に、観る者は釘付けになるはずだ。

 一体、どのような役作りに挑んだのか気になるところだが、草なぎは「大好きな焼肉とクワトロフォルマッジを2週間食べなかっただけ! それが最高の役作り!」とユーモアたっぷりにコメント。「節制した生活をしている格之進が、ぷにぷにしていたら嫌ですよね。撮影地の京都には大好きな焼肉屋さんがあるのに、食べなかった!」と笑顔を弾けさせつつ、「一つ大事にしていたのは、客観的に格之進を見つめること。僕は最初、娘がいるのに自分の生き方にこだわって決してそれを曲げようとしない格之進に対して、ものすごくイライラしていたんです。自分を曲げられないなんて、今の僕には考えられないから。でもそう思いながら撮影所に通っているうちに、ボロボロになりながらもこだわりを捨てない格之進が、だんだん美しく見えてきた。イライラした先に見えた、かっこいいな、輝いているなという思いを意識して演じていました」と主人公の核にあるものを見つめたという。

次ページ

◆代表作を生み出し続けている現在地に「プレッシャーはない」

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る