川栄李奈、女優躍進の理由「私、地味なので」 挑戦したいのは“サイコパスな役”

映画

川栄李奈、『嘘を愛する女』インタビュー
川栄李奈、『嘘を愛する女』インタビュー クランクイン!

 2015年にAKB48を卒業して以降、映画、ドラマ、舞台、CMと年々、女優としての存在感を増し続けている川栄李奈。そんな彼女が2018年最初の映画として出演するのが『嘘を愛する女』だ。今回は本作で謎のゴスロリ女子大生・心葉(ここは)を演じた川栄が撮影秘話や、自身が大好きだと語るホラー映画に対する偽らざる願望を明かしてくれた。

【写真】川栄李奈、『嘘を愛する女』インタビューフォトギャラリー

 『嘘を愛する女』は大手食品メーカーに勤めるキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)が、同棲中の恋人・小出桔平(高橋一生)の嘘に翻弄されながらも、真実に近づくさまを描くラブストーリー。本作について川栄は「『嘘は人生に必要なのか』と問う映画」と表現。「すごく難しい作品だと思いました。由加利と桔平のラストシーンは、すごく考えさせられます。題名の通り“嘘を愛する女”を素敵だと思う人もいれば、『え〜!』っと驚く人もいるはず」と解説する。

 川栄演じる心葉は、高橋扮する桔平に恋するゴスロリ女子大生。「オファーを受けたときに『ゴスロリのストーカーです』って言われて『なんだか面白そう!』って興味津々でした。彼女は、ここぞというときは由加利にもしっかり主張する、強めのストーカーでしたね」と語り、強いインパクトを残すゴスロリ衣装には「重かったです」と笑う。「フリフリのワンピースでボリュームがすごくて、さらにその上にフリフリのコートを着て…。着せられている感がありました」と冗談っぽく笑顔を見せる。

 2015年8月、秋葉原・AKB48劇場での卒業公演が終わった翌日に、演出家・岡村俊一が手掛けた舞台『AZUMI幕末編』の稽古がスタートした川栄。以来、映画やドラマ、CMと多岐にわたって出演が相次ぎ、文字通り八面六臂の活躍を見せている。多忙な毎日を送っていることは容易に想像できるが、本人は「休まなくてもいけるタイプなので平気です。AKB時代が忙しくて、あそこで鍛えられましたね」とさらりと言いのける。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access