クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

深田恭子「誠実に生きたい」 変わらない美しさと強さの理由

映画

深田恭子『空飛ぶタイヤ』インタビュー
深田恭子『空飛ぶタイヤ』インタビュー クランクイン!

 『半沢直樹』『花咲舞が黙ってない』『陸王』などの映像化作品の原作者としても知られる作家の池井戸潤が、「僕はこの作品から“人を描く”という根幹を学んだ」という『空飛ぶタイヤ』が、長瀬智也主演で映画になった。トレーラーの脱輪事故をきっかけに、巨大企業の闇に立ち向かっていく主人公・赤松と、それぞれの立場にある人々の生きざまを映し出す本作で、赤松を支える妻・史絵を演じた深田恭子が、「自分のことより、人のことを思って生きられる人に憧れます」と自らの思いを口にした。

【写真】夫を支える妻を演じた深田恭子<インタビュー写真>

 史絵が登場するのは、赤松を迎える自宅場面のみ。深田は、わずかな出演シーンで、赤松家の揺ぎなさに、柔らかな笑顔で説得力を与えている。これまで幾度も共演してきた長瀬とは、久しぶりの再会となった。「うれしくてたくさんしゃべってしまいました。『懐かしいね』って。とても朗らかな空気の中での撮影でした」と語る。その朗らかな空気こそ、赤松にとっての史絵、家族の存在そのものだったと思える出来上がりになった。

 その実、深田も、「旦那さんの抱えているものがとても大きかったので、家では何気なくふるまい、明るく励ますことが何よりも大事だと感じました。重くなりすぎないように」と史絵としての思いを振り返り、赤松の“抱えているもの”として、「長瀬さんが家に帰ってきて、ジャケットを脱ぐシーンがあったのですが、その背中にすごく重いものを感じました。立ち向かっている背中でした」と感じるものがあったという。

 「本当にいろいろな人生、生き方があるなと感じます。どの人の人生にも共感する部分はありますし、役を演じることによって、いろいろな人生を味わわせていただいています。役によって自分の生き方に迷ったりするときもありますし、影響も受けます」と漏らす。

 続けて、史絵は「とても器の大きな女性。自分はこんなに強くはいられないと思う」と語るが、35歳になった深田自身からも、変わらぬ愛らしさに加えて、内面から美しさのみならず、たおやかな強さが溢れているのが伝わってくる。

 「誠実に生きたいなと思っています」と明かす深田は、「自分に甘えたり、不正なことをすると、やっぱり神様は見ているなと思うんです。甘い考え方をして、振り返って良かったと感じたことはほとんどありません」と静かに語り、さらに「何かに迷ったときには、諸先輩方をはじめとした周りの方の意見、話を聞きます。自分だけの意見に固まるのは怖いです。いつも自分は、周りの方々に助けられているという思いが強いですね」と続ける。そんな深田のまっすぐさに、美しさと強さの理由があるのだろう。

 「自分のことより、人のことを思って生きられる人に憧れます。ちゃんと周りのことを考えて、いつも強くいられる人。そういう人に憧れますし、史絵はまさにそうだと思います。それに、今回の物語でも、誰か一人が何とかしようということではなく、一人一人の協力や、誰かの言葉があったりして解決につながっていくと感じました。どの役に思いを重ねても、自分ならここでどうするのかと考えさせられました。いろんな思いでご覧になっていただける作品だと思います」。(取材・文・写真:望月ふみ)

 映画『空飛ぶタイヤ』は全国公開中。

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access