クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

見取り図、『ワンダヴィジョン』に驚嘆! 「何度も見返して謎解きを楽しみたい」【PR】

海外ドラマ

『ワンダヴィジョン』“マーベル大好き芸人”の見取り図にインタビュー!
『ワンダヴィジョン』“マーベル大好き芸人”の見取り図にインタビュー! クランクイン!

 ワンダ・マキシモフとヴィジョンが郊外の街で幸せな結婚生活を送る様子を描く『ワンダヴィジョン』がディズニー公式動画サービス「Disney+(ディズニープラス)」で1月15日より配信をスタートした。本作はマーベル・スタジオが贈る“初”のオリジナルドラマシリーズとなる。今回はマーベル大好き芸人として、見取り図の二人が作品に散りばめられた“謎”への考察や見どころなどを語ってくれた。

『ワンダヴィジョン』ディズニープラス公式サイト

■ 秀逸な伏線と先が読めない展開

『ワンダヴィジョン』ディズニープラスで独占配信中 (C)2021 Marvel
 ワンダとヴィジョンの結婚生活をシットコム形式で描き、新たな試みで多くの視聴者を虜にしている本作。第4話ではそんなポップな物語が急展開をむかえ、これまで隠されていた“謎”が明かされる。マーベルらしい力強い演出や、ハラハラドキドキするシーンの連続に思わず手に汗握る内容となった。

――さっそくご覧になって頂いたと思いますが、『ワンダヴィジョン』でのワンダとヴィジョンのキャラクターはいかがでしたか?

 盛山:二人はもはや映画とは別人になっていましたよね。コミカル過ぎて「違う作品、始まった!」ぐらいに思いました。モノクロからカラーになってからは特に不穏な展開が続いたので、このあとが想像つかないな。話数が進むごとに表情と言動が変わっていくワンダが気になります。

 リリー:最初は僕も今までのマーベル作品と印象が違うなと思っていたのですが、急にスーパーパワーを使っている姿もあって“違和感”がすごかったですね。遂に現実の世界も登場しましたし、これまでの“ポップな世界”からの急展開で驚きましたね。


――“謎”がたくさん散りばめられていたと思いますが、いかがでしたか?

 リリー:伏線ありすぎでしたよ! お医者さんが「こんな街から出て行きたい」って言っていた意味が少し繋がったのかなと思いました。ウエストビューの不穏な雰囲気が増し増しでしたし。あの住人たちが街から出て行こうとしない理由は何なのか? いろいろな疑問が湧きました。

 盛山:“六角形”にかなり深い意味があるんじゃないかと思っているんです。これまでのエピソードでも普通なら場面が変わる時、丸が小さくなるところが六角形でしたよね。違和感がハンパない。僕もウエストビューは気になっていて。ウエストビューと外の世界がどう関わっていくのかが気になりますね。

■ 一生、考察して楽しみたい

『ワンダヴィジョン』ディズニープラスで独占配信中 (C)2021 Marvel
――映画でのマーベル作品と比べて、ドラマだからこその良さがあれば教えてください。

 盛山:小出しにされていくネタに引き込まれます。「これがドラマだぁ!」って思いましたね(笑)。1話30分前後なので、何度も観返して伏線を見つけたり考察したりとか、映画とはまた違う楽しみ方ができると思います。一生、考察していたいくらい色々なネタが仕込まれているんですよ。

――今後関わってきて欲しいマーベル作品のキャラクターはいますか?

 リリー:アイアンマンかなあ。ワンダの力でアイアンマンを復活させて、登場して欲しいです。

 盛山:ドクター・ストレンジです! 時間や空間を操るあの世界感は、『ワンダヴィジョン』で描かれる世界とも相性が良さそう。


――今後の展開で予想していることはありますか?

 盛山:ワンダが生んだ双子が気になります。すごく早く成長するんじゃないですかね? ワンダ自身も双子なので“双子”という設定に絶対意味があると思うんですよ! あの子たちには、ゆくゆくはマーベルヒーローになってほしい。もしかしたらウエストビューを救うかもしれないですし!

 リリー:あの双子って、ワンダの空想の世界のことなのかな? だって映画ではヴィジョンは亡くなっていますし……。

 盛山:でも、ヴィジョンが生き返っているっていう可能性もあるかなと。マーベルなら大どんでん返しがありそう! 今はマーベルの思惑に誘導されているような気がします(笑)。

『ワンダヴィジョン』ディズニープラスで独占配信中 (C)2021 Marvel
――ますます面白くなっている『ワンダヴィジョン』。おすすめポイントを教えてください!

 盛山:もう、すみずみまで観てほしいです。伏線がたくさん散りばめられているので。プロ級にマーベルが好きな人はもちろん、これから初めてマーベル作品を観る人とも一緒に違和感を楽しみたいですね。やり取りも背景も、小さな小道具や演出まで、違和感だらけなんです。何度も観返して、長く楽しめる作品だと思います!

 リリー:1つの作品として本当によくできてるから、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)を全く知らない人にも観てもらいたいと思います。(各話の)終わり方が絶妙なので、多分止まらなくなると思います。今めっちゃ次の話が観たいです!


 見取り図の二人も虜になった『ワンダヴィジョン』は、ディズニープラスで独占配信中。(取材・文:Nana Numoto/写真:高野広美)

提供:ディズニープラス

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv