山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日

“中国残留孤児の父“山本慈昭の半生を綴る

【解説/みどころ】
実在の人物で“中国残留孤児の父“と呼ばれた山本慈昭の半生を綴った和田登の著書『望郷の鐘』を映画化。中国残留日本人孤児の肉親捜しに尽力し、200人を超える孤児と肉親との再会を実現させた山本の姿を描く。監督は『大地の詩-留岡幸助物語-』の山田火砂子。内藤剛志が山本を、『筆子その愛-天使のピアノ-』の渡辺梓がその妻を演じる。


【ストーリー】
国民学校の教師をしていた山本慈昭は、一年との約束で敗戦間近に満州へ渡るが、ロシア兵に捕まりシベリアへと連行されてしまう。奇跡的に帰国することができたものの、妻子は亡くなっていた。中国を訪れてから一年余りが過ぎた頃、日本人孤児から手紙が届く。

キャスト
内藤剛志渡辺梓李麗仙星奈優里上野神楽斎藤洋介小倉一郎磯村みどり山口馬木也勝又さゆり神田さち子松澤大輔堀内正美市川笑也奥寺康彦常盤貴子
スタッフ
監督: 山田火砂子 脚本: 山田火砂子 和田登 来咲一洋 中村敦夫 製作総指揮: 山田火砂子 原作: 和田登
上映時間・制作年
102分/2014年
制作国
日本
公式サイト
http://www.gendaipro.com/bokyonokane/
配給
現代ぷろだくしょん

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access