クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母と別れて1年後に届いた最高のプレゼントとは?

【解説/みどころ】
WEBマガジン『くらげパンチ』にて連載された宮川サトシによるエッセイ漫画を基に、『日々是好日』の大森立嗣監督が映画化した人間ドラマ。いつも母親に支えられていた中年男性が、母との別れとその後の生活を通じて変化していく姿と変わらぬ母と息子の絆を描く。『愛しのアイリーン』の安田顕が主人公を、倍賞美津子が母・明子を好演した。


【ストーリー】
子供の頃から泣き虫でお調子者だったサトシは、優しく強い母に救われて育った。サトシが30代後半に差しかかったある日、母が癌を告知される。サトシはお百度参りや滝行、国産野菜のジュース作りなど、あらゆる手立てを尽くそうとがむしゃらになるのだが……

キャスト
安田顕松下奈緒村上淳石橋蓮司倍賞美津子
スタッフ
監督: 大森立嗣 脚本: 大森立嗣 製作総指揮: 加藤和夫 原作: 宮川サトシ
上映時間・制作年
108分/2019年
制作国
日本
配給
アスミック・エース

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。の関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv