クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『私ときどきレッサーパンダ』アカデミー賞監督が描く“共感不可避な親子の絆”に注目

アニメ

 ディズニー&ピクサーのアニメ映画最新作『私ときどきレッサーパンダ』が、3月11日よりディズニープラスにて配信開始となった。監督を務めるのは、ピクサーの短編アニメーション『Bao』で、第91回アカデミー賞短編アニメーション賞をアジア系女性として初めて受賞したドミー・シー。劇中では、ついつい共感してしまう“リアルな親子関係”が描かれているが、今回ドミー監督が、自身の体験を基にした〈誰もが共感するテーマの考案法〉や〈ピクサーらしい“もしも”の世界〉で描かれる新たなキャラクターについて語った。

映画『私ときどきレッサーパンダ』場面写真

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv