クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『愛は静けさの中に』出演オスカー俳優ウィリアム・ハートさん死去 71歳

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
ウィリアム・ハート
ウィリアム・ハート Photo By:Kristin Callahan/Everett Collection

 『愛は静けさの中に』や『白いドレスの女』などに出演し、『蜘蛛女のキス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した俳優のウィリアム・ハートさんが、現地時間の3月13日に亡くなった。71歳だった。

【写真】オスカー俳優「ウィリアム・ハート」フォトギャラリー

 ウィリアムさんは、1950年ワシントンD.C.の生まれ。タフツ大学で神学を専攻した後、ジュリアード音楽院に進学し、演技を学ぶ。舞台での活躍を経て、『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』で映画初主演を果たした。

 『蜘蛛女のキス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したほか、『ブロードキャスト・ニュース』と『愛は静けさの中に』で同賞主演男優賞にノミネート。デヴィッド・クローネンバーグ監督の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』では、10分弱の登場時間で同賞助演男優賞にノミネートされた。

 テレビドラマでも活躍し、グレン・クローズ主演の『ダメージ』や『デューン/砂の惑星』、『弁護士ビリー・マクブライド』などに出演。『ダメージ』とテレビ映画『Too Big to Fail(原題)』では、エミー賞候補入りも果たした。

 近年はマーベル映画にも出演し、『インクレディブル・ハルク』でサディアス・“サンダーボルト”・ロス将軍を演じて以来、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』、『ブラック・ウィドウ』に同役で出演した。

 Varietyによると、ウィリアムさんの逝去に際し、息子のウィルが声明を発表。「2022年3月13日、愛する父で、オスカー俳優のウィリアム・ハートが亡くなり、家族は深く悲しんでおります。72歳の誕生日の一週間前のことでした。家族に囲まれ、静かな最期でした。自然死でした」と父の死を悼んだという。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv