クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

神尾楓珠『20歳のソウル』、人生を音楽に捧げた仲間たちの友情が熱い!ポスター&予告解禁

映画

 俳優の神尾楓珠が主演する映画『20歳のソウル』より、ポスターと予告編が解禁された。

【動画】音楽に人生を捧げた主人公と仲間たちの友情―『20歳のソウル』予告編

 本作は、千葉県船橋市立船橋高校に代々受け継がれている応援曲「市船soul」を作曲した一人の青年・浅野大義さんと、市船吹奏楽部の絆が生んだ奇跡をたどった小説『20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド』(小学館)および『20歳のソウル』(幻冬舎文庫)の映画化。神尾が主人公・浅野大義を演じるほか、佐藤浩市、尾野真千子らが共演する。

 応援曲「市船soul」は、市船を勝利へ導く神応援曲としてSNS上で話題になった。その名曲誕生の裏側には、がんにより20歳の若さで短い人生の幕を閉じた浅野大義さんという青年がいた。生前、市船の吹奏楽部員だった大義さんは、野球部を応援する曲を作りたいと「市船soul」を作曲。その楽曲は、運動部員たちや吹奏楽部の仲間たちを勇気づけ、さらには病に侵された彼自身にも生きる力を与える曲になった。大義さんの告別式には、164名もの市船吹奏楽部OBが集まり、1日だけのブラスバンドを結成。「市船soul」を演奏し、大義さんを送り出した。

 青とオレンジの空の色が印象的なポスターには、青空の下、トロンボーンを抱える大義の姿と、吹奏楽部の仲間たちの姿が描かれ、まさに青春の1ページを切り取ったようなさわやかさがあふれている。

 予告編では、がんを宣告されながらも音楽を諦めず、精一杯生き抜く大義の力強い姿が描かれる。わずか20年という短い青春を駆け抜ける大義と、支えてくれる家族や恋人、仲間たちの姿、そして「試合で演奏すると必ず点数をとる神曲」と呼ばれる市船の代表応援曲であり、大義の自作曲である「市船 soul」を164名の部員たちが演奏する大義の告別式の様子が描かれる。主演の神尾は3ヵ月間の猛特訓を経てトロンボーンを習得、大義役を熱演した。

 予告編で流れる主題歌は、米ロサンゼルスの大学生シンガーソングライターKenta Dedachiが担当。予告編のラストでも聴くことのできる大義さんの自作曲「Jasmine~神からの贈り物~」にオマージュをささげ、主題歌「Jasmine」を映画のために書き下ろした。大義さんのメロディーを受け継ぎ、その思いや情熱を込めたというその歌には、力いっぱい生き抜いた大義さんのソウルが宿り、感動的なバラードに仕上がっている。

 映画『20歳のソウル』は、5月27日より全国公開。

映画『20歳のソウル』本予告

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv