クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『DCU』“黒幕”の正体判明に驚きの声「真っ黒だった」(ネタバレあり)

ドラマ

  • twitter
  • facebook
日曜劇場『DCU』最終回より
日曜劇場『DCU』最終回より(C)TBS

 俳優の阿部寛が主演する日曜劇場『DCU』(TBS系/毎週日曜21時)の最終回が20日に放送され、一連の事件の黒幕として裏で糸を引いていた人物が明らかに。ネット上には「極悪人じゃん…」「真っ黒だった」と驚きの声が相次いだ(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

【写真】黒幕はこの人! 『DCU』最終回場面カット

 G20東京サミットを前に、横浜海上保安部に警備準備本部が設置される。新名(阿部)はこの機に乗じて成合(吉川晃司)が遠隔システムの完成設計図の入ったフロッピーディスクとカギを奪いに来ると直感。そこで新名は上司の佐久間(佃典彦)と相談し、海上保安庁基地内の水深50mにあるセーフルームにそれらを保管する。一方で、新名は公安の清水(山崎育三郎)から海保内部に内通者がいることを告げられるのだった。

 そんな最終回では、成合やテロ組織「ブラックバタフライ」とつながっていた内通者が佐久間であることが発覚。クライマックスでは、カギをめぐって新名vs成合・佐久間の水中バトルが勃発。水槽の底で、成合は新名に手錠をかけるものの、地上で佐久間から殴打され、おもりをつけられて水槽に沈められる。

 何とか水槽から脱出した新名と成合は、裏切り者・佐久間の前に立ちはだかる。そして2人は15年前の海上事故と隆子(中村アン)殺害も佐久間の仕業であることを突きつける。ドラマで描かれた複数の事件の裏で佐久間が暗躍していたことが明らかになると、ネット上には「うわ、佐久間部長、極悪人じゃん…」「えええ、酷いな部長」「部長えげつねー」「真っ黒だった笑笑」などの声が相次いだ。

 これまで新名が信頼する上司として描かれてきた佐久間が最終回では一転、強力な悪役に。2020年放送の『半沢直樹』(TBS系)でも悪役を演じた佃の熱演ぶりにも「佐久間さんの中の人が日曜劇場でいい人な訳がなかった」「黒幕は佃さんのような演技派でないとな」「今日1日で佃典彦さんのファンになったわw」といったコメントも集まった。

 終盤で佐久間は無事に逮捕されたものの、成合はカギを奪い再び姿をくらましてしまう。そのまま本編が幕を閉じると放送後には視聴者から「続きが見たいよ〜」「続編を期待しています!!」「映画にしようよ!」などの期待が多数寄せられていた。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv