クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

市川実日子・主演×曽我部恵一・音楽 ドラマ『それ忘れてくださいって言いましたけど。』配信決定

ドラマ

  • twitter
  • facebook
Paraviオリジナル『それ忘れてくださいって言いましたけど。』メインビジュアル
Paraviオリジナル『それ忘れてくださいって言いましたけど。』メインビジュアル(C)Paravi

関連 :

市川実日子

曽我部恵一

 女優の市川実日子が主演し、サニーデイ・サービスの曽我部恵一が共演と音楽を務めるドラマ『それ忘れてくださいって言いましたけど。』が、Paraviにて4月下旬より配信されることが決まった。

【写真】市川実日子、インタビュー撮り下ろしショット

 本作は、春のある日、あるカフェに来た役者たちのノンストップおしゃべりドラマ。

 舞台は下北沢のカフェ「city country city」。お店のオーナーは、ギターを片手にいつも歌っているソカベさん。アルバイトをしているのは、自身も役者のミカコさん。太陽にまつわる予言がネットで拡散されたある日、たまたま店に集った役者たちが、しゃべって笑って歌ったりして、ノンストップの会話劇を繰り広げる。1話15分のファンタジーな新感覚ドラマだ。

 今回が配信ドラマ初主演となる市川実日子は、役者をしながら「city country city」のアルバイトをこなすミカコさんを演じる。そしてこのドラマを彩る音楽は、サニーデイ・サービスのボーカル、ギターとして活躍するシンガーソングライターの曽我部恵一が担当。ドラマ本編でも「city country city」のオーナー、ソカベさんを演じる。曽我部が連続ドラマにレギュラー出演するのは初めて。

 そんな2人のキービジュアルも公開された。撮影は、独特の世界観で人気を博す佐内正史が担当。本作の世界観を投影した、カフェでのワンシーンを捉えた。

 市川は「歩きなれた散歩道で、気まぐれにふっと小道を曲がってみると、あ、すぐそばに、こんな世界があったんだ。と煌くような瞬間があります。その瞬間は、儚く、すぐに日常に戻ってしまいます。脚本を読み終えた後、そんな瞬間のことを思いました。春の風が吹く頃に。どなたかが、このドラマを楽しみにしてくださったらうれしいです」とコメント。

 曽我部は「ぼくたちのとりとめのない会話は、カフェから宇宙へ。巡り巡って、またここへ。ぼくは歌を歌いながら、なんとなくそれを見守っていましょう」としている。

 企画・プロデュース・脚本は広告界で長く活躍してきたクリエイティブディレクターの太田麻衣子。監督は『うきわ ―友達以上、不倫未満―』などの太田良が務める。

 Paraviオリジナル『それ忘れてくださいって言いましたけど。』は、Paraviにて4月下旬より独占配信。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv