クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

“巨匠”レオス・カラックス監督が来日 東京の印象は「エレガントと猥雑の同居」

映画

 映画『汚れた血』『ホーリー・モーターズ』などを手掛けたレオス・カラックス監督が最新作『アネット』のプロモーションのために来日。1日に都内で行われた初日舞台あいさつに登壇し、メインキャストを務めたアダム・ドライバーの起用理由などを語った。イベントには古舘寛治もサプライズ登壇を果たした。

映画『アネット』公開初⽇舞台あいさつに登壇したレオス・カラックス監督

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv