クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

木村拓哉主演『未来への10カウント』タイトルロゴはKing & Prince・高橋海人の直筆! 「家に飾りたい!」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『未来への10カウント』に出演する高橋海人(King & Prince)
ドラマ『未来への10カウント』に出演する高橋海人(King & Prince)(C)テレビ朝日

関連 :

木村拓哉

高橋海人

King & Prince

満島ひかり

 14日に放送されたドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第1話のエンドロールで、主演の木村拓哉が選んだ番組タイトルロゴを書いたのが、King & Prince・高橋海人だったことが明かされた。

【写真】King & Prince・高橋海人直筆『未来への10カウント』タイトルロゴ

 本作は、生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾(木村)が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツ・エンターテインメントドラマ。

 今回、「番組タイトルは生徒役の誰かの直筆がいいのでは?」と木村が発案し、誰が書いたかは伏せた上で、木村自らがベスト・オブ・ベストを選び、正式な番組ロゴとして採用。そのロゴを書いたのは、ボクシングの部長・伊庭海斗を演じるKing & Prince・高橋海人だ。

 自分の手書き題字が選ばれるとは夢にも思っていなかった高橋は、正式採用の報告を受けるや、目を丸くしながら大喜び! 「まさか自分が書いた題字を、木村さんが選んでくださるとは…本当にうれしくて、恐縮しています! その事実だけでもう“家宝”になります。額に入れて家に飾りたいです!」と、声を弾ませた。

 劇中で演じる伊庭のように、いつだって全力で目の前のことに取り組む高橋。なんと、タイトルロゴを書く際も「提出する前に20回くらい書いた」という。そんな彼の支えとなったのが、ほかでもない祖母の教え。「書いている最中は『もっと味のある感じの方がいいんだろうなぁ』と思いつつも、『字はきれいに書きなさい』というずっと守ってきた祖母の教えに沿って、丁寧に書きました」と高橋。「その成果が出て、番組の顔の一部を背負わせていただけるなんて、こんなに光栄なことはないです」と話し、キラキラした笑顔を浮かべた。

 そんな高橋演じる伊庭が、10分拡大スペシャルとなる4月21日放送の第2話で、またも新たな波乱を呼ぶ。第1話で「強くなりたいんです!」と心の叫びを発しながら桐沢との公開スパーリングに本気で臨み、「やっとボクシングできた…!」と歓喜の表情を浮かべた伊庭。ところが、このときに伊庭が負傷していたことが問題となり、桐沢がクビを宣告される事態に…!? 痛烈なパンチのごとく、次々と新展開が巻き起こる。そんな中、桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)、部員たちが見いだす《新たな未来》とは…!?

 木曜ドラマ『未来への10カウント』は、テレビ朝日系にて毎週木曜21時放送(4月21日放送の第2話は10分拡大)。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv