クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

斎藤工、初の“妊婦”役は「普段、見ている景色が変わりました」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
Netflixシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」配信記念イベントの様子
Netflixシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」配信記念イベントの様子 クランクイン!

関連 :

斎藤工

上野樹里

箱田優子

菊地健雄

ミッツ・マングローブ

小熊美香

 俳優の斎藤工が21日、都内で開催されたNetflixシリーズ『ヒヤマケンタロウの妊娠』の配信記念トークイベントに、上野樹里らとともに出席。妊婦役を経験して変化した部分を明かした。

【写真】Netflixシリーズ『ヒヤマケンタロウの妊娠』配信記念トークイベントで、斎藤工のお腹に触れる上野樹里

 坂井恵理による同名コミックを実写ドラマ化する本作は、男性が妊娠・出産する世界を舞台にした社会派コメディドラマ。予想外の妊娠をきっかけに、さまざまな問題に直面した主人公・桧山健太郎(斎藤)が、パートナーの瀬戸亜季(上野)とともに奮闘しながらも徐々に自分自身や周囲の人々を変えて成長していく姿を描く。イベントには、箱田優子監督と菊地健雄監督も登壇し、MCをミッツ・マングローブと小熊美香が務めた。
 
 本日より配信がスタートしたが、斎藤は会場に集まった観客を見渡し、「この作品が皆さんに届いていることを実感できて幸せに思っています」と爽やかな笑み。上野も「世界配信ということで、急に緊張しています」と苦笑いしつつも、「時間をかけて作った過程が、すごく充実した楽しい時間だったので、皆さんに見てもらえる日がきてうれしい」と歓喜した。

 斎藤演じる桧山の妊婦姿は特殊メイクで作られたそうで、斎藤は「リアリティを追求していただきました」としみじみ。また、妊婦姿を体験し「重心が実際に変化していって。また、普段見ている景色が撮影中だけでなく変わりました」と口にし、「僕の大きくなったお腹に対して、スタッフの方たちが本番中以外もここに生命があるかのように接してくれて。それが桧山のキャラクターの表現にも関係していると思います」と感謝。上野は桧山のお腹に触れるシーンについて、「どう触れたらいいのかわからなくて。気軽には触われない。そこは繊細な部分だなと思いながら演じていました」と当時の心境を振り返った。

 本作にちなんだキーワードを選んでトークする一幕も。斎藤は「#らしさとは?」というテーマを選び、「『らしさ』という言葉でくくっていたことで、実はいろんな規制が生まれていることがあると思う。『らしさ』というものに、どこかかまけていた自分をこの作品に出合って感じることが多かった」としみじみ。

 ミッツから「斎藤さん自身の『らしさ』とは?」と聞かれると、「一時期、つややかな役柄を頂くことが多くて。素の僕を知っている人は笑っていたのですが、そのイメージを頂いたからこそ、逆に振り切れるなと。年末に、貯金を絶叫したり(笑)。捉えられている自分の逆を意識していきたい」と回答。それを受けてミッツが「『らしさ』は自分の弱みと表裏一体。そこをポジティブに変えようということで、らしさが身についていきますよね。工さんって、すごい完璧な男に見えるけど、実は弱点だらけ」と明かすと、斎藤は「弱点だらけです」と即答。すると、ミッツは「それが溢れ出るフェロモンにつながっているのよね。10年くらい言ってるけど、無視するのよ」と明かし、斎藤らの笑いを誘っていた。

 ドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』はNetflixにて4月21日より全世界同時独占配信。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv