クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

Netflix『ウェンズデー』、ティム・バートン監督の“奇妙な世界の作り方”が語られる特別映像解禁

海外ドラマ

  • twitter
  • facebook
Netflixシリーズ『ウェンズデー』場面写真
Netflixシリーズ『ウェンズデー』場面写真 Netflixシリーズ『ウェンズデー』独占配信中

関連 :

ティム・バートン

ジェナ・オルテガ

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

マイルズ・ミラー

 鬼才ティム・バートンが監督・製作総指揮を務めるNetflixシリーズ『ウェンズデー』より、バートン流の“奇妙な世界の作り方”がさまざまな角度から解説される特別映像が解禁された。

【動画】Netflixシリーズ『ウェンズデー』鬼才ティム・バートンが描くウェンズデー・アダムス

 本作は、『アダムス・ファミリー』に登場する長女“ウェンズデー”を主人公に迎えた異色の推理ミステリー。ウェンズデーは、冷酷・陰湿・無口・危険・皮肉屋…というブラックさ満載の性格である一方、非常に優秀で圧倒的カリスマ性を持つ人気キャラクターのひとり。彼女が学生生活に奮闘しながら、自分の一族にまつわる殺人ミステリーに巻き込まれていく姿を描く。

 今回、ティム・バートン監督が“ウェンズデー”への偏愛を語る特別映像が解禁された。映像では、弟を苦しめるのは私だけ」「(人を怖がらせるのは)私の趣味よ」とひねくれ全開のウェンズデーが映し出されるとともに、バートン流の“奇妙な世界の作り方”が様々な角度から解説されていく。

 「ティム・バートンとウェンズデーは相性がいい」「ティムは自分をはみ出し者と思い、ウェンズデーに親近感を持ってる。彼の映画には彼女に似た人物が登場する」と力説するのは、製作総指揮のマイルズ・ミラー。その言葉通り、バートンは、「私と似た視点を持つウェンズデーが好きだ」とウェンズデーへのシンパシーを打ち明ける。さらに「誇張されつつも写実的な世界観を作りたくて、学校・セラピー・両親などの要素を使った。私にとって重要だった」と世界を構築するうえでのこだわりを明かした。

 そんなバートンについて、キャスト・スタッフたちもコメントしている。ウェンズデー役のジェナ・オルテガは、「ティムはとても細かい点に気を配る。構図やカメラのレンズにこだわった。広角でゆがむのを好む」と語る。また、ウェンズデーの母モーティシア役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、「ティムは独創的で変わった映像の中にキャラクターの本当の姿を描く。そして真実味のない世界を本物のように感じさせる」と解説する。

 さらに映像では、ジェナが「(ティム自身で)絵も描いた。ゴシック調の絵がうまい。怪物もティムがデザインした」と証言。そしてバートン直筆の貴重なアートワークが映し出され、彼の奇想天外な頭の中を少しのぞき込むことができる。

 Netflixシリーズ『ウェンズデー』はNetflixにて独占配信中。

Netflixシリーズ『ウェンズデー』鬼才ティム・バートンが描くウェンズデー・アダムス

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv