クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

貴島明日香「もう無理かもしれない」 芸能活動で心折れかけた過去

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『私たち結婚しました4』第5話より
『私たち結婚しました4』第5話より(C)AbemaTV, Inc.

 貴島明日香と久保田悠来が“結婚生活”を送るABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました 4』の第5話が2日に放送。この日は久保田の地元をデートする中、お互いの仕事のきっかけが話題に。そんな中、貴島が「もう無理かもしれない」と芸能活動で心が折れかけていたころを述懐する場面があった。

【写真】貴島明日香、“夫”久保田悠来と手つなぎデート!

 この日の放送では、夫婦で夫・久保田の地元・平塚を巡ることに。ランチで訪れた元アルバイト先の焼き肉屋で当時を懐かしむ久保田に、貴島が「なんで役者になろうと思ったの?」と、現在の仕事に至ったきっかけを質問。久保田は「戦隊やライダーのオーディションが年に1回くらいあって、そこそこ良いところまで残っていつも落ちてた」と、20代前半の苦悩を明かした。そして、「26歳くらいのときに、『テニスの王子さま』っていう舞台があって、(オーディションに)落ちたらもうやめようと思っていた。そしたら受かった」と転機を告白。「受かっていなかったら、多分(俳優を)辞めてた」と語るほどの覚悟でつかんだチャンスを語った。

 共感した貴島も、自身の過去を告白。「上京して2年くらいの21歳くらいの時に、やりたいことと現実の間にギャップがあってつらかった。もう無理かもしれない、(地元に)帰りたいなと思っていたときに、ちょうど朝の番組のオーディションを受けて…」と、意外な過去の葛藤を明かした。

 お互いに背水の陣でつかんだチャンスを振り返りながら、貴島は「底力が出た感はあったし、やり切ろうと思えた」と語り、さらに「受かってなかったら、絶対東京にいないと思う」などの衝撃発言も。“朝の顔”として一躍有名になった貴島の、ここでしか聞けない知られざる覚悟に注目だ。

 ランチを終えた2人は、久保田の中学時代の通学路で夜の散歩デート。母校の中学校を訪れると、当時サッカー部だった久保田は校門からグランドを眺めながら練習風景を回顧。「女子ソフトボール部のほうに、わざとサッカーボールを…」とちょっかいをかけていたことも告白して懐かしんだ。すると久保田が今度は、「もし(僕らが)同じ中学校に通っていて付き合いました、まずどうする?」と青春らしい“もしも”のシチュエーションを提案。貴島は少し悩んで「一緒に下校する!」と回答。「思春期だからちょっと恥ずかしいところもあるね…」と話しながらも、貴島はノリノリで校門から少し離れて“青春の待ち合わせ”を再現することに。

 貴島のもとへ近づいた久保田は「じゃあ行こっか」と寄り添い、自然に手つなぎ。そして2人は「うしろ見ながらね」「大丈夫かな?って」と、同級生たちに隠れてコソコソ下校する様子まで細かく再現。「体育だるかったよなぁ」という貴島の“関西ノリ”から始まった、甘酸っぱいラブラブ即興コントとは…?

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました 4』は、ABEMA SPECIALチャンネルにて毎週金曜23時配信。

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv