クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

玉森裕太『祈りのカルテ』最終話、諏訪野が緩和ケア科で実の父の主治医に ゲスト指導医は高嶋政宏

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』最終話より(左から)緩和ケア科・指導医役の高嶋政宏、患者役の原田泰造
ドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』最終話より(左から)緩和ケア科・指導医役の高嶋政宏、患者役の原田泰造(C)日本テレビ

関連 :

玉森裕太

Kis‐My‐Ft2

高嶋政宏

原田泰造

 Kis‐My‐Ft2の玉森裕太が主演するドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の最終話(12月17日放送)に、高嶋政宏がゲスト指導医役で出演することが、本日放送回にて発表された。高嶋は緩和ケア科の指導医を演じる。

【写真】『祈りのカルテ』最終話、 緩和ケア科で諏訪野(玉森裕太)が広瀬(原田泰造)を担当

 本作は、現役の医師でもある作家・知念実希人によるシリーズ累計22万部突破のベストセラー小説『祈りのカルテ』を実写化。患者の全てが書かれた“カルテ”を元に、主人公の研修医・諏訪野良太(玉森)が問題を抱えた患者たちの秘密とうそを優しく見破るハートウォーミング・ミステリーだ。

 緩和ケア科の指導医・窪啓太郎を演じる高嶋は今回の舞台となる緩和ケア科について、「緩和ケア科って僕の親友の消化器内科の先生も研修うけて修了してるくらい医師にとってホントに大切なものなんです」と話す。そして「そこで指導医として居る窪は様々なヒトの死に様を看取ってきた人物」「これだけは忘れないでほしいという事を伝えるときの決して強くないんだけど相手の心、魂に響くような言霊を投げかける…声のトーン、死を見続けてきた眼の奥、微妙な表情の変化や緩やかさが勝負だと思ってます」と、撮影へむけた意気込みを語った。

 人生の最終章に差し掛かった患者たちの苦痛と向き合う緩和ケア科で諏訪野(玉森)が主治医を務めることになるのは、広瀬(原田泰造)。やりたいことや行きたいところはないか尋ねるが、広瀬は「俺の望みは、良太先生に看取られて、穏かに死ぬこと。もう心残りなんてないよ」と静かに答える。

 諏訪野は医局へ向かう途中、男から声を掛けられる。男は『警視庁捜査一課 桜井公康』と書かれた名刺を出すと、広瀬の意外な過去を語り始める。24年前、広瀬はとある会社から金を盗み、さらに警察官に暴行を働いた罪で7年間服役していたということ。それが冤罪の可能性があること。そして最後に「諏訪野先生、広瀬さんの息子さんですよね」―。自分自身に隠された真実にたどり着いた諏訪野。主治医として、息子として、広瀬が抱えた罪の真相を見抜くことができるのか? そして諏訪野が選ぶ未来とは?

 土曜ドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』は、日本テレビ系にて毎週土曜22時放送。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv