クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『エルピス』まさかの事態に“拓朗”眞栄田郷敦、絶望 ネットは騒然「最悪の展開…」(ネタバレあり)

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』第8話より
ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』第8話より(C)カンテレ

 女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の眞栄田郷敦、鈴木亮平が共演するドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』の第8話が12日に放送され、拓朗(眞栄田)がまさかの事態に直面すると、ネット上には「最悪の展開…」「胸が苦しい」といった声が続出した。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】本城彰の身辺を探る拓朗(眞栄田郷敦) 『エルピス―希望、あるいは災い―』第8話場面カット

 恵那(長澤)は、大門副総理(山路和弘)の有力な支援者である「本城建託」社長の長男・本城彰を調査するよう拓朗に依頼。彰に対する地元の評判は上々なものの、八頭尾山で3人目の女子生徒が殺されてから、再び犠牲者が出るまでの12年間、彰は海外を転々としていたという。

 その後も取材を続けた拓朗は、最後に殺された中村優香(増井湖々)と親しかった高岡ひかる(堰沢結愛)と出会う。拓朗はひかるの証言から優香と彰の接点に辿り着く。さらに優香の遺品の中から、彰からもらったというストールを発見。DNA鑑定の結果、ストールに残されていたDNAと、ほかの被害者のスカートに残されていたDNAが一致する。

 拓朗はこのスクープを恵那がキャスターを務める報道番組「NEWS8」に持ち込むが“正式な警察発表ではない”という理由で却下される。その後、恵那は村井(岡部たかし)の協力を得て、拓朗のスクープを週刊誌で報じられるよう手配する。拓朗は実名で記事を執筆。その記事が校了を迎えたその時、一方の恵那は放送中の「NEWS8」で、中村優香が年齢を偽ってデリヘルに勤めていた事実を報じるのだった。

 「NEWS8」での報道の影響で、拓朗の記事はお蔵入りとなり、被害者遺族の記者会見も中止。さらにその数日後、拓朗が務めているテレビ局から解雇を通告されると、ネットは「ああ、最悪の流れだ…」「うわ…最悪の展開…」「全部が最悪すぎる」と騒然。さらに「可哀想すぎる!!」「ドミノ倒しのような酷い展開が泣ける」「私まで胸が苦しいよ」といった反響も相次いでいた。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv