クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

高橋一生×橋爪功×本田翼『6秒間の奇跡』、懐かしくも新しいメインビジュアル&本編予告

ドラマ

 高橋一生が主演、橋爪功と本田翼が共演する2023年1月14日スタートのドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』(テレビ朝日系/毎週土曜23時30分)より、メインビジュアルと30秒の本編予告映像が解禁された。

【動画】高橋一生×橋爪功×本田翼『6秒間の奇跡』本編予告映像

 本作は、ある花火師がたどる不思議な日常を、圧倒的な会話劇で魅せるファンタジー・ホームコメディ。世代を超え、互いにリスペクトを送り合う高橋と橋爪が抱いていた、“2人で一緒にドラマをやりたい”という熱き思いが本作で実現。テレビ朝日ドラマ初出演となる本田翼がヒロイン役で参戦する。

 舞台は、地方都市で代々続く煙火店(=花火店)。四代目となる父・望月航(こう)を橋爪、その息子・望月星太郎(せいたろう)を高橋が演じる。「すまん…」という一言を残して、父親が亡くなり、1人取り残された星太郎はひとり途方に暮れることに…。しかし数ヵ月後、死んだはずの父親が、当たり前のように日常に現れて…? 花火師親子の不思議な日常と、彼らと接して、影響を及ぼしていくひとりの女性の心の成長を描き出す。

 このたび、本作のメインビジュアルが解禁。まず目を引くのが、「望月煙火店」の法被を纏い優しい表情で微笑む高橋と、彼にいたずらっ子のように微笑みながら後ろから抱きつく橋爪の仲睦まじい姿。しかもよく見ると、橋爪の背中には、なにやら《天使の羽》のようなものが。はたして橋爪は、高橋に《乗っている》のか《浮いている》のか。

 そんな2人の横には、まるで橋爪が見えていないかのような様子で、困惑の表情を浮かべる本田も。ファンタジー要素に加えて、古き良きホームドラマ、コメディの雰囲気も漂う、どこか懐かしさを感じさせるビジュアルとなっている。

 ビジュアルの横には、今作のもう一人の主役とも呼べる花火のイラストと、「想いは夜空を翔けめぐる」というコピーも。実はこのコピーは、ケツメイシがドラマのために書き下ろした主題歌「夜空を翔ける」のサビ部分の歌詞の一部。“花火師”親子の不思議な日常を描くストーリーと楽曲がリンクしていることを表現している。

 併せて解禁された30秒の本編予告映像は、「死んだはずの親父が帰ってきた」というセリフから始まる。そしてケツメイシの主題歌「夜空を翔ける」が流れる中、花火の美しい映像や、向田邦子賞を受賞した橋部敦子のオリジナル脚本による、テンポの良い会話劇の一端が映し出されていく。豪華キャスト陣がどのような演技合戦を繰り広げるのか期待が高まる、華やかな予告映像となっている。

■第1話あらすじ

2022年夏。新型コロナが収束しないため、夏の花火大会は中止となり、望月星太郎(高橋一生)と航(橋爪功)の花火師親子は今年も暇になりそうだ。大規模な花火は上げられないものの、個人がオーダーする花火を始めようと、航は星太郎に何度か提案。しかし星太郎は、個人花火となると、料金設定やHPの宣伝などをしなければならず、さらに客と事前に綿密なコミュニケーションをとる必要があることなどから、乗り気ではない。そんなある日、星太郎はいつものように、朝食の片づけを終えてから作業場に向かった。すると、そこには倒れた航がおり、「すまん」という言葉とともに、息を引き取るのだった。

そして、冬。1人になった星太郎のもとに、「あなたのためだけに花火を打ち上げます」と書かれた手書きのチラシを手にした水森ひかり(本田翼)が訪ねてくる。彼女は花火を上げてほしいと星太郎に頼むのだった…。

 土曜ナイトドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』は、テレビ朝日系にて2023年1月14日より毎週土曜23時30分放送。

ドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』本編予告映像

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv