クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』世界興収14億ドル突破 年末年始に大伸び

映画

  • twitter
  • facebook
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』世界興収14億ドル突破 年末年始に大伸び
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』世界興収14億ドル突破 年末年始に大伸び 写真提供:AFLO

 ジェームズ・キャメロン監督の超大作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。2022年末に、公開14日間で大台の世界興収10億ドル(約1302億円)越えを果たしたが、年末年始にさらに躍進し、世界興行収入14億ドル(約1823億円)を突破した。

【写真】笑顔で手を振るシガーニー・ウィーバー&ゾーイ・サルダナ 『アバター:WOW』ジャパンプレミア<フォトギャラリー>

 革命的な映像世界で映画ファンを驚愕させたSF超大作『アバター』(2009)から13年を経て、満を持して製作されたシリーズ最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。Varietyによると、本作は2022年12月16日に公開されて以来、勢いを弱めることなくヒットを継続しており、公開3週目でも初週の8%減に留めているという。年末年始の週末に記録を伸ばし、世界興行収入14億ドル(約1831億円)を突破した。2022年最大のヒット作となった『トップガン マーヴェリック』の世界興行収入約14億9000万ドル(約1940億円)を超えるのは確実とみられる。

 また、本作には3億5000万ドル(約456億円)もの予算がつぎ込まれており、回収するためにはおよそ15億ドル(約1954億円)の興行収入が必要だとみられていたが、これをクリアするのは時間の問題となった。

 2009年に公開された前作『アバター』は、世界興行収入29億7000万ドル(約3869億円)を記録し今もなお歴代興収第1位を誇る。歴代興行収入でみると、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は早くも、『ブラックパンサー』と『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』に次ぐ14位につけている。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv