クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

中村倫也主演×池井戸潤原作『ハヤブサ消防団』“違和感だらけ”不吉なビジュアル完成 主題歌はちゃんみな新曲に

ドラマ

 中村倫也が主演する7月13日スタートのドラマ『ハヤブサ消防団』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)より、“のどかな田舎町に触れてはいけない闇が潜んでいる”という作品の世界観を凝縮したメインビジュアルが解禁。また主題歌は、ちゃんみなが書き下ろした新曲「命日」に決まった。

【写真】脇固めるキャストも魅力的! 『ハヤブサ消防団』相関図

 池井戸潤の小説を映像化する本作は、山間の小さな集落を舞台に描く田園ミステリー。物語は、スランプ気味の作家・三馬太郎(中村)が亡き父の故郷、“ハヤブサ地区”に移住するところから幕を開ける。都会のストレスから解放され、穏やかな生活をスタートしたはずの太郎だったが、地元の消防団に加入したことを機に連続放火や住民の不審死など怪事件に次々遭遇。ハヤブサ地区を守るべく真相を追ううち、集落の奥底にうごめく巨大な陰謀に突き当たって―。

 メインビジュアルは、のどかな田園風景をバックにキャストたちが並ぶ構図で、真っ先に青空と新緑が目に飛び込み、一見するとさわやかな印象を受ける。しかし、よく見ると微笑を浮かべているのは中村倫也ひとりで、ほかのメンバーは無表情かつ、棒立ち…。しかも、背を向けて立つ謎の男や、うつむいて顔を隠す怪しい消防団員が紛れこんでおり、バックには激しい炎に包まれて煙を噴き上げる家屋と、無数のカラスが…。

 そして極めつけは、キャストたちの背後にたたずむ白髪女性の後ろ姿。「この田舎町、どこかおかしい。」というキャッチコピーどおり、あちこちに違和感がちりばめられた不気味なビジュアルとなっている。

 主題歌「命日」は、ちゃんみなが池井戸の原作小説を読み書き下ろしたもの。どこか懐かしさを覚え妖しさあるメロディーとなっている。

 木曜ドラマ『ハヤブサ消防団』は、テレビ朝日系にて7月13日より毎週木曜21時放送(初回拡大スペシャル)。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る