クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

堺雅人主演『VIVANT』飯田P、事前情報なし戦略に込めた思い「今まで見たことのないものを新鮮に受け取ってもらいたい」

ドラマ

日曜劇場『VIVANT』場面写真
日曜劇場『VIVANT』場面写真(C)TBS

関連 :

堺雅人

飯田和孝

 堺雅人が主演を務め、阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、役所広司ら日本を代表する実力派俳優が顔をそろえる日曜劇場『VIVANT』(TBS系/毎週日曜21時)。出演キャストと、キャッチコピー、作品の世界観が垣間見える予告映像以外に、あらすじや役どころなど作品に関わる事前情報を徹底してクローズしてきた本作がいよいよ明日スタートする。108分の拡大版となる第1話の放送を前に、本作の飯田和孝プロデューサーが取材に応じ、本作に込めた思いを明かした。

【写真】阿部寛&二階堂ふみのこの格好は一体? 『VIVANT』場面写真先行解禁

◆今まで見たことのないものを新鮮に受け取ってもらいたい

 2月に、堺、阿部ら5人が競演する本作の制作が発表されると、ネットではその豪華すぎる顔ぶれに話題騒然。その後、続報のないまま放送開始となる7月を迎え、共演キャストとして、林遣都、小日向文世、濱田岳、檀れいといった人気も実力も兼ね備えた俳優陣、さらにはハリウッド俳優の参戦までが明らかになると、これまでにないスケールの大きさに驚きの声や、限られた情報から内容を考察する投稿などで盛り上がりを見せている。

 そうしたネットでの期待の高まりに飯田Pは、「周囲のスタッフから、“『VIVANT』の意味についてこう言ってる人がいました”“相関図で発表されていない1人はあの人だといった投稿がありました”など、いろいろな声があることは聞いています」と語る。そのうえで、「観る人が一番新鮮に楽しんでもらえる形で108分を提供したいと考えた時に、やはり事前の情報はあまり発信せずに、今まで見たことのないものを新鮮に受け取ってもらいたい」ということから情報をクローズしたまま放送を迎えるという戦略を初志貫徹した。「考察が当たっていようが当たってなかろうが、盛り上がっていただくのは非常にありがたいです」とも。

 特報映像に収められた、どこまでも果てしなく続く砂漠と上空に広がる青空のコントラストも印象的だったが、本作はモンゴルで長期間のロケを行った。「1日の中で、太陽が出てるところから、雨が降って、雹が降って、雪が降ってまた晴れるみたいな気候」の中でのハードな撮影が続いたというが、「モンゴル人スタッフも200~300人という人が一緒に砂漠に行って、普段エンターテインメントの仕事をしていない人も通訳として参加してくれるなど、いろんな人が関わってくれた。モンゴル国民300万~350万人しかいない中で、日本のこのプロジェクトに参加して成功させたい、やったことのないことをやってみようという、そんな思いを感じながら撮影できたことが一番印象的だったかなと思います」と感謝する。

次ページ

◆日本のドラマを世界の人に楽しんでもらいたい

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る