クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

ムロツヨシ×平手友梨奈共演『うちの弁護士は手がかかる』追加キャストに安達祐実、大倉孝二、本多力、菅野莉央

ドラマ

ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』に出演する(上段左から)安達祐実、大倉孝二、(下段左から)本多力、菅野莉央

ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』に出演する(上段左から)安達祐実、大倉孝二、(下段左から)本多力、菅野莉央(C)フジテレビ

関連 :

ムロツヨシ

平手友梨奈

吉瀬美智子

安達祐実

大倉孝二

本多力

菅野莉央

 ムロツヨシが主演を務め、平手友梨奈が共演する10月13日スタートのドラマ『うちの弁護士は手がかかる』(フジテレビ系/毎週金曜21時)の追加キャストとして、安達祐実、大倉孝二、本多力、菅野莉央の出演が発表された。

【写真】平手友梨奈がムロツヨシの手の上にミニチュアサイズで登場! 『うちの弁護士は手がかかる』ポスター

 本作は、芸能事務所の元敏腕マネジャー・蔵前勉(ムロ)が、人気俳優・笠原梨乃(吉瀬美智子)に突然解雇を言い渡されたことをきっかけに、平手演じる超エリートなのに猪突(ちょとつ)猛進な性格で空回りしてしまう新人弁護士・天野杏(平手)に振り回されながらパラリーガルとして奮闘する、育成型リーガルエンターテインメントドラマ。フジテレビのゴールデン・プライム帯ドラマで初主演を務めるムロが、自身のキャリアで初となる芸能事務所のマネジャー、そして法律事務所のパラリーガル役を、そしてフジテレビドラマ初出演の平手が初挑戦となる弁護士役を演じる。

 安達が演じるのは、蔵前の元マネジャー仲間・安藤カオリ。単刀直入な物言いで勝ち気な性格だが、なんだかんだ蔵前の悩みを聞いて励ましてくれる良き相談相手。そんな2人の過去には、ある秘密があり…。安達はムロとは初共演。

 大倉が演じるのは、杏のライバルとして争っていくベテラン弁護士・海堂俊介。1話では杏が原告代理人、海堂が被告代理人として争う。勝つためなら手段を選ばず、強引な手法も辞さない海堂は、杏を動揺させようと揺さぶりをかける。そして、海堂の上司は杏に関係のある人間で…。大倉はムロとは映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』(2017年)以来の共演となり、平手とは初共演。

 本多が演じるのは、蔵前が梨乃のドリンクを買うために毎朝立ち寄るコーヒーショップの店長。店長のマシンガントークに蔵前はあっけにとられながらも、サービス精神を発揮してしまい、店長と丁々発止のやりとりをすることに…。

 菅野が演じるのは、天野法律事務所の弁護士・大神楓。完璧に仕事をこなし、淡々と理論立てて相手を詰める様子からつけられたあだ名は“アンドロイド”。さくらに尽くしている。

 安達は「私が演じるカオリは、蔵前さんにとっては重要人物かもしれません。蔵前さんとカオリの“大人な関係”も楽しんでいただけるとうれしいです」、大倉は「敏腕な役柄には不安がありますので。もう、敏腕にとらわれずに頑張ろうと開き直ってやらせてもらっています」とコメント。

 本多は「楽しいけどむちゃくちゃ汗かいてます。身体も脳みそも汗だくでした。そんな空気を味わってもらえたらうれしいです」、菅野は「弁護士さんに挑戦するのは初めてなのでワクワクしています」としている。

 ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』は、フジテレビ系にて10月13日より毎週金曜21時放送(初回15分拡大)。

 安達、大倉、本多、菅野のコメント全文は以下の通り。

次ページ

<コメント全文>

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る