山口智子、堺雅人主演ドラマに「かかって来い」 阿部サダヲも最新作に自信

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『心がポキッとね』制作発表会見に登場したキャスト陣
『心がポキッとね』制作発表会見に登場したキャスト陣 クランクイン!

関連 :

阿部サダヲ

山口智子

水原希子

藤木直人

 フジテレビ系連続ドラマ『心がポキッとね』の制作発表会見が31日、東京・台場のスタジオで行われ、主演の阿部サダヲ、共演の水原希子、藤木直人、山口智子が出席した。

【関連】『心がポキッとね』制作発表会見 フォトギャラリー

 連続ドラマのラブストーリーは木村拓哉と共演した『ロングバケーション』以来約19年ぶりの山口は、司会で既婚者の中村仁美アナから「結婚すると恋愛していた感覚は忘れない?」と質問攻め。それに対し、「忘れないですよ、普通。日に日にラブラブは高まっています」と、夫で俳優の唐沢寿明との円満ぶりを明かしながら「まあ、こんな私生活はどうでもいいですけどね」と笑い飛ばす。

 また4月期の同じ曜日の同時刻にスタートする堺雅人主演の日本テレビ系連続ドラマ『Dr.倫太郎』との視聴率対決に話題が及ぶと、山口は「どっからでもかかって来いという感じ。こっちに引き付けられるのは見え見え。ウチらかなり命をかけています」と姉御肌で受けて立つ構え。その後ろ盾に阿部も「堺雅人さんでしたっけ?」と挑発していた。

 それでも阿部は“心がポキっと折れた時”を「最近で言うと“私、『Dr.倫太郎』観る~”と聞くと、軽くポキっと折れる」と回答。「まあ、あちら(『Dr.倫太郎』)も精神科医だそうで、悩んだら見てもらえないかな?と思っているくらいです」と共存を望んでいた。

 同作は、過去の失敗や心の傷のせいで、不器用にしか生きられず、他人にも自分にも究極に面倒くさくなっている“病んでいる大人”4人が織りなすラブコメディ。キレた男(阿部)、ストーカー気質の女(水原)、悩めない男(藤木)、いい歳をして自分探しの女(山口)の奇想天外に絡み合う人間関係を軸に、人と人とが心の奥底で繋がっていく様を描く。

 フジテレビ系連続ドラマ『心がポキッとね』は、4月8日22時スタート。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access