クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

マッツ・ミケルセン、片岡愛之助と初対面!伝統芸に感動「本当に素晴らしかった」

映画

  • twitter
  • facebook
マッツ・ミケルセン&片岡愛之助 初対面の様子
マッツ・ミケルセン&片岡愛之助 初対面の様子(C)2014 Zentropa Entertainments33 ApS,Denmark,Black Creek Films Limited,United Kingdom & Spier Productions (PTY),Limited,South Africa

関連 :

マッツ・ミケルセン

片岡愛之助

 映画『悪党に粛清を』(6月27日公開)のプロモーションのため来日をしたデンマークの俳優・マッツ・ミケルセンが、明治座「五月花形歌舞伎」で現在上演中の通し狂言『鯉つかみ』を観劇。主演の片岡愛之助と初対面を果たし、それぞれの伝統芸について話を深めた。

【関連】マッツ・ミケルセン&片岡愛之助 初対面の様子<フォトギャラリー>

 『007/カジノ・ロワイヤル』以来、ミケルセンのファンであると明かしている片岡は、11日の公演前にミケルセンを楽屋に招待。歌舞伎や楽屋の違いなどについて質問するミケルセンに対して丁寧に説明をした。

 その間、熱心に聞き入るミケルセンは終始正座で、「足を崩してくださいね」という愛之助に「ダンスをしていたので大丈夫です」と苦にする様子もなく、日本文化を重んじる姿勢に周囲のスタッフも感心する。

 また、観劇後「デンマークにはパントマイム・バレーという形式的な古典劇があり、それに通じるものを感じました。本当に素晴らしかった」と初歌舞伎の感想を語ったミケルセンは、愛之助から押隈をプレゼントされ、「額に飾ります」と喜んでいたという。

 今回の対面を前に、いち早く映画を観た愛之助は、「腕力だけがものをいう非情な開拓時代の描写に圧倒されます。そして侍のように寡黙に己の筋を通すミケルセンの魅力全開。ラストカットが秀逸。単なるウエスタン、単なるノワールではございません。」と絶賛。ミケルセン自身も本作については「黒澤明監督からインスパイアを受けた歴史的なウェスタンです」と見どころを語っている。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv