麻生久美子、今村昌平監督の言葉に涙 『カンゾー先生』当時を回想 

エンタメ

  • twitter
  • facebook
麻生久美子、今村昌平監督の言葉に涙を流す
麻生久美子、今村昌平監督の言葉に涙を流す クランクイン!

関連 :

麻生久美子

今村昌平

 園子温監督最新作『ラブ&ピース』(6月27日全国公開)に出演した女優・麻生久美子が5日、NHKの情報番組『あさイチ』に登場。麻生はデビュー当時から最新映画までの芸能人生を振り返った。

【関連】「麻生久美子」フォトギャラリー

 小さいころからアイドル歌手を志していた麻生は、芸能界入りした当時は役者に興味を持っていなかったが、当時のマネージャーに「おじいちゃんとお話をしない?」とだまされて映画『カンゾー先生』(98)のオーディションへ。見事に合格を果たし、日本アカデミー賞2部門受賞のセンセーションを巻き起こした麻生だったが、「自分一人で映画を台無しにしていた」と、演技に自信を持てなかったことを回想。

 しかし、同作でメガホンを取った今村昌平監督が、「(麻生は)まだ力はなかったけど、いいところまでいった。僕の望外の喜びみたいなものも出てきたと思う」と語る当時のドキュメンタリー映像が流れると、「そんなことを言っていただけていたなんて、夢にも思わなかった」と、涙を流す。

 『カンゾー先生』完成後、今村監督から送られた「映画に出続ける女優になってほしい」という助言により、女優を続けてきたという麻生。しかし、「自分の演技が全然好きになれなくなったことがありました。自分の引き出しはこんなものだろうとか思ったし」と演技に限界を感じ、役者を辞めることまで考えていたと告白。

 それを打破したのが、初めてコメディに挑んだドラマ『時効警察』だという。「すごく難しかったけど、楽しかったし、自分の今までできなかった課題がたくさんあると思ったらやる気が出てきて。新しい自分が見えてきましたね」と、再びモチベーションを取り戻したエピソードを振り返る。

 最新作『ラブ&ピース』では、これまで麻生が演じたことのない“地味で暗い女性”の役で出演。「新しい自分を引き出せるかと思いました。大変だったけど、こんな自分は見たことがないし、面白かったです」と、自信を覗かせた。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access