クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

英俳優エディ・レッドメイン、日本のファンと初交流 チケット即完売の熱気に「ワオ」

映画

  • twitter
  • facebook
『リリーのすべて』ジャパンプレミアに登場したエディ・レッドメイン
『リリーのすべて』ジャパンプレミアに登場したエディ・レッドメイン クランクイン!

関連 :

エディ・レッドメイン

トム・フーパー

 『博士と彼女のセオリー』(14)でアカデミー賞主演男優賞などを受賞した英国人俳優エディ・レッドメインが9日、トム・フーパー監督と共に映画『リリーのすべて』ジャパンプレミアに登場。日本のファンと初めて交流したエディは終始笑顔を見せ、舞台挨拶では作品にまつわるエピソードを語った。

【関連】『リリーのすべて』ジャパンプレミア<フォトギャラリー>

 先日のアカデミー賞で4部門にノミネートされた本作は、1920年のデンマークを舞台にした伝記映画。肖像画家である妻ゲルダに「女性を描くためのモデルになってほしい」と頼まれた夫で風景画家のアイナー・ヴェイナー(リリー・エルベ)が、女性としての性に目覚めていく様を描く。

 2013年4月以来の来日となったエディ。試写会の900席はチケットを発売からわずか7分で完売、レッドカーペットの倍率は20倍に及んだことを聞くと、監督とともに「ワオ」と感嘆の声を上げた。

 映画『レ・ミゼラブル』でマリウス・ポンメルシーを演じているときに本作の脚本を読んだというエディは、「茶封筒の中に入っていて監督は何も言ってくれませんでした。脚本を読んだら本当に深淵で、素晴らしいラブストーリーでした。読んで監督のところへすぐ駆けつけて“やりたいです!いつクランクインするんですか!?”と興奮気味に聞いたら、“まぁ落ち着け。12年前から温めている企画なんだ”となだめられました」と、当時のエピソードを明かす。

 また、撮影の裏側については、「リリーの女性としての心の旅が難しかったです。またストーリーの展開する順番どおりに撮影が行われなかったことにフラストレーションを感じました。物語の色んなタイミングのリリーを演じなければならなかった」と、演じ分けに苦労したそう。
 
 本作のゲルダ役でアカデミー賞助演女優賞を獲得したアリシア・ヴィキャンデルについて聞かれると、フーパー監督は「私の人生のなかで一番幸せな瞬間でした。楽屋で思いっきり彼女を抱きしめました。その後はマドンナとマドンナのマネージャーが主宰してくれたパーティーで一晩明かしました。スウェーデンの首相からも“おめでとう”とコメントが来たんです」と、スケールの大きな裏話を披露した。

 映画『リリーのすべて』は、3月18日よりロードショー。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access