『ダメ恋』ハッピーエンドも、「ダメ恋ロス」「主任ロス」「最上ロス」続出

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ディーン・フジオカ、『ダメ恋』最終回迎え“主任ロス”続出
ディーン・フジオカ、『ダメ恋』最終回迎え“主任ロス”続出 クランクイン!

関連 :

ディーン・フジオカ

深田恭子

三浦翔平

美村里江(ミムラ)

野波麻帆

鈴木貴之

 深田恭子、ディーン・フジオカ出演のTBS系連続ドラマ『ダメな私に恋してください』の最終回が15日に放送され、主人公のアラサー独身、職なし、金なし、彼氏なし、貢ぎ体質というダメ女・柴田ミチコ(深田)とドSの元上司・黒沢歩(ディーン)の恋の行方に注目が集まるとともに、最終回を惜しみ嘆く“ダメ恋ロス”の声が飛び交った。

【関連】「ディーン・フジオカ」フォトギャラリー

 一時は歩を想うがあまり、歩の元を去ったミチコだったが、会社での昇進、そして元カレの最上(三浦翔平)からの再度の告白から、改めて歩への想いを募らせる。一方の歩も、長年抱き続けてきた、兄の妻である春子(ミムラ)への想いを打ち明けるも、ミチコが変質者に追いかけられ、歩にSOSを発信したことを機に、自らの気持ちに気づく。

 そしてミチコを心配するがあまり、歩はテリー(鈴木貴之)ら歩の子分3人の画策にはまり、自宅の喫茶店でミチコと二人きりに。想いを止められなくなったミチコは、改めて歩に「ダメな私に恋してください!」と告白すると、すかさず歩は「もうしてる」と返答、混乱するミチコを「お前、うるさい」と制しながら優しく口付けを交わし、物語はハッピーエンドにて締めくくられた。

 このエンディングに、ツイッター上では「とてもきゅんして、ニコニコでしかないです」「今世紀の胸きゅんいただきました」「にやけとまらないわ」と大満足の声が上がる反面「もう来週からやってないなんて信じられない」「これからなにを楽しみに生きてこう」「えっとマジで終わらないで待って」と、“ダメ恋ロス”なるツイートが続出。

 また、ディーンに対しては「首元からエプロンが絶対領域」「主任かっけぇ」「主任のツンデレめちゃいい」と演技を絶賛するも「戻ってきて主任…」「五代様ロスが軽くなってきたとこやのに、次は主任ロスなっちゃいそー」「普通の人の5倍はダメージくらってる…」と、“主任ロス”ほか“ディーンロス”なる声が殺到。さらにそれに負けないくらいの勢いで、三浦演じる最上に対して「今日、最終回とか思うと絶賛最上ロス期入ります」「これで見納めとかツライ。生きる希望を失う」と“最上ロス”を訴える声も沸きあがった。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access