クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ジャレッド・レト、ジョーカー役のモチーフにしたのはデヴィッド・ボウイだった

映画

  • twitter
  • facebook
ジャレッド・レト、ジョーカー役のモチーフはデヴィッド・ボウイだと明かす
ジャレッド・レト、ジョーカー役のモチーフはデヴィッド・ボウイだと明かす(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC‐DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

関連 :

ジャレッド・レト

デヴィッド・ボウイ

トム・ウェイツ

 映画『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)でジョーカーを演じているジャレッド・レトが、今年の1月に亡くなったアーティスト、デヴィッド・ボウイをモチーフにしていることを明かした。海外メディアCINEMABLENDが報じている。

【関連】「ジャレッド・レト」フォトギャラリー

 これまでに製作されてきた『バットマン』作品でも、その設定やバックボーンが語られることがなかったジョーカーだが、『スーサイド・スクワッド』でこのアイコニックな悪役に扮したレトは、「(演じるにあたって)デヴィッド・ボウイについて少し話し合いをしたよ。音楽的な面についてではなく、彼の気品やエレガントさ、そして不変性についてね」とコメントしている。

 レトだけでなく、過去に『ダークナイト』(07)でジョーカーを演じた故ヒース・レジャーも、とあるミュージシャンをモチーフにしたと考えられている。レジャーが参考にしたとされているのは、ミュージシャンのトム・ウェイツだ。レジャー本人が明言することはなかったが、『ダークナイト』におけるジョーカーのエキセントリックな姿は、ウェイツが1979年のツアー中に行ったインタビューで見せた姿と類似しており、映画ファンの間で話題を呼んでいた。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv