クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

阿部寛、荒波を乗り越えるサーファーに 『のみとり侍』新ビジュアル解禁

映画

  • twitter
  • facebook
波乗り寛之進 浮世絵風ビジュアル
波乗り寛之進 浮世絵風ビジュアル(C)2018「のみとり侍」製作委員会

関連 :

阿部寛

寺島しのぶ

豊川悦司

斎藤工

風間杜夫

大竹しのぶ

前田敦子

松重豊

桂文枝

笑福亭鶴光

ジミー大西

 阿部寛が女性に愛をご奉仕する裏稼業“蚤(のみ)とり”として奮闘する映画『のみとり侍』の浮世絵風の新ビジュアルが解禁となった。新ビジュアルは、阿部扮する主人公が江戸のビッグウェーブを乗り越えていく様を表したコミカル且つ意味深いものとなっている。

【写真】『蚤とり侍』新ビジュアル&芸人キャストフォトギャラリー

 小松重男の傑作短篇集『蚤とり侍』を、『後妻業の女』の鶴橋康夫監督が再構築して実写化する本作。たったひとつの失言で、客の猫の蚤を取って日銭を稼ぐ…と見せかけて実態は添い寝業であったという設定の“蚤とり”になるよう命じられてしまうエリート藩士・小林寛之進(阿部)と、彼を取り巻く人々が織りなす人間ドラマが描かれる。

 第1弾のティザーポスターでは、日本を代表する浮世絵師・東洲斎写楽の浮世絵『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』をモチーフにした寛之進のビジュアルが話題を呼んだが、24日から全国の劇場に掲出される第2弾チラシは、本物の写楽の浮世絵も掲載。阿部のビジュアルがいかに再現度が高いかよくわかる構成になっているほか、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝といった主要キャストの姿も浮世絵風に加工されてお目見えしている。

 チラシの中面では、江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の“世界で最も著名な日本画”と称される浮世絵『富嶽三十六景/神奈川沖浪裏』をオマージュ。北斎が描いたダイナミックな荒波の上で、寛之進が猫と一緒にサーフィンをする姿を描いた。このビジュアルは、時代の荒波に翻弄されながらも、侍としての生き方を貫き、江戸のビッグウェーブを乗り越えていく寛之進の姿を表現したものとなっている。

 ビジュアルの解禁とともに、新キャストも発表。物語の冒頭で、桂文枝が演じる老中首座・田沼意次に様々な陳情を訴える江戸の人々として、鶴橋監督の前作『後妻業の女』でも印象的な演技を見せた落語家・笑福亭鶴光が平賀源内に扮して登場。そして呉服問屋の望月屋秀持をジミー大西が、香具師の元締・根津屋文吾をオール阪神が演じる。

 映画『のみとり侍』は、5月18日より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access