香取慎吾、ルーブル美術館で初の個展開催「アート脳が爆発しています」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
香取慎吾の作品<日本財団パラリンピックサポートセンターオフィスの壁画>(※「NAKAMA des ARTS」展での展示は未定)
香取慎吾の作品<日本財団パラリンピックサポートセンターオフィスの壁画>(※「NAKAMA des ARTS」展での展示は未定)

 香取慎吾のアート作品を展示する展覧会「NAKAMA des ARTS」が、7月からパリを中心にフランスで開催する日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画として追加されることがわかった。

【写真】稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が登壇『クソ野郎と美しき世界』舞台挨拶フォトギャラリー

 「NAKAMA des ARTS」展が開催されるのは、フランス・パリのルーブル美術館地下シャルル5世ホール。香取初の個展となる本展覧会では、「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもとに制作された絵画、オブジェのほかフランス初上陸となる「ZUKIN【頭巾】」を幾つもつなぎ合わせたドーム型の形をとる「新しい建築」とのコラボレーション作品も発表される予定となっている。

 また、同時に香取の「ジャポニズム2018広報大使」の就任も決定しており、SNSでの発信や広報大使としての活動を行う。

 展覧会に向けて香取は、「アートにゴール はないと思い続け、描き続けているぼくですが、目指すゴールと言ってもおかしくないルーブル美術館でスタートできることにぼくのアート脳が爆発しています。たくさんの人に僕を感じてもらいたいです」とコメント。広報大使として「ぼくの大好きなフランスと日本の“響きあう魂”を、パリで世界中の方々に体感してもらえたらうれしいです!」と、意気込みを語った。

 「NAKAMA des ARTS」展 は9月19日から10月3日までルーブル美術館シャルル5世ホールにて開催。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access