藤井流星、中山美穂の恋の相手に 『黄昏流星群』追加キャスト発表

エンタメ

 俳優の佐々木蔵之介が主演を務め、中山美穂、黒木瞳が共演する10月スタートのドラマ『黄昏流星群』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の追加キャストが発表され、ジャニーズWESTの藤井流星が、中山演じる婚約者の母親と恋に落ちる青年を演じることが発表された。藤井は「この作品を経験して一皮むけたいと思っています」と語っている。

【写真】『黄昏流星群』追加キャストフォトギャラリー

 本作は、1995年から「ビッグコミックオリジナル」(小学館)にてロングラン連載されている弘兼憲史による同名漫画を原作にした大人のラブストーリー。銀行員・瀧沢完治を主人公に、人生の折り返し点が近づいた男と女が落ちてしまう運命の恋を描いていく。

 藤井が演じるのは、弁護士の日野春輝。主人公の一人娘・美咲の婚約者であるが、中山美穂演じる美咲の母・真璃子と出会い、親しく接するうちに互いに惹かれあっていくという役柄だ。

 藤井は「こんなにしっかりと人間ドラマを描いた作品は僕自身初めて出演させていただきますので自分にとって新たな挑戦です」と意気込みを語ると、続けて「自然に(女性と)スキンシップを取れる方っていると思うんですが、春輝はまさにそういうタイプ」と自身が演じる役柄を分析。さらに「普段の僕だったらそういうことはやれないですが、春輝の言動はドラマを見てる人には面白いと思います」と語っている。

 春輝の婚約者・美咲を演じるのは、モデルとしても活躍する石川恋。本作ついて石川は「ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、結末がどうなろうとそれをしっかりと受け止め、瀧沢美咲という役を全うしたいです」と意気込みを明かした。

 またそのほかの追加キャストとして、完治の出向先の物流会社“荻野倉庫”の財務総務課長・川本保役に「中川家」の礼二、真璃子の友人でバツイチの翻訳家・水原聡美役に、フリーアナウンサーの八木亜希子、主人公の行きつけの居酒屋の大将役に小野武彦がキャスティングされる。

 木曜劇場『黄昏流星群』は、フジテレビ系にて10月より毎週木曜22時放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access