クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

岩井俊二最新作、松たか子&広瀬すず&福山雅治&神木隆之介ら集結

映画

 岩井俊二監督の最新作『Last Letter』の公開が決定し、松たか子、広瀬すず、福山雅治、神木隆之介らが出演することが発表された。

【写真】「松たか子」フォトギャラリー

 本作は、数々の名作を世に送り出してきた岩井俊二監督によるオリジナル・ラブストーリー。夏の宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まる、二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描いていく。

 岸辺野裕里(松)は姉・遠野未咲の葬儀で、未咲の娘・遠野鮎美(広瀬)と再会。未咲の死に気持ちの整理がつかない鮎美は、母親が残した“一通の手紙”を開ける事が出来なかった。

 裕里は未咲宛に来ていた同窓会の知らせを見つけ、後日、未咲の死を伝えるために同窓会に参加。そこで自身の初恋相手・乙坂鏡史郎(福山)と再会する。鏡史郎は裕里を未咲と誤解し、連絡先を交換。「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」という鏡史郎から未咲宛のメッセージを受け取った裕里は、複雑な胸中ながら初恋の人との交流に胸を躍らせ、鏡史郎へ住所と返信先を明記しないまま手紙を送る。一方、返信先の無い手紙を受け取った鏡史郎は、未咲の実家に返信を送るが、今そこに住んでいるのは未咲の娘の鮎美だった…。

 1998年公開の主演映画『四月物語』以来、岩井作品に参加する松は、「回想シーンがまるで“今”のように描かれていますので、うまくそれがつながっていくといいなと思います。緊張したまま終わるのかなって思いますが、それでもいいかなって思っています(笑)」と撮影に向けた心境を語っている。

 鏡史郎を演じる福山は「唯一無二の美しさで描かれる岩井監督作品への初参加、そして、松さんとはおよそ20年ぶりにご一緒させていただけること、それぞれの出会いにとても興奮しています」とメッセージを寄せている。

 裕里の姪・鮎美と、高校生時代の美咲の二役を広瀬が演じ、高校生時代の鏡史郎を神木が担当。裕里の夫で漫画家の岸辺野宗二郎に庵野秀明、新人・森七菜が裕里の娘・颯香に扮する。ほかに、水越けいこ、小室等の出演が決定している。

 岩井監督は「かつて『Love Letter』という映画を作りましたが、当時は手紙のやりとりのあった時代でした。あれから通信手段は激変し、SNSでやり取りできてしまうこの時代にあって、手紙を使った物語は現代においては不可能だと思っていましたが、ある日それを可能にするアイディアを思いついてしまったところからこの物語の構想がスタートしました」と本作のきっかけを明かしている。

 映画『Last Letter』は2019年全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access