クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

岡田将生と山崎育三郎の“混浴”に視聴者興奮『昭和元禄落語心中』第2回

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『昭和元禄落語心中』に出演する(左から)岡田将生、山崎育三郎
『昭和元禄落語心中』に出演する(左から)岡田将生、山崎育三郎 クランクイン!

関連 :

岡田将生

山崎育三郎

 岡田将生主演のドラマ『昭和元禄落語心中』(NHK総合/毎週金曜22時)の第2回が19日放送され、岡田と山崎育三郎演じる二人の若手落語家の入浴シーンに、視聴者から「ビックリした!」「ドキドキするっ」などの投稿が寄せられた。

【写真】『昭和元禄落語心中』第2回フォトギャラリー

 本作は、累計発行部数200万部を超える雲田はるこの同名コミックを原作に、昭和から平成を舞台に活躍した落語家たちの絆や生き様を活写するヒューマンドラマ。

 八雲(岡田)と助六(山崎)は昭和11年の夏に、七代目有楽亭八雲(平田満)に入門。前座として寄席に出る頃には、日本は戦争のまっただ中だった。不安に満ちた日々の中で落語の腕に磨きをかけてきた二人。昭和20年の夏、終戦を迎え、それまで以上に落語にのめり込もうとする二人の前に、孤独な芸者・みよ吉(大政絢)が現れる。

 幼少期の八雲と助六の出会いから、終戦までの物語が描かれた第2回。本編の冒頭、幼少期の助六が「野ざらし」を披露。幼少期の助六を演じる子役の快活な口調や淀みないしゃべりに視聴者からSNSに「すでに助六面白い」「助六の子役も上手い」などの声が。

 七代目の元で修業を積んだ八雲と助六は、前座として初めての高座へ。緊張して硬い八雲に対して、助六はハリのある声と軽快なテンポで次々と笑いをとっていく。助六を演じる山崎のリズミカルなしゃべりと、本物の落語家さながらの佇まいに、ネット上には「山崎育三郎さん、上手いなぁ」「素人目にもリズム感があり、面白い」「NHKさん、育三郎さんの落語、まるまる聞けるっていう企画やりません?」などの絶賛が多数寄せられた。

 上品で艶のある八雲と、人懐っこい助六。対照的な二人はライバルとして切磋琢磨しながら、親友としても絆を深めていく。終戦後、無事に再会できた二人は、抱き合ってお互いの無事を喜び合い、落語への情熱を確かめ合う。本編の終盤では八雲役の岡田と、助六を演じる山崎が二人で入浴するシーンが登場。子どものようにはしゃぐ二人の姿に、視聴者からは「イチャイチャしてるwww」「狭いお風呂に一緒に入ってるシーン! ビックリした!」「ドキドキするっ」などのツイートが殺到した。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access